Language: 日本語 English

思想史

Author(s): 
Carsten Herrmann-Pillath
Abstract: 
In the biosemiotic literature there is a tension between the naturalistic reference to biological processes and the category of ‘meaning’ which is central in the concept of semiosis. A crucial term bridging the two dimensions is ‘information’. I argue that the tension can be resolved if we reconsider the relation between information and entropy and downgrade the conceptual centrality of Shannon information in the standard approach to entropy and information. Entropy comes into full play if semiosis is seen as a physical process involving causal interactions between physical systems with functions. Functions emerge from evolutionary processes, as conceived in recent philosophical contributions to teleosemantics. In this context, causal interactions can be interpreted in a dual mode, namely as standard causation and as an observation. Thus, a function appears to be the interpretant in the Peircian triadic notion of the sign. Recognizing this duality, the Gibbs/Jaynes notion of entropy is added to the picture, which shares an essential conceptual feature with the notion of function: Both concepts are part of a physicalist ontology, but are observer relative at the same time. Thus, it is possible to give an account of semiosis within the entropy framework without limiting the notion of entropy to the Shannon measure, but taking full account of the thermodynamic definition. A central feature of this approach is the conceptual linkage between the evolution of functions and maximum entropy production. I show how we can conceive of the semiosphere as a fundamental physical phenomenon. Following an early contribution by Hayek, in conclusion I argue that the category of ‘meaning’ supervenes on nested functions in semiosis, and has a function itself, namely to enable functional self-reference, which otherwise mainfests functional break-down because of standard set-theoretic paradoxes.

Author(s): 
Carsten Herrmann-Pillath
日付: 
Wed, 2010-02-10
Abstract: 
Neuroeconomics stays in the center of the ongoing naturalistic turn in economics. It portrays the individual as a complex system of decision making mechanisms and modules. This results into a conceptual tension with the standard economic notion of the unity of the actor that is a systemic property of economic coordination. I propose to supplement neuroeconomics with a naturalistic theory of social coordination. Recent neurobiological and psychological research strongly supports claims made by some heterodox economists that the identity of actors emerges from social interaction, especially in the context of the use of language. Therefore I argue that the completion of the neuroeconomic paradigm requires a naturalistic theory of language. I provide some sketches based on teleosemantics and memetics, and exemplify the argument by a naturalist account of money.

Author(s): 
Carsten Herrmann-Pillath
日付: 
Wed, 2010-02-10
Abstract: 
What makes institutions ‘real’? One central notion has been emerging recently in sociology, which is ‘performativity,’ a term borrowed from the philosophy of language. I propose a neurolinguistic approach to performativity that is based on John Searle’s theory of institutions, especially his concept of a ‘status function’ and his explanation of rule-following as a neurophysiological dispositions. Positing a status function is a performative act. I proceed in two steps to establish the neurolinguistic framework. Firstly, I apply the concept of ‘conceptual blending’ borrowed from cognitive science on the status function, and give empirical applications from the research on performativity in financial markets. Second, I sketch the underlying neuroscience framework following the neural theory of metaphor, which I illustrate empirically with examples from behavioral finance and neuroeconomics.

Author(s): 
Carsten Herrmann-Pillath
日付: 
Wed, 2010-02-10
Abstract: 
Ìn the past decades, economists have rediscovered culture. Yet, they do not build on earlier traditions, such as the old American institutionalism or German sociologists such as Weber and Sombart. The contemporary economic concept of culture is lacking a clear theoretical foundation, especially with relation to the humanities. Very often, it argues crudely reductionist because of the need to make culture compatibel with econometric methodology. I propose that a reconsideration of culture in economics has to start out from culture as a mechanism for reducing uncertainty, following North. This conception can also be reconciled with recent biological approaches to culture. Further, culture serves to stabilize individual identities in social interactions. An important conclusion from this is that single cultural traits rarely have a function or have adaptative value, but culture as a whole has a function.

