Language: 日本語 English

制度設計/ゲーム工学

松井彰彦氏「Zeuthen-Nash交渉解のある社会的基礎」(第30回VCASIセミナー)

日時: 
2010年10月14日(木) 17:00-
場所: 
日本財団ビル3階A会議室(http://www.vcasi.org/access.html)
発表者: 
松井彰彦氏(ゲーム理論、経済学/VCASIフェロー、東京大学大学院経済研究科/http://www.vcasi.org/fellow/%E6%9D%BE%E4%BA%95-%E5%BD%B0%E5%BD%A6)
討論者:竹澤正哲氏(社会心理学/上智大学総合人間学部心理学科/http://librsh01.lib.sophia.ac.jp/Profiles/70/0006938/profile.html)
概要: 
This paper provides a decentralized dynamic foundation of the Zeuthen-Nash bargaining solution, which selects an outcome that maximizes the product of the individual gains over the disagreement outcome. We investigate a canonical random matching model for a society in which two agents are drawn from a large population and randomly matched to a partnership, if they successfully find an agreeable payoff vector. In each period, the two agents choose to maintain or terminate the partnership, which is subject to a small exogenous probability of break down. We show that as the discount factor converges to 1, and the probability of exogenous break down vanishes, the Zeuthen- Nash bargaining solution emerges as a unique undominated equilibrium outcome. Each agent in a society, without any centralized information processing institution, behaves as if he has agreed upon the Zeuthen-Nash bargaining solution, whenever he is matched to another agent.
 
ビデオあり: 
no

西條辰義氏「A Solution to Prisoner’s Dilemma: Full Cooperation in the Experiment with Approval Stage」(第29回VCASIセミナー)

日時: 
2010年9月20日(月) 15:00-
場所: 
日本財団ビル3階A会議室(http://www.vcasi.org/access.html)
発表者: 
西條辰義氏(VCASIフェロー\大阪大学社会経済研究所、米国UCLA California Social Science Experimental Laboratory)
概要: 
Players can approve or reject the other choice of the strategy after playing a Prisoner’s Dilemma game. If both approve the other choice, the outcome is what they choose, and if either one rejects the other, it is the outcome when both defect. The subgame perfect equilibria of this two stage game have the outcomes where both are cooperative and both are defective. However, the all pairs of weakly evolutionarily stable strategies coincide with the subgame perfect equilibria where both are cooperative and we observed 100% cooperation in the experimental session of prisoner’s dilemma game with approval stage, and 7.9% cooperation in the session of the game without the approval stage.
 
ビデオあり: 
no

第7回学校選択制研究会「学校選択制の理論分析と政策提言」

日時: 
4月21日(水)17:00-19:00
場所: 
日本財団ビル3F A会議室
発表者: 
安田洋祐
友枝健太郎
成田悠輔
概要: 
VCASIの研究プロジェクト「学校選択制デザインプロジェクト」の研究成果が、先月『学校選択制のデザインゲーム理論アプローチ』としてNTT出版より出版されました。今回のセミナーでは、本書の理論的な側面に焦点を当てて、その核となる考え方と政策提言をできるだけ分かり易くご紹介させて頂きます。具体的には、学校選択制を分析するための理論的な枠組みであるマッチング理論の基礎(3章)、その理論を実践する形で行われた米国における制度設計の事例(2・4章)、さらにコンピュータ・シミュレーションを用いながら独自の視点で分析した日本の学校選択制の性質と改善案(6章)について、それぞれ30分ずつ講演させて頂きます。

講演は書籍内容とある程度オーバーラップしますが、書籍内容を前提知識とはしておりません。また、今後のプロジェクトの方向性や直近の研究成果など、本書に盛り込まれていない内容についても講演の中で若干取り上げる予定です。今回のセミナーでは、学校選択制をめぐる理論的な考え方や枠組みの理解に焦点を当てます。時間の都合上、細かな制度的な背景や現状(1・2章)についてはほとんど触れることができないと予想されますので、この点は十分ご注意下さい。

発表終了後に30分程度、質問やディスカッションの時間を設けております。ぜひ、参加者の方々も積極的に議論に加わって頂ければ幸いです。
 
ビデオあり: 
no
Author(s): 
松井彰彦
ISBN: 
4480688382
Published Date: 
Wed, 2010-04-07
Publisher: 
筑摩書房
Abstract: 
 
Author(s): 
安田洋祐、青木昌彦、川越敏司、小島武仁、佐藤孝弘、瀧澤弘和、友枝健太郎、成田悠輔
ISBN: 
4757122594

 

Published Date: 
Mon, 2010-03-29
Publisher: 
NTT出版
Abstract: 
子どもたちが従来の通学区域に縛られずに、通う学校を選ぶことができる学校選択制。わが国でも公立小中学校の約15%が実施しており、その是非をめぐって 議論が活発に行われている。本書は、この問題に若手経済学者が挑む野心的な研究である。より良い学校選択制を「デザインする」という視点から、ゲーム理論 研究で得られた最先端の知見に基づき日本とアメリカの現状を分析し、具体的な政策提言を試みる。

解説
執筆チームより
叢書《制度を考える》のページへ



Field Body: 
 
Author(s): 
川越敏司
ISBN: 
4757122586
Published Date: 
Wed, 2010-03-17
Publisher: 
NTT出版
Abstract: 
経済学をはじめ、政治学、社会学、経営学などに幅広く応用されているゲーム理論。そのなかで、発展めざましい行動経済学や実験経済学の成果をふまえ、従来のゲーム理論の「クールで合理的な人間」という前提を修正し、感情をもった限定合理的な「リアルな人間」の多様な行動を解明することをめざした「行動ゲーム理論」が生まれた。本書はこの行動ゲーム理論の、日本初の本格的入門書である。内容は高度だが、ボードゲームや小説など、身近で楽しい話題をきっかけに、学部学生レベルでも理解できるように解説している。
Author(s): 
田村明久
ISBN: 
4254275536

 

Published Date: 
Sun, 2009-11-01
Publisher: 
朝倉書店
Abstract: 
 
Field Body: 
 
Author(s): 
アブナー・グライフ (著), 岡崎 哲二 (監修, 翻訳), 神取 道宏 (監修, 翻訳)
ISBN: 
4757141246

 

Published Date: 
Wed, 2009-12-09
Publisher: 
NTT出版
Abstract: 
本書は、中世後期(11世紀~14世紀)の地中海イスラーム世界とジェノヴァなどのヨーロッパ世界の貿易・慣習・社会制度について、ゲーム理論をツールとする比較制度分析を試みている。商人同士の取引、ギルド、政治制度などを数理的にモデル化して、経済史と経済理論の統合を目指している。また本書は、制度とはなにか、それはなぜ存続し、どのようにして変化するか、また制度を理論的・実証的に分析する方法はなにか、という壮大な問いにも答えようとする斬新な試みでもある。「比較歴史制度分析」の創始者であるアブナー・グライフの主著にして初めての邦訳つきになる。

解説へ
叢書《制度を考える》のページへ

Field Body: 
 

第16回VCASIセミナー「Experiments on Emergence of Leadership in Teams」(末廣英生先生)

日時: 
2009年9月2日(水)15:00-17:00
場所: 
日本財団ビル3階A会議室
発表者: 
末廣英生(神戸大学経営学部教授)
川越敏司(VCASIフェロー、公立はこだて未来大学情報科学部准教授)
概要: 

チーム生産において、率先垂範の意味でのリーダーシップがどのように成立するかを実験によって明らかにした。2人の個人が、チーム生産性に関する私的情報を持って、自分で選択する水準の努力を、自分の望むタイミングで、チームのために投入するチーム生産ゲームを考える。このゲームには、パラメーターが一定の条件を満たすとき、複数の均衡が存在する。この条件を満たすモデルを実験した結果、チーム生産性に自信のある個人はリーダーシップ行動をとり、自信のない個人はフォロワーとなる、leadership by confidenceが現れた。次に、このリーダーシップ現象が内生的シグナリングとして生起しているかどうかを検証する実験として、同じ利得の下で私的情報を排除した環境で実験したところ、その環境ではリーダー・フォロワー関係が成立しなかった。さらに、伝達されているシグナルの内容が、送り手のパレート最適選択の提案である可能性を検証する実験を行った。その実験では、約半数の被験者がパレート最適選択を選好しているが、そのような被験者のうち自らリーダーシップをとって(均衡行動ではない)パレート最適選択の提案を行う者は限られていた。
従って、チーム生産におけるリーダーシップの成立には、leadership by confidenceが
均衡として支持されることが鍵となることがわかった。
※この研究は、末廣先生と安部浩次先生(神戸大学大学院経営学研究科)、小林創先生(大阪府立大学経済学部)の共同研究です。

末廣先生のご研究については、すでに上に挙げたweb site

第15回VCASIセミナー「Ambiguity and Risk in Global Games---Theory, Applications, and Experiments」(宇井貴志先生)

日時: 
2009年9月2日(水)13:00-15:00
場所: 
日本財団ビル3階A会議室
発表者: 
宇井貴志(VCASIフェロー、横浜国立大学経済学部教授)
概要: 
プレイヤーがmaxmin期待効用をもつグローバルゲームの理論と応用について説明する。maxmin期待効用は、Ellsbergのパラドクスを説明するために導入された非期待効用の一つで、曖昧回避的な意思決定の代表的モデルである。maxmin期待効用を応用した理論研究は、ファイナンスを中心に数多くあるが、そのほとんどは代表的な個人を前提としている。そこで本報告では、グローバルゲームを用いることで、戦略的状況下の曖昧回避的行動の含意について理論的に検討し、また銀行取付と通貨危機への応用について議論する。加えて、上記の理論に関する実験の設計についても検討したい。

 
宇井先生のご研究については、

http://takashi.ui.googlepages.com/
Author(s): 
Atila Abdulkadiro ̆glu, Yeon-Koo Che, and Yosuke Yasuda
日付: 
Sat, 2009-08-15

