Language: 日本語 English

宮崎広和氏「金融という文化―金融危機と金融社会論―」(第26回VCASIセミナー)

日時: 
2010年7月6日(火) 17:00-20:00
場所: 
日本財団ビル3階A会議室
発表者: 
宮崎広和(コーネル大学人類学科・東京大学社会科学研究所)
司会:青木昌彦(VCASI主宰)
コメンテーター:神山直樹(ドイツ証券)
コメンテーター:春日直樹(一橋大学)
概要: 
 昨今の金融危機で「ウォール街の文化」、すなわち米国投資銀行で働く人々の行動パターンと倫理に注目があつまり、現在様々な議 論が展開されている。議論のひとつの焦点は、投資銀行におけるインセンティブのあり方である。これは非常に重要な視点であることは間違いない。しかし、こうした議論の前提となっている人間像は、合理性と情動のはざまを生きる個人であり、さまざまな関係性によって構成されるより多元的な現実を生きる実際の人間とはかけはなれた、単純化された人間像である。世界中で多くの人々に犠牲を強いた今回の危機は、より現実的な人間像にたった市場とその規制のあり方を考える絶好のチャンスである。
1990年代後半以降ミシェル・カロン、カリン・ノール=セティナ、ドナルド・マッケンジーらヨーロッパにおいて科学社会論(Social Studies of Science)をリードしてきた社会学者たちは、科学から金融へと分析の視点を移し、文化人類学者や人文地理学者とともに金融社会論(Social Studies of Finance)という学際的なフィールドを構築した。このフィールドの特徴は、金融市場を、金融(経済)理論、コンピューター技術、数式、文書、さまざまな制度的・組織的要素、そして身体・情動・思考を持つ生身の人間のネットワークとして構築されたものと理解することである。このように金融社会論は、新古典派金融論とも、行動金融論とも異なる立場から、金融市場のさまざまな側面に関する実証的研究を展開してきた。例えば、マッケンジーは、オプションのプレミアムを算出するブラック=ショールズ式に基づいた計算手法をオプション・トレーダーが共有しトレーディングに使用することによって、オプション市場がブラック=ショールズ式に合致するように動き始めた過程を分析している。
この学際的フィールドに初期から参加した私は当初から、金融社会論にマリノフスキー、モース、ポランニー以来の経済人類学的視点にもとづいたより広い経済観・市場観を導入するよう努めてきた。今回のセミナーでは、金融社会論のこれまでの成果を紹介しながら、現代金融理論の中核をなし、金融商品のプライシングやトレーディングの基本的手法として確立しているアービトラージ(裁定取引)とそれに内包されたさまざまな理論的・技術的・社会的要素に焦点をあてる。具体的には、1987年以降東京のある大手証券会社の自己売買部門で先物やオプションなどのデリバティブを使ったアービトラージに携わってきたトレーダーたちのキャリア(金融実務とそれに付随したさまざまな知的営為の軌跡)を分析し、アービトラージ的手法と思考が、日本の制度的・組織的要素との関係のなかで、過去20年余の日本のデリバティブ市場とデリバティブ・ビジネスの展開にどのような意図され、そして意図されない影響を与えてきたか検討したい。そして、この事例を通じて、金融理論、金融技術、そしてそれらを扱う人々の行動、思考、想像力こそが金融市場そのものであり、今後の金融制度改革の議論の進展のためには、市場と市場行動をより広角にとらえる視点が不可欠であることを示したい。

 

参考文献
(※宮崎先生に作成していただいた関連文献の一覧を転載いたします。)

[発表者の著作]
Miyazaki, Hirokazu, 2007. Between Arbitrage and Speculation: An Economy of Belief and Doubt. Economy and Society 36(3): 397-416

Miyazaki, Hirokazu, 2005. The Materiality of Finance Theory. In Materiality.Daniel Miller, ed. Pp. 165-181. Durham: Duke University Press

宮崎広和 2008 「トレーダーと希望――投機から裁定へ」春日直樹編『人類学で世界を見ると--医療・生活・政治・経済』281-298頁、ミネルヴァ書房

[金融社会論の基礎文献]
Beunza, Daniel, and David Stark, 2004. Tools of the Trade: The Socio-Technology of Arbitrage in a Wall Street Trading Room." Industrial and Corporate Change 13: 369-400.

Callon, Michel, 1998. The Laws of the Markets (Wiley-Blackwell)[特にイントロダクション]

MacKenzie, Donald, 2003.An Equation and Its Worlds: Bricolage, Exemplars, Disunity and Performativity in Financial Economics. Social Studies of Science 33: 831-868.

