Language: 日本語 English

Comparative/Historical Studies

Author(s): 
八木紀一郎(責任編集)ほか7人 (中村尚司、小室正紀、西岡幹雄、三田剛史、 山本裕美、加藤博、石井一也)
ISBN: 
4818818895
Published Date: 
Tue, 2008-01-01
Publisher: 
日本経済評論社
Abstract: 

日本で経済学史・経済思想史研究が盛んなことは、外国人研究者を一様に驚かせる。しかし、研究の対象は近現代の西洋の経済学・経済思想がほとんどで、非西欧圏については、自国日本での西洋経済学の導入の研究がほそぼそとおこなわれてきたに過ぎなかった。これはおそらく、明治期以降の日本の大学等での経済学教育のなかで、経済学史が西洋由来の経済学を学生に対して親しみやすく理解させるための導入的な科目として位置づけられていたことによるものであろう。 しかし、現在の私たちは、1)近代西洋での発展を自明のものとする基準から自由になったより普遍的な視野を必要としている、また、2)近代の日本の経済学・経済思想を理解するためにも、中国・韓国などの東アジア、欧州周辺部、南アジアや中東地域の経済学・経済思想の変容との比較が有益である。そのためにも、前近代期の経済思想や非西欧圏での経済思想の変容・西洋経済学導入の比較研究が本格的に開始されることが望ましい。 私はこの領域での専門家ではないが、シリーズ「経済思想」の編集委員と刊行出版社にご同意いただいて、上記のような考えにもとづいて本書を編集した。版元の日本経済評論社の許可をえて、編集意図と、内容構成、また編者が考えているグローバリゼーションと地域経済思想の関連についての構図を説明した「序文」のアプロードが可能になったので、それも参照いただきたい。

Author(s): 
若森章孝・八木紀一郎・清水耕一・長尾伸一編著
ISBN: 
4623049930
Published Date: 
Thu, 2007-11-15
Publisher: 
ミネルヴァ書房
Abstract: 

EUでは国家を超えたレベルでの地域政策が展開されている。その計画・実施においてはEU機関(欧州委員会など)、各国政府、地方政府・自治体、市民社会・ローカルなアクターの参加が重視されている。そのため、マルチレベル・ガバナンスという思想が発展する領域になった。この政策領域のなかで、越境地域間協力、農村開発、都市再活性化、労働市場の差別撤廃の課題においては、欧州委員会とローカルな地域が直接結びついて実施される「共同体イニシアティヴ」が設けられている。本書は、EUの越境地域協力(Interreg)のうち、直接に生活や経済活動にむすびつく地域形成にかかわる基礎レベルでの協力プログラム(InterregIIIA)に焦点をあてて、欧州の地域政策とそこに形成されつつあるガバナンス構造の実態を探ったものである。
 目次などについては、以下のリンクを参照してください。私は「欧州経済統合と地域格差・地域政策」について論じた最終章を執筆しています。

http://www.minervashobo.co.jp/find/details.php?isbn=04993-6

Author(s): 
Masahiko Aoki, Gregory Jackson and Hideaki Miyajima
ISBN: 
0199284512
Published Date: 
Thu, 2007-10-18
Publisher: 
Oxford Univ Press
Abstract: 

Debates regarding corporate governance have become increasingly important in Japan as the post-war model of bank-based, stakeholder-oriented corporate governance faces the new pressures associated with globalization and growing investor demands for shareholder value. Bringing together a group of leading scholars from economics, law, sociology and management studies, this book looks at how the Japanese approach to corporate governance and the firm have changed in the post-bubble era. The contributions offer a unique empirical exploration of why and how Japanese firms are reshaping their corporate governance arrangements, leading to greater diversity among firms and new 'hybrid' forms of corporate governance. The book concludes by looking at what effect these incremental but transformative changes may have on Japan's distinctive variety of capitalism.

Author(s): 
呉 敬レン (訳)日野 正子
ISBN: 
4757121628

 

Published Date: 
Thu, 2007-03-01
Publisher: 
NTT出版
Abstract: 

改革開放から現代に至る中国経済の発展プロセスに大きな影響力を持った呉教授による中国経済論である.本書の特徴は,ミクロ・マクロを含む中国経済のあらゆる側面---農業改革・企業改革から金融,財政,貿易,社会保障,マクロ経済政策に至るまで---が現代経済学の手法を用いて包括的・体系的に論じられている点にある.中国での市場経済化のプロセスの本質が比較制度分析の観点から把握されており,移行経済における改革戦略や先進国における経済改革に対しても大きな示唆を与える書である.