First Name(English): 
Tatsushi
Last Name(English): 
Genka
Speciality: 

中世教会法史

Interests: 

古典教会法学の成立におけるアウグスティーヌスの役割、12世紀後半における教会法学の発展、教会法史料の校訂

Recent Thoughts: 

これまでは専ら、中世教会法の歴史を史料学的な問題を中心に勉強してきました。その過程で、中世教会法とその歴史的意義をより深く理解するためには古代末期(4-6世紀)の教会史を学ばなければならない、と思うようになり、ここ数年、ヨーロッパ中世そのものの研究に加え、4-6世紀の教会史を、アウグスティーヌスとその教会法に対する影響、の観点から勉強しています。

Recent Works: 
  • Hierarchie der Texte, Hierarchie der Autoritäten. Zur Hierarchie der Rechtsquellen bei Gratian, in: Zeitschrift der Savigny-Stiftung für Rechtsgeschichte 126, Kanonistische Abteilung 95 (2009), 101-127.
  • Zum Prologus des Ivo von Chartres in der Lütticher Handschrift UB 230, in: Hans-Georg Hermann et al. (ed.), Von den Leges Barbarorum bis zum ius barbarum des Nationalsozialismus. Festschrift für Hermann Nehlsen zum 70. Geburtstag, Köln/Weimar/Wien (2008), 510-530.
  • Some critical comments on C.15 q.1 c.8 of the Decretum Gratiani, in: Forum Historiae Iuris (2007), online in internet: http://www.forhistiur.de/zitat/0701genka.htm
Affiliation: 
東京大学

第4回VCASI公開フォーラム『コーポレーション』

日時: 
2009年3月28日(土) 10時から17時半
場所: 
日本財団ビル2F 大会議室
発表者: 
青木昌彦(VCASI主宰、スタンフォード大学名誉教授)
源河達史(新潟大学超域研究機構准教授;VCASIフェロー))
池上英子(New School for Social Research教授;VCASIフェロー)
池尾和人(慶應義塾大学経済学部教授;VCASIフェロー)
季衛東(上海交通大学法学院院長、神戸大学法学部教授;VCASIフェロー)
久米郁男(早稲田大学政治経済学部教授;VCASIフェロー)
宮島英昭(早稲田大学商学学術院教授;VCASIフェロー)
守島基博(一橋大学大学院商学研究科教授;VCASIフェロー)
中林真幸(東京大学社会科学研究所准教授;VCASIフェロー)
新原浩朗(経済産業省経済産業政策局産業組織課 課長)
酒井啓子(東京外国語大学大学院教授;VCASIフェロー)
瀧澤弘和(多摩大学グローバルスタディーズ学部准教授;VCASIフェロー)
谷口和弘(慶応義塾大学商学部准教授;VCASIフェロー)
鶴光太郎(RIETI上席研究員;VCASIフェロー)
植田一博(東京大学大学院総合文化研究科准教授;VCASIフェロー)
概要: 

グローバル化した世界において、企業の組織構造とコーポレート・ガバナンスはいかなるものになるのだろうか。

世界的な金融危機に直面する今日、株主志向のコーポレート・ガバナンスへの単純な収斂論には疑問が付され、この問いは一層切実なものとなっている。変化の先を見据えるためには、企業と企業を機能させる政治・社会制度との連関を見つつ、それらの果たす役割に着目することが必要である。他方、認知科学や脳科学における社会的認知に関する知見の蓄積や実験経済学の成果などから、経済学がこれまで依拠してきた、合理的個人を基礎として組織を捉えるモデルの限界が明らかになり、個人と組織の関係を分析する新たなアプローチが模索されている。企業を含む広義の社団組織としてのコーポレーションという概念の捉え直しが、理論・実証・政策の諸領域にわたって求められているといえるだろう。

今般、VCASIでは上述した問いにアプローチするべく、「コーポレーション」をテーマに研究プロジェクトを立ち上げた。本公開フォーラムはそのキックオフともいえるもので、プロジェクトメンバーを中心に今後の課題について広く採り上げ、また議論することを目的としている。

