Language: 日本語 English

政治学

斉藤淳氏「戦後日本政治と説明責任: 業績評価の機能不全と経済的低迷」(第32回VCASIセミナー)

日時: 
2010/11/25(木) 18:00-
場所: 
日本財団ビル3階A会議室
発表者: 
斉藤淳氏(政治学/Yale大学政治学部助教授、元衆議院議員/http://pantheon.yale.edu/%7Ejs454/)
概要: 
本報告では、戦後日本政治経済を素材に、選挙と経済政策の関係について、説明責任の論理を通じて考察する。代表民主制をシュンペーター的に考えるなら、選挙は有権者が政治家を雇用する過程であり、雇用契約の役割を果たすのが憲法であり選挙制度である。ここで民主的説明責任とは、政治家の側が互いに競争しながら、自らの政策実績と展望を説明することによって機能する。そして有権者がこれを評価し、選挙において優れた選択肢に投票することで、政策運営への委任が生ずる。

しかし実際の選挙過程では、有権者の側が集合行為問題に直面するだけでなく、選挙過程に根ざす様々な代理人問題が発生する。特に現代社会における政策運営は高度に技術的な知識を必要とし、政治家と官僚機関との間にも相互依存関係が発生するため、主権者に有権者と政治エリートの間にはなお一層困難な代理人問題が発生する。

こうした理論的問題意識を背景にしつつ、業績評価投票を促進する制度的枠組みが国レベルでも地方レベルでも存在しなかったことが、近年の日本経済停滞につながった可能性を指摘する。事例として、(1)政治市場モデルと日本型選挙運動、(2)サーチモデルと解散総選挙タイミング選択、(3)公共投資の地域別・分野別配分、などを取り上げる。拙著『自民党長期政権の政治経済学』をベースに、政権交代後の知見も踏まえて議論したい。
 
ビデオあり: 
no

安藤馨氏「制度とその規範的正当化---特に帰結主義と社会規範の関係を巡って」(第24回VCASIセミナー)

日時: 
2010年5月10日(月)19:00-
場所: 
日本財団ビル2階会議室1(http://www.vcasi.org/access.html)
発表者: 
安藤馨(法哲学、規範理論/東京大学大学院法学政治学研究科)
概要: 
本報告では、社会に於ける諸個人の個別の行為ではなくその全体が織りなす行為パターンとしての制度・社会規範といった対象が規範理論的・政治哲学的に正当化されるということがどういう事かを改めて整理し、更にその応用として帰結主義的規範理論(なかんずく功利主義)が社会規範をどのように位置づけるかに関する基礎的な議論を試みたい。この作業は、功利主義を初めとする帰結主義理論の下で、立法などの統治的行為・国家介入によって社会規範を執行し維持し或いは改変し或いは破壊することが果たして正当化されうるか、そうだとして、どのような介入が正当化されるか、を論ずるための基盤となるべきものである。

上述のような議論を踏まえつつ、特に、(消極的)自由や自律に内在的な価値を認めない功利主義の下で、どのような統治が正当化されうるかを改めて確認しつつ、時に「アーキテクチュア的統治」として大雑把に括られがちな統治の諸様態について概念的分節化を行うことで、統治に於ける社会工学の規範的基礎がいかなるものであるかを議論していくことにしたい。
 
ビデオあり: 
no
2009年12月18日,VCASIでは立法実務がご専門の川崎政司氏(慶應義塾大学客員教授)をお迎し,第22回VCASIセミナー「政治主導と立法のあり方-『政治』をめぐる議論の錯綜とその意味・役割・限界-」が開催された.

第22回VCASIセミナー「政治主導と立法のあり方-『政治』をめぐる議論の錯綜とその意味・役割・限界-」(川﨑政司先生)

