Language: 日本語 English

文化人類学

宮崎広和氏「金融という文化―金融危機と金融社会論―」(第26回VCASIセミナー)

日時: 
2010年7月6日(火) 17:00-20:00
場所: 
日本財団ビル3階A会議室
発表者: 
宮崎広和(コーネル大学人類学科・東京大学社会科学研究所)
司会:青木昌彦(VCASI主宰)
コメンテーター:神山直樹(ドイツ証券)
コメンテーター:春日直樹(一橋大学)
概要: 
 昨今の金融危機で「ウォール街の文化」、すなわち米国投資銀行で働く人々の行動パターンと倫理に注目があつまり、現在様々な議 論が展開されている。議論のひとつの焦点は、投資銀行におけるインセンティブのあり方である。これは非常に重要な視点であることは間違いない。しかし、こうした議論の前提となっている人間像は、合理性と情動のはざまを生きる個人であり、さまざまな関係性によって構成されるより多元的な現実を生きる実際の人間とはかけはなれた、単純化された人間像である。世界中で多くの人々に犠牲を強いた今回の危機は、より現実的な人間像にたった市場とその規制のあり方を考える絶好のチャンスである。
1990年代後半以降ミシェル・カロン、カリン・ノール=セティナ、ドナルド・マッケンジーらヨーロッパにおいて科学社会論(Social Studies of Science)をリードしてきた社会学者たちは、科学から金融へと分析の視点を移し、文化人類学者や人文地理学者とともに金融社会論(Social Studies of Finance)という学際的なフィールドを構築した。このフィールドの特徴は、金融市場を、金融(経済)理論、コンピューター技術、数式、文書、さまざまな制度的・組織的要素、そして身体・情動・思考を持つ生身の人間のネットワークとして構築されたものと理解することである。このように金融社会論は、新古典派金融論とも、行動金融論とも異なる立場から、金融市場のさまざまな側面に関する実証的研究を展開してきた。例えば、マッケンジーは、オプションのプレミアムを算出するブラック=ショールズ式に基づいた計算手法をオプション・トレーダーが共有しトレーディングに使用することによって、オプション市場がブラック=ショールズ式に合致するように動き始めた過程を分析している。
この学際的フィールドに初期から参加した私は当初から、金融社会論にマリノフスキー、モース、ポランニー以来の経済人類学的視点にもとづいたより広い経済観・市場観を導入するよう努めてきた。今回のセミナーでは、金融社会論のこれまでの成果を紹介しながら、現代金融理論の中核をなし、金融商品のプライシングやトレーディングの基本的手法として確立しているアービトラージ(裁定取引)とそれに内包されたさまざまな理論的・技術的・社会的要素に焦点をあてる。具体的には、1987年以降東京のある大手証券会社の自己売買部門で先物やオプションなどのデリバティブを使ったアービトラージに携わってきたトレーダーたちのキャリア(金融実務とそれに付随したさまざまな知的営為の軌跡)を分析し、アービトラージ的手法と思考が、日本の制度的・組織的要素との関係のなかで、過去20年余の日本のデリバティブ市場とデリバティブ・ビジネスの展開にどのような意図され、そして意図されない影響を与えてきたか検討したい。そして、この事例を通じて、金融理論、金融技術、そしてそれらを扱う人々の行動、思考、想像力こそが金融市場そのものであり、今後の金融制度改革の議論の進展のためには、市場と市場行動をより広角にとらえる視点が不可欠であることを示したい。
 
ビデオあり: 
no
First Name(English): 
Hirokazu
Last Name(English): 
Miyazaki
Speciality: 

文化人類学、経済人類学、知識人類学

Interests: 

社会科学的課題としての未来と希望、贈与交換論、金融の文化人類学的研究

Recent Thoughts: 

金融市場とその規制をめぐる現在進行中の議論に文化人類学的視点を導入したい

Publications: 
  • The Method of Hope: Anthropology, Philosophy, and Fijian Knowledge (Stanford University Press, 2004)
  • “Between Arbitrage and Speculation: An Economy of Belief and Doubt.” Economy and Society 36(3): 397-416, 2007.
  • 『希望という方法』(以文社、2009年)
Recent Works: 
  • “The Temporality of No Hope.” In Ethnographies of Neoliberalism. Carol Greenhouse, ed. Pp. 238-250. Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 2009.
  • “Gifts and Exchange.” In The Oxford Handbook of Material Culture Studies. Dan Hicks and Mary Beaudry, eds. Oxford: Oxford University Press (Fall 2010).
  • Arbitraging Japan: Traders as Critics of Capitalism (under contract with the University of California Press).
Affiliation: 
コーネル大学人類学科准教授

第11回VCASセミナー『共に在ることの多様性』

日時: 
2009年4月10日(金)18時30分から
場所: 
日本財団ビル2階第1会議室
発表者: 
木村大治氏 (京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻/文化人類学/http://www.africa.kyoto-u.ac.jp/~kimura/)
コーディネーター: 
森田真生氏 (VCASI研究助手)
概要: 
私は常々,伝え合うこと,繋がり合うことを「良き状態」として志向するというコミュニケーション観に違和感を抱いてきた。人と人とが共に在るとは,たとえば互いのつながりをあえて「切る」といった,より多様な状況を含み込んだものではないだろうか。この発表では,アフリカの二つの社会における,日本人にとってはたいへん違和感の感じられる,しかしおそらく文化的には練り上げられてきたであろう「共在」の状況を動画を用いて紹介した後,それらを包含して記述することをめざした「双対図式」というスキームを提示する。

第1回VCASI公開フォーラム 『文化と国家秩序:「公と私」の異なる位相―日本、中国、イスラム、西欧』

日時: 
2007年10月20日(土) 13時から17時半
場所: 
日本財団ビル 1階バウ・ルーム
発表者: 
青木昌彦(スタンフォード大学;VCASI主宰)
池上英子(New School for Social Research;VCASIフェロー)
猪木武徳(国際日本文化研究センター;VCASIフェロー)
季衛東(神戸大学;VCASIフェロー)
酒井啓子(東京外国語大学;VCASIフェロー)
概要: 
今回の公開フォーラムにおいては、日本、中国、イスラム、西欧のそれぞれの地域において歴史的に発展してきた国家秩序、公と私の関係の異なる「かたち」な どについて、制度研究の視点から、経済学者、政治学者、社会学者などが発表と討論を行います。そういった異なる「かたち」に通底する制度的な原理と、各地 域の歴史的な要因などを理解することによってはじめて、真の相互理解、さらに各地域における国家秩序のあるべき姿についての政策的含意が産み出されると VCASIは考えるからです。中東におけるテロ掃討の「戦い」、中国脅威論など、これらの地域に関連した政策論争は尽きませんが、その本質を見極めたいと 考えています。
なお、フォーラム終了後には懇親会も兼ね、皆さまともぜひ意見交換をさせていただきたいと考えています。奮ってご参加の程、お願い申し上げます。

プログラム: