Language: 日本語 English

Policy/Empirical Analysis

Author(s): 
玄田有史
ISBN: 
4623056228
 
Published Date: 
Mon, 2010-02-01
Publisher: 
玄田有史
Abstract: 
「格差」「無業」「非正規雇用」「長時間労働」を手がかりに混迷をきわめた2000年代の労働市場の実態を明らかにする。 
Field Body: 
 
Author(s): 
塩沢 由典
ISBN: 
4771021198

 

Published Date: 
Thu, 2010-04-01
Publisher: 
晃洋書房
Field Body: 
 
Author(s): 
安田洋祐、青木昌彦、川越敏司、小島武仁、佐藤孝弘、瀧澤弘和、友枝健太郎、成田悠輔
ISBN: 
4757122594

 

Published Date: 
Mon, 2010-03-29
Publisher: 
NTT出版
Abstract: 
子どもたちが従来の通学区域に縛られずに、通う学校を選ぶことができる学校選択制。わが国でも公立小中学校の約15%が実施しており、その是非をめぐって 議論が活発に行われている。本書は、この問題に若手経済学者が挑む野心的な研究である。より良い学校選択制を「デザインする」という視点から、ゲーム理論 研究で得られた最先端の知見に基づき日本とアメリカの現状を分析し、具体的な政策提言を試みる。

解説
執筆チームより
叢書《制度を考える》のページへ



Field Body: 
 
Author(s): 
西條辰義他
ISBN: 
4872592832
Published Date: 
Fri, 2009-10-30
Publisher: 
大阪大学出版会
Abstract: 
将来を見据えた国際社会の動向について論じる. 温室効果ガスのインベントリプログラムや気候変動枠組条約に沿った技術移転問題を取り上げ,経済主 体の取り組みでリスク低減が図れることを示す.ポ スト京都の制度はどうあるべきか,排出権取引や炭 素税規制などの国内温暖化防止制度設計を提言し, そのリスク評価に注目する.
Author(s): 
山口一男
ISBN: 
4532133785
Published Date: 
Wed, 2009-12-02
Publisher: 
日本経済新聞出版社
Abstract: 
少子化問題はお金だけで解決しない! 働きすぎ、男女不平等など日本で依然際立つ「ワークライフアンバランス」の真因を、出産意欲や夫婦関係にまで分析対象を広げ鮮やかに解明。実効性ある改革案を提言する。

本書には、大沢真知子氏(日本女子大学教授)、勝間和代氏(経済評論家・公認会計士)、樋口美雄氏(慶応大学教授)に推薦文を寄せていただきましたのでご紹介します。

ワークライフバランスは21世紀の日本社会を活性化させる鍵だといわれてきた。そして、その理論的根拠を示す書物の出版が待たれていた。本書は、その必要性を実証的に示した待望の一冊である。この分野に関心をもつすべてのひとにとっての必読の書であることは間違いない(大沢真知子(日本女子大学教授))

日本経済再生の真の処方せんはここにあります。ワークライフバランス、少子化、男女共同参画、なぜすべてが袋小路なのか、どこから解決していけばいいのか、さまざまな実証研究に基づいた、政治・経済関係者の必携の書です。(勝間和代(経済評論家、公認会計士))

わが国におけるワークライフバランスの欠如が、戦後高度成長期に発展した雇用システムを機能不全に陥れていると指摘。価値観を超えた著者独自の客観的実証分析の結果を根拠にした具体的政策提言は、日本社会の再活性化をねがう誰をもうならせる。(樋口美雄(慶應義塾大学教授))


Author(s): 
Toshiaki Kouno
日付: 
Wed, 2009-10-14
Abstract: 
We investigate the relationship between the pay-as-you-go (PAYG) pension scheme and the accumulation of human capital. We introduce the incentives of self-education into an overlapping generations model. The PAYG pension scheme encourages the incentives to educate children, but it discourages the incentives for their self-education. We show that the PAYG pension scheme hampers economic growth when the incentives for self-education are considered. The argument implies that while studying the relationship between the pension scheme, education, and economic growth, we must focus on determining the decision maker with regard to education.
Author(s): 
鶴光太郎、水町勇一郎、樋口美雄
ISBN: 
4535555788
Published Date: 
Sun, 2009-03-01
Publisher: 
日本評論社
Abstract: 
もっとも重要なカギは「ヒト」の力。「木を見て森を見ず」ではなく「広角レンズ」の視点で、日本の労働市場を支える制度・仕組みの新たな「かたち」とそれに向けた改革の方向性を提示。