日時: 
2009年12月18日(金)18:30-
場所: 
日本財団ビル2階第1,2会議室(http://www.vcasi.org/access.html)
発表者: 
川﨑政司先生(慶應義塾大学/立法学、立法実務)
概要: 
これまでの立法のあり方等にかかわる問題点を確認した上で、政治主導と立法に関し、そこにおける「政治」の意味と役割、内閣中心構想の憲法的限界、政と官の関係のあり方、内閣法制局をめぐる議論、法的な質の確保の必要、政府と与党の関係、国会審議のあり方と与党議員の役割、議員立法のあり方、国民による政治を強調する議論・動きとその現実、マニフェストの位置づけなどの諸点について、昨今の事例、改革の動きなどを踏まえながら、検討を行い、政治的なものが強まる中での立法のあり方を考える。
このたび東京財団仮想制度研究所VCASI(http://www.vcasi.org/)では、慶應義塾大学大学院法務研究科、参議院法制局にご所属で、立法学、立法実務がご専門の川﨑政司先生にご協力いただき、以下の要領で第22回VCASIセミナーを開催することになりました。
ビデオあり: 
no
First Name(English): 
Junko
Last Name(English): 
Kato
Speciality: 

政治学

Interests: 

比較政治学 政治的競争の空間モデル及び社会的認知の幾何学モデル 社会行動理解のための脳科学的アプローチ

Recent Thoughts: 

日本政治から出発して、民主主義国の比較政治研究で、現実の政治行動や制度の分析を行ってきました。現在は、システム脳科学の発展を受けて、現在までの行動分析の知見に基づいて、神経科学者との共同研究でさらなる人間理解へ挑戦しています。こうした時代と場に居合わせることができた幸運に感謝しています。

Publications: 
  • 加藤淳子「税制改革と官僚制」東京大学出版会、1997年。
  • Junko Kato. 1998. “When the Party Breaks Up: Exit and Voice among Japanese Legislators,” American Political Science Review, vol. 92, no.4 (December 1998): 857-870.
  • Junko Kato. 2003. Regressive Taxation and the Welfare State: Path Dependency and Policy Diffusion. New York: Cambridge University Press. 2003.
Recent Works: 
  •  Kato et al. 2009. “Neural correlates of attitude change following positive and negative advertisements.” Frontiers in Behavioral Neuroscience. Vol. 3. < http://www.frontiersin.org/behavioralneuroscience/paper/10.3389/neuro.08/006.2009/>
  •  Junko Kato and Kentaro Yamamoto. “Competition for Power: Party Switching as a Means for Changing Party Systems in Japan,” Carol Mershon and William Heller eds., Legislative Party Switching and the Foundations of Party Politics, Palgrave Macmillan, 2009.
  •  Junko Kato and Kensuke Okada.“Euclid was sometimes an unnecessarily sophisticated social scientist: Geometric modeling of political difference” (under review)
Affiliation: 
東京大学大学院
Author(s): 
Ikuo Kume
日付: 
Tue, 2007-08-28
Abstract: 
※現在、こちらのファイルがエラーによりダウンロードができなくなっております。ご不便をおかけいたします。
現在調査中ですので、ご了承ください。

第12回VCASIセミナー「ニューロイメージングで政治行動の何が分かるか?」

日時: 
2009年05月28日(木) 18時から
場所: 
日本財団ビル3階A会議室
発表者: 
井手弘子氏(東京大学大学院法学政治学研究科博士課程)
加藤淳子教授(東京大学大学院法学政治学研究科)
コーディネーター: 
小野田拓也(VCASI研究助手)
概要: 

社会における「脳と心」への関心の高まりは、脳神経科学技術が、人間の高次知的活動―社会的行動や価値判断を伴う決定―を探求の対象とできるようになった ことと表裏一体である。研究の端緒についたばかりの神経政治学(ニューロ・ポリティクス)であるが、報告者等が選挙キャンペーンCMに関して行った機能的 磁気共鳴画像法(fMRI)を用いた実験では、政治的選好の変化と前頭葉の異なる部位における脳活動との間に正と負の逆方向の相関関係を見い出す等の結果 を得ている。本報告では、ニューロ・ポリティクスの先行研究と報告者等の実験研究結果を紹介し、これらの研究が政治学や社会科学一般にもたらす含意や今後 の展開の可能性を議論したい。


VCASIは今般、企業を含む広義の社団組織としてのコーポレーションという概念の捉え直しを、理論・実証・政策の諸領域にわたって検討する研究プロジェクト「コーポレーション」を立ち上げた。本公開フォーラムはそのキックオフといえるもので、プロジェクトメンバーを中心に今後の課題について広く採り上げ、また議論することを目的としている。フォーラムは、

(1)認知科学の成果を取り入れたコーポレーション概念の理論的検討、

(2)日本・西欧・イスラーム・中国における社団組織の比較分析、

(3) (1)(2)を踏まえたコーポレート・ガバナンスや雇用問題の検討

をそれぞれ主題とする3部より構成され、パネルには総勢15名の研究者・実務家が立った。

Author(s): 
小林慶一郎、加藤創太
ISBN: 
4532194830
Published Date: 
Sun, 2009-02-01
Publisher: 
日本経済新聞社
Abstract: 
世界を揺るがす金融危機は、日本が歩んだ道と何が同じで、何が違うのか―。バブル崩壊後、長期低迷に苦しんだ日本経済の再生策を包括的に説き、現実の政策に大きな影響を与えた1冊を文庫化。日経・経済図書文化賞、大佛次郎論壇賞奨励賞を受賞。世界経済危機と本書の関連について、新たに増補した最終章で詳細に論じる。
Field Body: 

Author(s): 
選書出版部(編集)、酒井啓子、谷口功一(著)
ISBN: 
4062152223
Published Date: 
Fri, 2009-01-30
Publisher: 
講談社
Abstract: 
「政治」とは何かを問う渾身大特集! 本格思想誌として好評の第6号は、「政治」を考え直す大特集。世界不況もオバマも麻生・小沢も、その根源にある「政治」から脱構築しないと始まらない
Field Body: 

First Name(English): 
Fuhito
Last Name(English): 
Kojima
Speciality: 

ゲーム理論、マーケットデザイン

Interests: 

マッチング、学校選択制度、投票行動

Recent Thoughts: 

専門はゲーム理論、特にマッチング・マーケットデザインです。マーケットデザインは近年急速に発展した経済学やコンピュータサイエンスなどの学際分野で、研修医マッチング、臓器交換プログラム、学校選択制度の設計などへ応用されています。これまでの研究で、これらのマーケットに実際に使われている制度や新しく提案された制度のかどのように働くかを解明することに一定の成果を挙げてきました。最近では学校選択制度などに応用可能な新しい制度を設計することを目指して研究を進めています。

Publications: 
  • Asymptotic Equivalence of Probabilistic Serial and Random Priority Mechanisms (2008), with Yeon-Koo Che, forthcoming, Econometrica.
  • Incentives and Stability in Large Two-Sided Matching Markets (2009), with Parag A. Pathak, American Economic Review 99, pp 608–27.
  • Axioms for Deferred Acceptance (2007), with Mihai Manea, forthcoming, Econometrica
Recent Works: 
  • Incentives in the Probabilistic Serial Mechanism (2007), with Mihai Manea, forthcoming, Journal of Economic Theory Substitutes and Stability for Matching with Contracts (2007), with John William Hatfield, forthcoming, Journal of Economic Theory
  •  Implementing Random Assignments: A Generalization of the Birkhoff-von Neumann Theorem (2009), with Eric Budish, Yeon-Koo Che, and Paul Milgrom
  • The `Boston' School Choice Mechanism (2010), with M. Utku Ünver
Affiliation: 
スタンフォード大学経済学部
<
First Name(English): 
Ikuo
Last Name(English): 
Kume
Speciality: 

政治過程論

Interests: 

労働政治、利益団体政治、政治過程分析

Recent Thoughts: 

政治の世界においては、均衡として「制度」が選択された後にも、「敗者」はその制度に必ずしも適応したり、消え去るわけではない。このことが政治の分析にお いて持つ意味を考えていきたいと思っている。

Publications: 
  • Disparaged Success: Labor Politics in Postwar Japan, Cornell University Press, 1998.
  • 『労働政治』(中公新書)、2005年5月.
  • Thelen, Kathleen and Ikuo Kume, 2007,  “Coordination as a Political Problem in Coordinated Market Economies,” Politics & Society,19-1
Recent Works: 
  • How Interest Group Politics Falls: The Case of Japan
  • 専門知の蹉跌:労働政策改革はなぜ「成功」しなかったのか
  • Taking Politics Seriously”in “Labor History Symposium: Mari Sako’s Shifting Boundaries of the Firm,” Labor History 42-2, 2008.
Affiliation: 
早稲田大学
First Name(English): 
Masaru
Last Name(English): 
Kohno
Speciality: 

政治学

Interests: 

政治過程論、政治制度論、立憲主義、社会科学方法論

Recent Thoughts: 