叢書《制度を考える》のページへ

Field Body: 
 
Author(s): 
Masahiko Aoki and Gregory Jackson
日付: 
Thu, 2008-01-03
Abstract: 

This article proposes a simple framework for understanding an emergent diversity of linkage between corporate governance (CG) and organizational architecture (OA). It distinguishes discreet modes of their linkage by different combinatorial patterns between three basic assets: managers’ human assets (MHA), workers’ human assets (WHA), and non-human assets (NHA). Using the concept of essentiality of human assets proposed by Hart (1995) and distinguished from that of complementarities, we first propose a new characterization of four known modes of CG-OA linkage: three traditional (Anglo-American, German, and Japanese) and one relatively new (Silicon Valley) models. Then we present empirical evidences of emergent diversity of Japanese CG-OA which is somewhat at odds with the old Japanese model. We interpret its emergent dominant mode as the path-dependent evolution of a new pattern of human assets essentiality, made viable by lessening of institutional-complementarity-constraints which surrounded the traditional Japanese model. We argue that this new mode interpreted in terms of essentiality may have broader applicability beyond Japanese context.

Author(s): 
Masaki Nakabayashi and Tetsuji Okazaki
日付: 
Sat, 2007-09-01
Abstract: 

In this paper, we explore the role of courts in the Japanese economic development, using prefecture-level litigation statistics. Since the late nineteenth century, the Japanese people brought many cases before the courts. The dominant part of the cases dealt with monetary issues, which implies that the court played a substantial role in arbitrating disputes related to economic transactions. Through regression analyses of prefecture-level panel data, it was found that frequency of law suits was positively correlated with the scale of economic activities, but that it was only in case economic development was accompanied by urbanization or decline of local communities. At the same time, it is found that increase of the capacity of the legal system enhanced financial development. In this case also, the importance of the capacity of legal system was conditional on the function of local communities.

Author(s): 
季 衛東
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

このペーパーは、中国の伝統的秩序原理における信頼と不信のパラドックスを手がかりとして、制度設計の普遍主義 と特殊主義を考察し、次のような初歩的な結論に辿りついた。法家思想はあくまで主権者の威信樹立をめざし、社会の横型関係における人間の相互信頼を軽視し ていたのに対して、儒教思想は人間の相互信頼を強調するものの、統治者の臨機応変を可能にするような「不必信」の例外は認めたのである。両者がそれぞれ一 端を取って固守した結果、中国は普遍的な信頼共同体を構築することできず、社会の秩序づけにおいて特殊な人間関係の保証がきわめて重要な役割を果たしてき た。だからこそ、政府と民間の間および個人間において絶えず交渉や議論のゲームが繰り返されており、法の動態性が極めて顕著に現れている。社会に普遍的な 信頼を確立するために、特殊な人間関係も、政府の権力も制限を受けて確実性を持つような現代法治体系を構築しなければならない。こうしたなか、まず法治秩 序の担い手の意図と能力への信頼はそれこそ決定的な意義を持つが、その延長線上で民主主義的参加、法専門職自治、裁判独立、客観化解釈、判決理由の開示、 規範実効性の強化も基本的な課題になる。

Author(s): 
Ji Weidong
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

This paper shows that the Chinese judicial process has gone beyond the dichotomy of inquisitorial model and adversary model. In China, a judgment must be predicated on the agreement of the party who lost the lawsuit and the comprehension of public opinion, and the judges who lack the concept of res judicata and do not conduct judging in the main had been relativized as the medium of a symbolical interaction among the parties and local community. The legal decisions made there were finally a joint venture of magistrates and the interested parties in the forum of public opinion or bargaining. Therefore, the starting point of legal reform in China is not to negate negotiation or interaction in legal processes, but just to put bargaining amongst the parties in the shadow of the law, especially the procedural rules. In other words, switching the train of thought from the informal process to due process, and from law as an institution to law as a medium, to make Chinese people use law as their weapon for interaction and communication. Here the procedural rules are of great significance.