[金融人類学の概要]
Maurer, Bill, 2006. "The Anthropology of Money." Annual Review of Anthropology 35:15-36

報告
2010年7月6日,宮崎広和氏(VCASIフェロー,コーネル大学,東京大学)による第26回VCASIセミナー「金融という文化―金融危機と金融社会論」が開催された.青木昌彦主宰,神山直樹氏(ドイツ証券),春日直樹氏(一橋大学,文化人類学者)を始めとして約50名が参加して,活発な討論が行われた.

〈宮崎氏の報告〉
 今日,2008年以来の世界的な金融危機の中で,ウォール街における過剰なインセンティブに対する批判や新古典派経済学に対する批判がわきおこりつつある.これは金融市場、そして経済一般に対するわれわれのステレオティピカルな見方を見直す知的営為にとって絶好の機会を与えてくれている.このような状況の中で,1990年代の終わり頃から立ち上がってきた「金融社会論(social studies of finance)」は,金融市場に対するわれわれの見方を広げてくれたものとして評価できる.これは,「科学社会論(social studies of science)」が,科学者とモノのネットワークの分析を通じて,科学的真理や科学的事実というものがどのように構築されるのかを明らかにしてきたのと類比的に,金融市場を捉えようとするものである.すなわち,それは金融市場を,さまざまな制度的・組織的要素,そこで働く生身の人間,金融理論,情報技術などのネットワークとして捉えようとするわけである.このアプローチと連動して、近年「金融人類学(anthropology of finance)」という分野も立ち上がり、中央銀行や代替金融などさまざまな具体的素材を対象とする研究が蓄積されつつある.
 金融市場に文化人類学的にアプローチする際に,文化人類学的視点が持つ独自性を十分意識しながら研究を推し進めていくことが重要となる.たとえば,マリノフスキーは『西太平洋の航海者たち』の中で,儀礼的交換(クラ交易)と,それと並行的に行われる日常的な物品交換の記述を通して,日常的なものと非日常的なものとの共存を広角的に捉える手法を示した.また,モースは『贈与論』において,「全体的社会的事実」の概念を提示し,現実世界におけるカテゴリーや境界の揺らぎやあいまいさをそれ自身として真摯に引き受ける分析手法を提案した.これらの古典的な経済人類学的研究に織り込まれた文化人類学的視点は,人間の経済行為を経済行為という単純化されたカテゴリーに押し込めて分析するのではなく,人間の経済行為に関する重層的で複雑なモデルを意識していた.また,そのことを通して,未知の可能性に開かれた存在という人間像を提示する可能性を模索したのである.現在の文脈に即していうならば,金融社会論ないし金融人類学は,金融市場で働くプロフェッショナルたちを偏狭な社会像をもった強欲な人々という単純な人間像で理解し,規制とコントロールの対象としてみなすのではなく,思考する主体としての彼らとの対話の中で,金融の世界がより広い社会とどのように関連しているか,そしてどのように関連づけられうるかといった問題を民族誌的観察を通して検証しようとするのである.
 以上のような問題意識を背景にして,1998年以来,私は、東京でデリバティブ取引に関する文化人類学的調査を行ってきた.具体的には,ある証券会社の自己売買部門に所属していたトレーダーたちとの対話を通じて,さまざまな組織的・時代的文脈の中で,彼らがアービトラージ(裁定取引)を焦点として繰り広げてきた知的営為を分析してきたのである.
 アービトラージは,金融商品の適正価格からの価格の歪みを発見し,それを収益の源泉とする取引手法であり,投資銀行やヘッジファンドなどにおけるトレーディング実務で中心的な位置を持つ取引戦略である.しかし,同時に適正価格の算定にはアービトラージ機会のない無裁定という仮定的状況の想定が必要である.こうした理論と実践には,さまざまな技術的・美学的・倫理的要素が付随し,アービトラージャーたちの思考や想像力を刺激してきたのである.
1980年代末,日本の証券会社も,ウォール街での自己売買部門の手法(アービトラージ)を導入した.しかし,日本の証券会社のトレーダーたちは,欧米系投資銀行における文脈とは異なる多様なインセンティブの中でアービトラージ業務にたずさわってきた.。このことは,日本のアービトラージャーたちが,アービトラージの実践を通じて、独特の思想的空間を形成することにつながった.(たとえば,古い体質の日本の証券会社の中で科学的・合理的アプローチを追求したこと,理解・征服不可能なものとしての市場に直面しながら,資本主義の限界やスピリチュアリティの問題への関心を高めてきたことなど).こうしたことはアービトラージャー一人ひとりのその後の人生にも大きな影響を与えている.より興味深いことは,アービトラージャーたちが,アービトラージの理論と実践に対してきわめてアンビバレントでどっちつかずな感覚を持ち,その中で生き続けていたことである.しかし,証券会社の組織の変化,市場の変化,個人的な知的関心や体力の変化,そして今回の金融危機の影響などを実感しながら,自分たちのトレーダーとしての「終わり」が近づくにつれて,彼らのこうしたどっちつかずの態度も変容し,彼らの思考も徐々により決定論的な思考へと傾むきはじめている.それは,アービトラージャーとしてのキャリアが終わり,アービトラージ的なアンビバレントな信仰が終わりとともに,それがより曖昧でない信仰に置きかわったようである.これはあたかも,アービトラージャーたちが,無裁定という「終わり」を前提としたアービトラージの時間性を,彼らの人生において生き抜いてしまったかのように見える.
 以上の分析は,いくつかの論点を提示している.第1は,日本の証券会社のアービトラージャーたちに対して,きわめて重層的なインセンティブが作用していたことである.そもそもアービトラージの実務における人とモノの複雑なネットワークは「拡散したエージェンシー」を生み出すが,その中でもこれらのアービトラージャーたちは,経済的なもの,個人的なもの,社会的なもの,時間的なものをとりまく複雑な因果関係と動機づけの中に置かれていた.このことは,より重層的なインセンティブの体系のなかで,金融理論と技術が思いがけない方向に展開しうることを示唆している.
 第2は,アービトラージャーたちがアービトラージ概念をめぐり,それに対するアンビバレントな「信仰」(信じるということ)を持っていたことである.金融危機をめぐる議論のなかで、しばしばモデルや経済理論に対する「信仰」が果たした役割が語られるが、アービトラージの実践における独特の信仰の形(とその揺らぎ)は,こうした議論が前提とする信仰概念が単純すぎることを示している.
 第3は,日本の証券会社のアービトラージャーたちが「日本」対「欧米」という日常的比較作業の中で独自の思考の空間を作り上げていたことである.そこには,道具主義的思考と相対的・再帰的(reflexive)な思考とが明示的に同居していた.これまで今回の金融危機は,主としてウォール街の問題として取り扱われてきた.しかし,日本の会社組織のなかで実践されたきた金融実務の経験は,金融取引における人間性や社会性の回復というより大きな課題へむけて,より比較論的な視座が必要であることを物語っている.
 それでは,今後,金融制度・規制をめぐる議論を深化させるうえで,以上の議論はどのような意味を持つのか.これについては,玄田有史(東京大学社会科学研究所)とアナリース・ライルズ(コーネル大学法科大学院)との共同研究『希望の技術』(国際交流基金日米センターの助成によるプロジェクト)の成果を参照してもらいたいが,3つのことが言えるのではないか.第1は,思考する主体としての金融プロフェッショナルという視点を持つ必要性である.第2に,彼らとの対話を通じて,市場行動のなかで立ち止まって思考する空間を確保するための様々な手法を考えることの重要性である.そして,第3に,そのような空間において,自由と規制、個人と社会などのバランスをとるというようなある意味で不可能な目標を想定した議論から離れ,多様な視点や価値観の存在を踏まえて,それらのあいだの共鳴と不協和音を同時に聞く耳を養いながら,より具体的で実践的な行動へと思考を転換する可能性である.