The Boston mechanism is among the most popular school choice pro-
cedures in use. Yet, the mechanism has been criticized for its poor incentive and
welfare performances, which led the Boston Public Schools to recently replace it
with Gale and Shapley’s deferred acceptance algorithm (henceforth, DA). The DA
elicits truthful revelation of “ordinal” preferences whereas the Boston mechanism
does not; but the latter induces participants to reveal their “cardinal” preferences
(i.e., their relative preference intensities) whereas the former does not. We show that
cardinal preferences matter more when families have similar ordinal preferences and
schools have coarse priorities, two common features of many school choice environ-
ments. Specifically, when students have the same ordinal preferences and schools
have no priorities, the Boston mechanism Pareto dominates the DA in ex ante wel-
fare. The Boston mechanism may not harm but rather benefit participants who
may not strategize well. In the presence of school priorities, the Boston mechanism
also tends to facilitate a greater access than the DA to good schools by those lack-
ing priorities at those schools. These results contrast with the standard view, and
cautions against a hasty rejection of the Boston mechanism in favor of mechanisms
such as the DA.

Author(s): 
Takako Fujiwara-Greve and Yosuke Yasuda
日付: 
Sat, 2009-06-20
Abstract: 

In many repeated interactions, repetition is not guaranteed but instead
must be agreed upon. We formulate a model of voluntary repetition by introducing
outside options to a repeated Prisoner’s Dilemma and investigate how the structure
of outside options affects the sustainability of mutual cooperation. When the outside
option is deterministic and greater than the value of mutual defection, the lower bound
of the discount factors that sustain repeated cooperation is greater than the one for
ordinary repeated Prisoner’s Dilemma, making cooperation more difficult. However,
stochastic outside options with the same mean may reduce the lower bound of discount
factors as compared to the deterministic case. This is possible when the stochasticity
of the options increases the value of the cooperation phase more than the value of the
punishment phase. Necessary and sufficient conditions for this positive effect are given
under various option structures.

 2009年6月13日、VCASIでは組み合わせ最適化、数理計画法がご専門の田村明久氏(慶応義塾大学理工学部数理科学科)を迎え、第13回VCASIセミナー「離散凸解析とゲーム

Author(s): 
Toshiji Kawagoe and Akihiko Matsui
日付: 
Wed, 2009-05-27
Abstract: 
This paper studies the notion of inclusive communities by applying economics and game theory, which quickly became the standard analytical tool in economics over the last decades, to disability studies. First, we give a brief overview of basics of economics and game theory. In this step, we explain some key related concepts in game theory, strategic complementarity and network externality, that make a departure from the standard price theory, which by itself responds to some of the misguided criticisms against economics such as the market fundamentalism and the supremacy of rational agent in economic analysis. Economics affirms a modern view of human, such as an autonomous, rational decision-maker. So we would like to ask whether or not economics can have a fertile dialogue with disability studies that seems to deny this view, and if the answer is in the affirmative, then how. Although the importance of the right of self-determination is followed naturally by this view, we have to admit that any human in reality has no such cognitive/computational capacity to do so. Rather, humans in reality are influenced from surrounding socio-cultural environments and develop some boundedly rational behavior or blindly follow established conventions to resolve many problems they face. We explain a recent game theoretic attempt in which, in the first place, discrimination emerges as an equilibrium even if there is no inherent factor for that, and next, if one tries to understand such an equilibrium based on one’s limited experiences, then prejudices may emerge. The endogenous emergence of stigma is explained. Finally, as we point out that the advocacy of self-determination in disability movement leads to liberalism and it can be oppressive for people with mental and intellectual disabilities, we state that overcoming modern view of human rights in disability studies is necessary for establishing inclusive communities.
Author(s): 
Fuhito Kojima and Mihai Manea
日付: 
Tue, 2009-04-14
Abstract: 
The deferred acceptance algorithm is often used to allocate indivisible objects when monetary transfers are not allowed. We provide two characterizations of agent-proposing deferred acceptance allocation rules. Two new axioms, individually rational monotonicity and weak Maskin monotonicity, are essential to our analysis. An allocation rule is the agent-proposing deferred acceptance rule for some acceptant substitutable priority if and only if it satisfies non-wastefulness and individually rational monotonicity. An alternative characterization is in terms of non-wastefulness, population monotonicity and weak Maskin monotonicity. We also offer an axiomatization of the deferred acceptance rule generated by an exogenously specified priority structure. We apply our results to characterize efficient deferred acceptance rules.


ファイル(外部サイト):http://p.tl/Ceb5



第13回VCASIセミナー「離散凸解析とゲーム理論」

日時: 
2009年6月13日(土)10:30-18:30
場所: 
政策研究大学院大学4階会議室4A
発表者: 
田村明久氏(慶応義塾大学理工学部数理科学科)
概要: 
このたび東京財団仮想制度研究所VCASIでは、慶応義塾大学理工学部数理科学科教授で、組み合わせ最適化、数理計画法がご専門の田村明久先生にご協力いただき、以下の要領で第13回VCASIセミナーを開催することとなりました。