Author(s): 
Ji Weidong
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本稿は、全国から収集された1980年代初期の経済契約訴訟事例1416件を基本的素材に、そのなかに記録され ている契約関係と社会関係の考察・吟味を通して、当時の中国各級人民法院における法適用の実態を明らかにするものである。超当事者主義と超職権主義の短絡 的な結合およびその相互転化に関する考察を軸に、全員一致型の過剰な合意を法適用の目標モデルとした場合の制度設計およびその社会影響を分析しているが、 なかでも当事者の承認、地域社会の満足度、事後的無効主張の可能性などの要素を強調した結果、決定できない、執行できないというような問題が頻出し、その 状況を打開するために、逆に強い決断主義や過剰な職権主義が法の近代化という名の下で求められるというパラドックスの存在が留意に値する。

Author(s): 
Ji Weidong
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本論文は、信頼の視点から中国の伝統的秩序原理と関連の制度設計に関する再検討を行うものである。まずは、伝統 的言説に基づいて、人間の相互信頼を強調するが、統治者の臨機応変的「不必信」を認めるという儒学の立場と、国家の威信を重視するが、人間の性悪論的「不 可信」を前提として社会コントロールを敷くという法家の立場と、を区別する。そのうえ、質・信・礼の「三つ巴」、連帯責任によるコミュニティ安全の保障、 法律と関係の組合せ、毛沢東の「二つの信任」公式、絶対的安心をめざしながら普遍的な不安をもたらしてしまうパラドクス、および、高い信頼度を示した質問 表調査データの読み方などをも分析したい。
なお、現代法体系の構築と信頼については、急激な社会変動、アノミー、グローバライゼーションによるさまざまなリスクと不安を背景に、伝統的な「礼法双 行」の発想を超え、非交換的信頼、組織間信頼、そして普遍信頼などの異なる次元で、法治による信頼および法治への信頼の必要性と可能性を吟味し、さらに法 の需要に応答できるような信頼の制度的操作方式を考察する。こうして得た概念の道具的枠組みにより、とくに人格・権力・法律の三者関係に焦点をあわせなが ら、中国で進んでいる法整備の成果、困難および問題点を明らかにし、「公信力」の動揺や「誠信危機」の深刻化を回避できるための条件ないし社会セキュリ ティ・ネットワークの形成とあり方を展望する。

Author(s): 
Ji Weidong
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本論文は、パロディと著作権に関する討論に参加するにあたって、法秩序に及ぼすデジタル・ネットワーク化の影響 および新しい制度設計に重点を置いている。筆者からすれば、いわゆるフェア・ユースの法理を斟酌する場合には、まず米国モデルと欧州モデルを厳格に区別し なければならない。中国の現行著作権法が、著者の人格権保障を極めて強調していることは、それなりの必然性と合理性を有するが、多かれ少なかれ情報の流通 や文化産業の発展を妨げる可能性も否めない。したがって、2006年の初めに生じた映画『プロミス』とそのパロディ化した短編『饅頭殺人事件』との衝突 は、実際に法と社会の転型にかかわる一部の根本的な問題提起をも行なったといえよう。たとえば、情報技術が引き起こした著作権の解体または値下がりはどの ようにして回避できるか。人間の相互作用、大量の契約群および意思決定の手続的デユー・プロセスの相互関係は如何なる形で再編成すべきであるか。これらの 問題を解決するための鍵が、権利処理の異なる方式の比較分析に存している。

Author(s): 
Tetsuji Okazaki
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

This paper addresses the relationship between economic development, Income inequality and social stabiliity, using the data of prewar Japan. We have made prefecture-level income inequality index, based on tax and wage statistics with respect to four data points, 1888, 1896, 1921 and 1935. Regression analyses of the prefecture-level panel data confirmed that there was an inverse-U shaped relationship between economic development and income inequality. At the same time thorough analyses of the data on thefts and suicides, we found that income inequality gave a negative inpact on social stability

Author(s): 
Yasushi Hamao, Takeo Hoshi, and Tetsuji Okazaki
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