まず第1部では、集団的認知とコーポレート・ガバナンスの形態との結びつきを理論的に考察し、コーポレーションの多様化を分析する視座を提示する。続く第2部では、コーポレーションの自己統治を機能させる文化や社会規範が、それぞれの政治・社会において形成されてきた過程を、日本・中国・西欧・イスラームを事例に、比較・歴史的な視点から議論する。そして第3部では、こうした議論をふまえ、今日の経済危機や雇用問題をみるとき、いかなる政策的含意が引き出せるか議論する。

パネルには社会科学諸分野や認知科学などの研究者・実務家が立ち、ディシプリンを越えた討議を行う。
関心をお持ちの多くの方に、参加をお願いしたい。 (プロジェクトリーダー:青木昌彦)

プログラム:

(1) 第1部 コーポレーションの本質を再考する---認知システムとしての側面から
10:00-12:00
報告:青木昌彦(VCASI主宰、スタンフォード大学名誉教授)
ビデオあり: 
報告ページにビデオあり
Author(s): 
塩沢由典
Published Date: 
Fri, 2002-03-01
Publisher: 
藤原書店
Abstract: 
数学から転じ、アルチュセールを介したマルクスの読み、スラッファを通した古典経済学の読み直しを通して経済学を始め、複雑系経済学、進化経済学へ至った道程をふり返り、市場主義全盛の今、あるべき新しい経済学の姿を示す。
Field Body: 

Author(s): 
大屋雄裕
ISBN: 
4326402393
Published Date: 
Wed, 2006-11-01
Publisher: 
勁草書房
Abstract: 
後期ウィトゲンシュタインを中心とする言語哲学の成果を手がかりにして、規則に従うこと・意味を知ること・解釈するといった行為がそもそもどのようなことを意味しているのかという問題に遡って考える。
Field Body: 

Author(s): 
大屋雄裕
ISBN: 
4480063803
Published Date: 
Sat, 2007-09-01
Publisher: 
筑摩書房
Abstract: 

Field Body: 

First Name(English): 
Kiichiro
Last Name(English): 
Yagi
Speciality: 

経済思想史、社会経済学

Interests: 

意図されざる社会的帰結と制度形成、市民社会とガバナンス論、近代日本の経済思想、欧州統合と東アジアの地域主義

Recent Thoughts: 

制度という概念の意味を知ったのは学生時代の文化人類学の授業だった。インセスト・タブーのような制度が動物 の集団と人間の社会を分けるもののように思えたからだ。その後、レヴィ・ストロースの構造人類学に触れて、そのようなタブーが、女性の(あるいは男性の) 交換体系の反映であると同時に、そうした交換体系を成立させているルールであるという見方を知った。ミクロの関係を律するルールは、それだけでは説明され ず、それが可能にするシステムによって説明されることになる。しかし、そのようなタブーが破られ、システムが再編されることもありうるのである。レヴィ・ ストロースの神話論では、そうした構造の変換・変容が論じられている。ここでも行為者の意識=表象とその行為の効果とのあいだにはズレがある。制度経済学 においては、構造の変容過程におけるこうした意識と効果のズレをどのように取り扱うべきなのだろうか。

Publications: 
  • 『近代日本の社会経済学』筑摩書房、1999年
  • 『ウィーンの経済思想』ミネルヴァ書房、2004年
  • 『社会経済学-資本主義を知る』名古屋大学出版会、2006年
Recent Works: 
Affiliation: 
摂南大学 経済学部
First Name(English): 
Wei-Dong
Last Name(English): 
Ji
Speciality: 

法社会学

Interests: 

市場化と法治モデル、ネオ手続主義的憲政設計、中国の秩序原理と裁判制度

Recent Thoughts: 

アジア的、なかでも中国的「規範の場」において均衡点を探り出すための相互作用の動態が、実存と当為の間に競合する諸要素の組合せパターンに対する集団的選 択の連続行為として捉えられ、それは、M. Weber がいう「呪術の園」をなすものでもなければ、R. Ungerの「慣習法vs.官 僚法」構図のなかに納めきれるものでもないと思います。パンデクテン型の整合的法体系と異なるような、多元化したかかる均衡体の背後には、社会の規範秩序 に関する複雑系のような制度設計が見え隠れすると言ってもいいでしょう。そのメカニズムを解明し、かつ「二重の不確実性」という厄介な状態から離脱できる 方途を模索していくのは当面の研究課題としています。