Field Body: 

Author(s): 
小林慶一郎、加藤創太
ISBN: 
4532194830
Published Date: 
Sun, 2009-02-01
Publisher: 
日本経済新聞社
Abstract: 
世界を揺るがす金融危機は、日本が歩んだ道と何が同じで、何が違うのか―。バブル崩壊後、長期低迷に苦しんだ日本経済の再生策を包括的に説き、現実の政策に大きな影響を与えた1冊を文庫化。日経・経済図書文化賞、大佛次郎論壇賞奨励賞を受賞。世界経済危機と本書の関連について、新たに増補した最終章で詳細に論じる。
Field Body: 

Author(s): 
兪 炳匡
ISBN: 
4840417598
Published Date: 
Sat, 2006-07-01
Publisher: 
メディカ出版
Abstract: 
タバコを吸って財政赤字を減らそう!? 効率の良い予防医療はかえってコストを高騰させる? 岐路に立つ日本の医療選択に必要な科学的根拠とは? 最先端の医療経済学から、日本の医療制度改革に警鐘を鳴らす。
Field Body: 

Author(s): 
大屋雄裕
ISBN: 
4779501466
Published Date: 
Tue, 2007-05-01
Publisher: 
ナカニシヤ出版
Abstract: 
「男女共同参画社会基本法」において、男女共同参画社会を形成するために不可欠な政策として位置づけられた「積極的改善措置」=ポジティブ・アクション(アファーマティブ・アクション)。いまや世界の約半数の国で何らかのポジティブ・アクション政策が採用される中、わが国においてはその定義や具体的な適用をめぐって広範な合意が成立しているとはいまだいえない。本書では、デモクラシー論、リベラリズム、平等理論の観点からその定義を理論的に考察し、さらには政治・行政・経済・教育・社会保障など具体的側面におけるそのあり方を展望する。新たな制度デザインのために多角的な論点を提供する初の本格的論文集。
Field Body: 

Author(s): 
山口一男, 樋口美雄 編
ISBN: 
4532133521
Published Date: 
Tue, 2008-04-01
Publisher: 
日本経済新聞出版社
Abstract: 

日本の企業社会に、ワークライフバランスをいかにして根づ かせるか。労働市場のあり方、経済優先的発想の功罪、企業 はどこから取り組むべきかなどをテーマに、論争スタイルで 第一線の経済学者・社会学者たちが分析。

Field Body: 

Author(s): 
鶴光太郎
ISBN: 
4532352177
Published Date: 
Sat, 2006-07-01
Publisher: 
日本経済新聞社
Abstract: 

バブル崩壊以後、「失われた15年」という大調整期を経て、日本の経済システムのどこが変わったのか、また、その「かたち」はどうなるかについて、比較制度分析、組織の経済学といった最新理論を駆使して分析したのが本書である。結論としては、市場型システムが機能するためには法制度・司法制度といった市場取引の土台の制度基盤が重要であり、民主導の「ソフトな制度」と官主導の「ハードな制度」を区別することで、グローバル・スタンダードの形式的な移入は失敗しやすいこと、また、今後の改革の視点としては、成長のボトルネックを除去する観点から、「人と組織」の改革の重要性を強調している。

Author(s): 
Yamaguchi, Kazuo
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

Although it is well documented that the correlation between Female Labor Participation Rate (FLPR) and Total Fertility Rate (TFR) in OECD countries changed from negative (where countries with higher FLPR had lower TFR) to positive during the 1980s, it has been unknown whether this implies a change in the causal relationship between the two variables. In this article, I will demonstrate that the average effect of FLPR on TFR is still negative when controlling for unobserved heterogeneity in TFR levels, but this effect has been weakened through two mechanisms that involve the role of work-family balance: (1) an interaction effect of FLPR and work-family balance on TFR, and (2) a positive indirect effect of FLPR on TFR through the attainment of work-family balance.