Recent studies have established that the Japanese stock market was quite large in the pre-war period, and played an important role in financing the economic development. The pre-war stock market in Japan, however, did not achieve its size and status quickly. Indeed, the market capitalization stayed relatively small during the early years of the stock market development in Japan. This paper studies the pre-war development of the Tokyo Stock Exchange, which eventually grew to be one of the two largest stock exchanges in the pre-war Japan, and examines why the development was rather stagnant since its establishment in 1878 to the 1910s and what led to its take-off in the late 1910s. The paper argues that the TSE stayed small because the low liquidity discouraged the new companies from listing their stocks. The lack of growth in new listed stocks meant the liquidity continued to be low untill 1918, when the TSE changed its listing policy to start listing companies without waiting for their listing applications. The provides empirical evidence from listing behavior of cotton spinning firms that shows the size of the market indeed mattered for their listing decision before 1918.

Author(s): 
河野勝・広瀬健太郎
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本稿では、ゲーム理論の分析手法を用いて、立憲主義(constitutionalism)がなぜ成立するのか を明らかにすることにある。立憲主義をどう定義し、またその意義をどう評価するかには、もちろんさまざまなアプローチがありうる。本章では、J.ルーベン フェルドの根源的な問題提起を受けて、書かれたテキストとしての憲法へのコミットメントが、立憲主義の核心であるという立場をとる(Rubenfeld 2001)。「話すこと」に対置する形で「書かれること」のユニークさおよびその意義を強調するのは、立憲主義と民主主義とのあいだの緊張関係を正しく捉 えることが何より重要であると考えるからである。民主主義とは、時間の流れの中の各時点において、「話し」、「討議し」、多数派の「声」がなんであるのか を見きわめることを意思決定の基礎とする政治体制である。これに対して、立憲主義とは、「書かれること」で時間を超えて存在する憲法に、統治する者が自ら コミットすることで成立する政治体制である。民主主義的な政治体制のもとでの統治者、すなわち多数派にとっては、憲法とは自らの統治の仕方を長期にわたっ て体系的に制約することになりかねない一片の文書である。なぜなら、通常民主主義のもとでは、一般の法律は議会での単純多数決によって成立するのに対し、 憲法を改正するには議会での特別多数決や国民投票といったより厳しい要件を満たさなければならないからである。であるならば、なぜ民主主義下の多数派は憲 法制定にそもそも同意することがあるのか。またなぜ多数派は、少数派にも等しくその効果が及ぶ基本的権利の保障を、憲法を通して約束することがあるのか。 民主主義であると同時に立憲主義である国家は多く存在するが、実は、民主主義のもとで立憲主義が成立していることはきわめて不可解な事態だといわなければ ならない。今日の立憲主義を正しく理解しその意義を適切に評価するためには、こうした原理的問題が解明されなければならない。本稿では、その解明のため、 ゲーム理論に基づく分析と考察を用いる。

Author(s): 
岡崎哲二
日付: 
Sat, 2007-12-01
Abstract: 

During the Second World War, aircraft production in Japan, which had been negligible before that, increased sharply. The rapid expansion of the aircraft industry involved numerous small and medium-sized machinery factories, which were organized to be parts suppliers by aircraft assemblers. Focusing on the case of Mitsubishi Heavy Industries, Ltd., a major aircraft assembler, this paper explores the expansion of the supplier network and its implication on aircraft production.

Author(s): 
Yutaka Arimoto, Tetsuji Okazaki, and Masaki Nakabayashi
日付: 
Sat, 2008-03-01
Abstract: 

This paper studies the determinants of agrarian tenancy contract choice and its implication on productivity in prewar Japan. Rapid agricultural growth under extensive tenancy relationships in prewar Japan was achieved with the prevalence of a unique rent reduction contract, which was more efficient than a share tenancy or a pure fixed-rent contract in terms of provision of incentives and risk-sharing. Despite its potential efficiency, a rent reduction contract incurred substantial transaction costs, which may have inhibited its adoption outside Japan. The revalence of this contract in prewar Japan was likely due to the presence of villages that reduced such costs through informal governance of the private tenancy relationships. We found quantitatively at the village level that the choice of tenancy contract in prewar Iwate prefecture was affected by risk and possibly transaction costs. Furthermore, a sign of Marshallian inefficiency was found at the prefecture level, where the prevalence of tenancy and productivity is negatively correlated and such inefficiency was worse in prefectures with a greater proportion of share tenancy.