現代民主主義国家における憲法は、アメリカ連邦憲法を採 択するために開かれたフィラデルフィア会議の前後に、 ヴァージニア州(邦)を代表して出席していたジェームズ・マディソン(後の第4代合衆国大統領)が考案したさまざまなアイディアをモデルとして成立してい る。しかし、現代の政治学者の間では、この「マディソン・モデル」にいくつかの根本的な欠陥があることも知られている。この欠陥ははたして乗り越えること ができるのか、またどう乗り越えればより望ましい憲法をデザインすることができるのか、を考えている。

Publications: 
  • 河野勝編『制度からガヴァナンスへ:社会科学における知の交差』(東京大学出版会 2006年)
  • 河野勝『制度』(東京大学出版会 2002年)
  • Masaru Kohno, Japan’s Postwar Party Politics (Princeton: Princeton University Press, 1997)
Recent Works: 
  • 河野勝編 『期待、制度、グローバル社会』(勁草書房 2009年)
  • 田中愛治・河野勝・日野愛郎・飯田健・読売新聞世論調査部著 『2009年、なぜ政権交代だったのか―読売・早稲田の共同調査で読みとく日本政治の転換』(勁草書房 2009年)
  • Masaru Kohno and Frances Rosenbluth, eds. Japan and the World: Japan's Contemporary Geopolitical Challenges. (New Haven: Yale University Council on East Asian Studies, 2009)
Affiliation: 
早稲田大学
First Name(English): 
Gerald
Last Name(English): 
Curtis
Speciality: 

日本政治、比較政党政治論

Interests: 

日本政治、比較政党論、制度分析

Recent Thoughts: 

政治のinstitutionの改革とそのinstitutionを動かす個人・政治家の相関関係をどう考えればいいのかを考える。「官邸主導」の改革を行っても、リーダーのスタイル、あるいはリーダーの能力によって、implementationが大分違ってくることが小泉氏と安倍氏の比較で解る。また一つのinstitutionを改革する事によって、その意図するところでない他のinstitutionを壊してしまい、結局悪い結果を生む危険性があるというのが最近の行政改革に現れている。大正時代からある政党政治のinstitutionが最近の行政改革によってつぶされつつある。制度変化の難しさとunanticipated consequencesのいい例である。
もう一つは、「非公式な調整メカニズム」の崩壊が日本の政治経済あるいはもっと広い意味での社会構造にどういう影響を与えているかが関心事である。「政治と秋刀魚」という私の最近出版された本には、この問題を一般読者のためにわかりやすく分析しているが、この問題をもっと考えて、議論したいと思う。

 

Publications: 
  • 永田町政 治の興亡 (新潮社, 2001年)
Recent Works: 
Affiliation: 
コロンビア大学、国際経済研究所、早稲田大学

日時:   2008年7月16日(水) 15:00~18:00
場所:   日本財団ビル2F 大会議室
参加者:  青木昌彦(VCASI主宰、スタンフォード大学)

第3回VCASI公開フォーラム 『移り行く資本主義 II:日本の政党・政治システムの制度変化』

日時: 
2008年7月16日(水) 15時から18時
場所: 
日本財団ビル2F 大会議室
発表者: 
青木昌彦(スタンフォード大学;VCASI主宰、)
ジェラルド・カーティス(コロンビア大学;VCASIフェロー)
加藤秀樹(東京財団会長)
河野 勝(早稲田大学;VCASIフェロー)
前原誠司(民主党衆議院議員)
清水真人(日本経済新聞社編集委員)
与謝野馨(自民党衆議院議員)
コーディネーター: 
加藤創太(国際大学グローコム;VCASIフェロー)
概要: 
本カンファレンスは、有権者の意識の変化、経済や社会でも並行的に進む制度変化とのリンケージ、といった制度論的な観点を加味した上で日本政治の現状を概観し、「ねじれ国会」、ポピュリズム、二大政党制、などの本質を見極めた上で、今後の方向性について模索しようとするものである。VCASIの研究者に加え、日本政治の中心でその変化を見てきた与野党の政治家など実務家を迎え、最先端の理論と日本政治の「今」との接点を探りつつ、今後の方向性について議論する。

1.日時
2008年7月16日(水) 15:00~18:00

2.場所
日本財団ビル2F 大会議室

ビデオあり: 
報告ページにビデオあり