Author(s): 
山口 一男
日付: 
Mon, 2007-10-01
Abstract: 

本稿は我が国で未だ大きい男女の賃金格差について、各雇用形態内の格差と、雇用形態の構成比の違いによる格差 と、就業者の年齢分布の男女差による格差の成分に分解し、格差に最も貢献するのがフルタイム・正規雇用者内での男女の賃金格差であり、その根底に女性の高 い離職率を理由とする統計的差別の問題があると見て、なぜ我が国でこの統計的差別が持続してきたのかという理由と、またその差別が企業にとってなぜ経済合 理性を持たないのかについての4つの理由を説明し、合理的な選択を通じて統計的差別を解消することによる我が国の経済活動での男女共同参画推進への道筋を 示す。

Author(s): 
Keiichiro Kobayashi and Masaru Inaba
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

The US Great Depression and Japan's lost decade in the 1990s are both characterized as persistent stagnations of economies with debt-ridden corporate sectors subsequent to asset-price collapses. We propose a simple model, in which increases in corporate debt (and/or fluctuations in expectations about the future state of the economy) can account for these episodes. Key ingredients are the assumptions that firms are subject to collateral constraint on liquidity for financing the inputs, and that the firms can hold other firms' stocks as their assets and use them as the collateral. Collateral constraint on inputs interlinks the financial market inefficiency with the factor market inefficiencies; and that the corporate stocks are used as collateral generates an externality of self-reference in stock prices and production, that is, higher stock prices loosen the collateral constraint and lead to higher efficiencies in production, which in turn justify the higher stock prices. It is shown that there exists a continuum of steady-state equilibria indexed by the amount of debt that the firms owe to the consumers: A steady state with a larger debt can be called a debt-ridden equilibrium, since it has more inefficient factor markets, produces less output, and is characterized by lower stock prices. The model provides the policy implication that debt reduction in the corporate sector at the expense of consumers (or taxpayers) may be welfare-improving when the firms are debt-ridden.

Author(s): 
Keiichiro Kobayashi, Tomoyuki Nakajima, and Masaru Inaba
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

The boom-bust cycles such as the episode of the ``Internet bubble'' in the late 1990s may be described as the business cycle driven by changes in expectations or news about the future. We show that such news-driven cycles can be reproduced by models with collateral constraint. We assume that an asset with fixed supply ("land") is used as collateral, and firms need to hold collateral to finance their input costs. The latter feature introduces an interaction between the inefficiencies in the financial market and in the factor market. The good news raises the price of land today, which relaxes the collateral constraint. It, in turn, reduces the inefficiency in the labor market. If this force is sufficiently strong, the equilibrium labor supply increases. So do output, investment and consumption. With augmented by adjustment cost of investment, our model also generates procyclical movement in Tobin's Q. We also show that when the news turns out to be wrong, the economy may fall into a recession, instead of simply jumping back to the initial steady state. This is because, when the good news arrives, borrowers sell their land, since they need less land to achieve the desired value of collateral. When the news turns out to be wrong, the land price goes back to its steady state level, and hence the total value of collateral becomes lower than the steady state level. It follows that the financial constraint becomes tighter, which increases the labormarket inefficiency, and reduces labor, output, and consumption.