Publications: 
  • 『法治秩序の構築』(北京:中国政法大学出版社、1999年)
  • 『超近代の法――中国法秩序の深層構造』(京都:ミネルヴァ書房、1999年)
  • 『現代中国の法変動』(東京:日本評論社、2001年)
  • 『憲政新論――グローバル化時代の法と社会変遷』(北京:北京大学出版社、2002年;増補版、2005年)
  • 『中国的裁判の構図――公論と履歴管理の狭間で進む司法改革』(東京:有斐閣、2004年)
  • 『法手続の意義』(北京:中国法制出版社、2004年)
  • 『正義思考の軌跡』(北京:法律出版社、2007年)
  •  
Recent Works: 
  • 『秩序と混沌の臨界』(法律出版社、2008年)
  • 『制度の軌道転換』(浙江大学出版社、2009年)
Affiliation: 
上海交通大学
First Name(English): 
Takenori
Last Name(English): 
Inoki
Speciality: 

経済学

Interests: 

労働経済学、デモクラシーと市場、公と私の問題

Recent Thoughts: 
  1. 社会科学における「ミクロの行動原理」と「マクロの集計的な現象」の関係について、その相反関係、社会秩序の形成と崩壊の論理構造に関心を持っている。
  2. デモクラシーのもとにおいて、中間的な組織の果たす役割と秩序形成にとってのプラス要因とマイナス要因。
  3. 「公」と「私」という概念は歴史的に、古今東西いかなる生成のプロセスを持つのか?それはどのような社会的な条件によって制約され、規定されているのか?
  4. モデル分析の有効性とストーリー・テリングの役割について、文学と社会科学の分業と協業関係を具体的に取り上げながら考えたい。
Publications: 
  • Aspects of German Peasant Emigration to the U.S.: 1815-1914, Arno Press, N.Y. 1981.
  • Skill Formation in Japan and Southeast Asia (co-authored with K. Koike), Univ. of Tokyo Press, 1991.
  • 『経済思想』(モダン・エコノミックス24、岩波書店、1987年) (ハングル版 Chajak Academy Publishers, 1996年).(中国語版[金洪云・洪振叉峰訳]、三朕書店、2005年)
  • 『自由と秩序―競争社会の二つの顔』(中央公論新社、2001年)
  • 『経済成長の果実』(『日本の近代』第7巻、中央公論新社、2000年)
Recent Works: 
  • 戦間期日本の社会集団とネットワーク デモクラシーと中間団体』(編著)(NTT出版、2008年)
  • ”Two or three problems concerning social stability and our measures of welfare: What can economists learn from other social sciences?”, The Japanese Economic Review, Vol. 59, No. 1, March 2008.
  • ”New technology and demand for educated workers: The experience of Japanese manufacturing in the era of high-speed growth”, Journal of the Japanese and International Economics, 20, (joint with Y. Ueshima and T. Funaba), 2006.
  • 『文芸にあらわれた日本の近代―社会科学と文学のあいだ』(有斐閣、2004年).
  • 『高度成長』(『日本経済史8』安場保吉氏と共編著、岩波書店、1989年) (中国語版、三朕書店、1997年、英語版 Oxford U.P.より準備中).
Affiliation: 
国際日本文化研究センター

第1回VCASIセミナー 『了解的コミュニケーション」と「共同的コミュニケーション」の社会理論 ―― ハーバーマス「コミュニケーション的行為」論の進化心理学的再構成』

日時: 
2008年4月21日 16時半から18時
場所: 
日本財団ビル3階 東京財団A会議室
発表者: 
上柿崇英氏(東京農工大学大学院;friend of VCASI)
概要: 
ハーバーマスの「コミュニケーション的行為論」の中では、コミュニケーション類型として、「成果志向のコミュニケーション」、「了解志向のコミュニケーション」が区別される。今回の報告では、なぜこの二つの様式が区別されうるのか、また、この区別を行うことによって、ハーバーマスの社会理論をどのように組み替えることができるのか、という論点について、進化心理学的な視点を導入しながら考えてみてみたい。