〈春日氏の討論〉
 宮崎氏の分析の特徴は,時間性(temporality)に対する鋭敏な感覚にある.今日の分析は,それを金融という対象に適用したものだ.この時間性の感覚は,エルンスト・ブロッホの『希望の原理』に見られるものであるとともに,ベルグソンのデュレの概念にも近いものである.そこでは,意識を分割不可能な実在と捉えており,時間は分断すれば明確に把握できるが,それでは実在を捉えたものとはならないとの姿勢が一貫している.つまり,宮崎氏は,非確定な流れの中に留まって,方向性を決めるという姿勢それ自体を問題にしているのである.この観点から見ると,それはラトゥールらの科学社会論や,それから派生した金融社会論とも全く異なるものである.

〈神山氏の討論〉
 まず,現在の私の問題意識は,現代の日本の会社中心の資本主義で,少子高齢化やグローバル化などに対して,株主のインセンティブがうまく作用していないのではないかと感じる点にある.ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』のように,日本の資本主義を価値観や目的意識(幸福感)を含めたインセンティブから分析することが必要なのではないか.宮崎先生は私の職人気質のレポート(『すし職人と日本型資本主義の<精神>』)を引用してくださったが,そこで私は,日本においては宗教よりも「職人気質」がポジティブ(たとえばBerufに似た職業観)にもネガティブ(たとえば技術過信)にもなりうると指摘した.私自身のトレーディング・ルームの体験でも,職人気質が重視される傾向にあった.ただし東京とシティ(ロンドン)では同じ金融機関でもたとえば人事メカニズムの違いの裏に異なる価値観がある.大きなローカル(=日本)市場や異なる顧客層、ルールや監督官庁との関係などが価値観の相違と関係しているのではないか.金融社会論がこのような幅広い論点に対応するとすれば活躍の場は大きい.
ビデオあり: 
no