Author(s): 
滝澤 美帆,鶴 光太郎,細野 薫
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本論文は、2005 年度、2006 年度に敵対的買収防衛策を導入した企業の特徴について分析を行った。敵対的買収防衛策導入の動機を、①企業パフォーマンスの不振、②経営保身目的、③その 他被買収確率に影響する要因、に分けて分析を行った結果、次の結果が得られた。第一に、ROAやトービンのQなどで測った企業パフォーマンスが悪化した企 業が買収防衛策を導入するわけではない。第二に、社齢が長い企業、役員持ち株比率が低い企業、持合株式比率が高い企業ほど買収防衛策を導入する傾向が強 く、経営保身や株主との利害対立が買収防衛策導入に影響を与えていることを示唆している。第三に、支配株主の比率が低い企業、機関投資家比率の高い企業ほ ど買収防衛策を導入しており、株式保有が流動的で買収されやすい企業ほど買収防衛策を導入している。 このように、経営怠慢による買収脅威の高まりに対して「隠れ蓑」、「塹壕」として買収防衛策を導入しているわけではないが、特に、持合比率の高い企業ほど 買収防衛策を導入しやすいという結果は、経営保身目的を示す顕著な証拠といえる。 敵対的買収の現実化の中で企業同士の株式持ち合いが再び復活してきていることが指摘されている。こうした中で、もともと株式持合で経営者の「塹壕」を築い てきた企業がさらに買収防衛策でその「塹壕」を強化しようとしている。買収防衛策導入にはそれなりの固定コスト負担が伴い、規模の小さい企業は相対的に不 利になることも考え合わせれば、企業が個別にポイズンピル型買収防衛策を導入するのではなく、公開買付ルール(特に、全部買付義務)の強化を図ることで濫 用的な買収を排除していくという視点(鶴(2006))も重要であろう。

Author(s): 
Ikuo Kume
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

This paper argues that Japanese interest group politics is now in transition, as the power of interest groups are declining, while the power of the executive branch is increasing. A substantial part of this change can be explained by the institutional changes, such as election system reform and administrative reform. However, we show it is before these institutional changes that various political actors changed their normative evaluation of interest groups politics. In order to make sense of this change, it seems to be necessary to analyze political dynamics at the deeper level than the strategic choice of the political actors.

Author(s): 
山口 一男
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

有配偶女性の出生率を回復させようとする政策が、出生率の回復に占めるウェイトは約5割程度と考えられる。本稿 では、この約半分の重要性を持つ有配偶女性の出生率の減少に歯止めをかけ、回復させる政策ついて、実証的な裏付けに基づき議論することを目的としている。 従来の有配偶者を対象とした少子化政策(育児休業法、新エンゼルプラン、少子化対策プラスワンなどの一連の政策)は基本的方向として正しかったことを、3 つの政策類型に分けて、実証研究に基づき示すとともに、政策的課題を明らかにする。 第1は、出産・育児の機会コストを減じる政策である。特に重要なのは育児休業が有配偶女性の出生意欲と出生率を共に高めるという事実である。しかしその一 方、育児休業に対し企業の協力的態度が弱いため法的には取れるはずの育児休業が実際には取りにくい環境がある。このため企業の負担感を増さずに、より多く の人が育児休業を取れる社会制度や社会環境を作りだすことが極めて重要となっている。本稿はこういった今後の育児休業問題への具体的対策として補助金制度 に加え、育児休業の実施や男女の雇用の機会均等についての第三者評価機構設立の重要性を論じる。 第2は、子供を持つことの「家計予算制約」を緩和する政策である。理論的には有効だが、養育費や教育費の負担を「子供を産むことを望まない」理由としてあ げるのは主としてすでに2子を持つ有配偶女性であり、その結果主に3子の出生率回復に寄与し、第1子目の出生率回復には貢献しないと考えられ、やや効率が 悪い政策であると推測される。育児手当でなく、より直接的な保育費用や教育費用を軽減する政策では、費用の軽減が新たに子供を持つことではなく既存の子供 の質の向上に振り当てる親の戦略を制限することが重要で、そのためには単位を家族でなく子供とすべきである。 第3は、出産育児の心理的負担緩和や育児の喜びの促進をする政策である。特に夫や地域の役割の重要性や、育児経験を負担感の強い否定的な経験から喜びの勝 る肯定的経験に変えることの重要性を示す。また、これにより「少子化対策プラスワン」などで強調する子育て支援が基本的に正しい方向であることを示す。さ らに、妻の出生意欲が出生率に大きく影響し、その出生意欲は妻の夫との心理的共有度に大きく影響されることを示す。また、一般に重要なのは、単なる夫の物 理的育児参加時間や夫婦の会話時間でなく、妻が夫の育児参加や夫との会話に心理的に満足しているか否かであり、少子化プラスワンなどの政策実現でも、こう いった心理面を重視することが重要となることを示す。

Author(s): 
山口 一男
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

『季刊家計経済研究』73。50-60頁。
http://www.kakeiken.or.jp/
http://www.kakeiken.or.jp/research/journal.html