Language: 日本語 English

障害学

「障害の社会モデルから見た政策的インプリケーション~法学,障害学,社会福 祉学,経済学の対話」(第9回VCASI公開研究会)

日時: 
2010年11月6日(土) 14:00-16:00
場所: 
日本財団ビル3階 東京財団A会議室
発表者: 
川越敏司(経済学/公立はこだて未来大学,VCASIフェロー)
川島聡(法学/東京大学大学院経済学研究科)
中根成寿(社会学/京都府立大学公共政策学部)
概要: 
VCASIの2009年度プロジェクト「インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築」では,2006年12月に国連総会で採択された障害者の権利条約の批准を控えた日本で,どのように障害者政策をデザインしていくべきかについて,経済学者,社会学者,法学者,障害学者が膝をまじえて議論してきました.その中心的なコンセプトは,障害者の被っている不利益の原因を個人の医学的症状ではなく,社会のあり方にもとめるという「障害の社会モデル」です.このプロジェクトでは,この枠組みを共通基盤として,ベーシック・インカム,ダイレクト・ペイメント,アファーマティブ・アクション,応益負担と応能負担といった政策的諸問題について,学際的な検討をしてきました.今回の研究会では,今までの議論を総括し,今後の課題を探ります.
 
ビデオあり: 
no

第7回 インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築プロジェクト研究会

日時: 
2009年2月27日(土)12:00から
場所: 
日本財団ビル3階 A会議室
発表者: 
中根成寿(京都府立大学福祉社会学部)
概要: 
本 プロジェクトでは、「障害者の権利条約」に含まれている人権価値(尊厳、自律、平等、参加)の含意を明らかにしながら、雇用や所得保障をめぐる障害者問 題を実証的に検証し、障害の有無を問わず誰もが住みやすいインクルーシブな社会をデザインする構想の中に障害者政策を位置づけるために、具体的な政策提言 を試みます。

第7回研究会の今回は、以下の点について報告します。
「ダイレクトペイメント・知的障害者・セルフアドボカシー」
 
ビデオあり: 
報告ページにビデオあり
2010年1月9日(土)、「インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築」プロジェクト、第6回の研究会が開催された。

第5回 インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築プロジェクト研究会

日時: 
2009年12月10日(木)19:00から
場所: 
日本財団ビル3階 A会議室
発表者: 
長江亮(早稲田大学高等研究所)
概要: 
本プロジェクトでは、「障害者の権利条約」に含まれている人権価値(尊厳、自律、平等、参加)の含意を明らかにしながら、雇用や所得保障をめぐる障害者問 題を実証的に検証し、障害の有無を問わず誰もが住みやすいインクルーシブな社会をデザインする構想の中に障害者政策を位置づけるために、具体的な政策提言 を試みます。

第5回研究会の今回は、以下の点について報告します。
「障害者施策における応能負担正当化議論についての客観的妥当性について」
ビデオあり: 
no
2009 年12月10日(木)、「インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築」プロジェクト、第5回の研究会が開催された。参加者は、フェローの川越敏司(公立はこだて未来大学複雑系科学科)、瀧澤弘和(中央大学経済学部)、プロジェクト・メンバーの岡部耕典氏(早稲田大学文化構想学部)、長江亮(早稲田大学高等研究所)、佐藤孝弘(東京財団)、そしてRAの鈴木和尭であった。

2009年8月30日(土)、VCASI公開研究会『障害の社会モデルのリハビリテーション』が開催された。

VCASI公開研究会『障害の社会モデルのリハビリテーション』

日時: 
2009年8月29日(土)13時から18時半
場所: 
日本財団ビル2F会議室
発表者: 
川越敏司(公立はこだて未来大学、VCASIフェロー)
川島聡(東京大学大学院経済学研究科)
倉本智明(東京大学大学院経済学研究科)
星加良司(東京大学先端科学技術研究センター)
コーディネーター: 
川越敏司(公立はこだて未来大学、VCASIフェロー)
概要: 

今年から開始された「インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築」プロジェクトでは、国連「障害者の権利条約」をわが国の障害者政策に生かしていくための政策提言を目指して研究会での検討を重ねてきました。
今回第3回目となる研究会では、一度原点に帰って、このプロジェクト・メンバーの障害認識の共通基盤である「障害の社会モデル」のもつ社会理論としての側面を、経済学・社会学・法学の見地から学際的に再検討する機会をもちます。

具体的には、プロジェクト・メンバーの川越(経済学)、星加(社会学)、川島(法学)に、外部から倉本智明(障害学)を加えた4人で、「障害の社会モデルのリハビリテーション」と題した、公開のシンポジウムを開催したいと思います。

政策提言の基礎理論として、総合社会科学的見地からの障害観の見直しを進めるこの機会を、ぜひ公開のシンポジウムとして実現し、VCASIメンバーも交えて有意義なものとしていきたいと願っていますので、みなさま奮ってご参加ください。

* 手話通訳・テキストデータの提供などの情報保障が必要な方は、事前にご相談ください。できる限り対処させていただきますが、要望によっては対応できない場合もあることをあらかじめご了承ください。

 


-----------------------
司会:川越

13:00-13:05 開会のあいさつ(川越)

第1部 総論
13:05-13:30 「障害の社会モデルとは何か」(星加)

第2回 インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築プロジェクト研究会

日時: 
2009年7月11日(土)13:00から
場所: 
日本財団ビル3階 A会議室
発表者: 
岡部耕典(早稲田大学)
中根成寿(京都府立大学)
概要: 
本プロジェクトでは、「障害者の権利条約」に含まれている人権価値(尊厳、自律、平等、参加)の含意を明らかにしながら、雇用や所得保障をめぐる障害者問題を実証的に検証し、障害の有無を問わず誰もが住みやすいインクルーシブな社会をデザインする構想の中に障害者政策を位置づけるために、具体的な政策提言を試みます。

第二回研究会の今回は、以下の点について報告します。
1.岡部耕典 「障害者自立支援法の利用者負担(応益負担)の社会政策的意味」
2.中根成寿「障害者家族における家族ケアの特性と限界ー規範から政策に向けて」

2009年5月30日(土)、「インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築」プロジェクト、第1回の研究会が開催された。参加者は、フェローの川越敏司(公立はこだて未来大学複雑系科学科)、プロジェクト・メンバーの岡部耕典(早稲田大学文化構想学部)、川島聡(東京大学大学院経済学研究科)、中根成寿(京都府立大学公共政策学部)、そして佐藤孝弘(東京財団)であった。

Author(s): 
Toshiji Kawagoe and Akihiko Matsui
日付: 
Wed, 2009-05-27
Abstract: 
This paper studies the notion of inclusive communities by applying economics and game theory, which quickly became the standard analytical tool in economics over the last decades, to disability studies. First, we give a brief overview of basics of economics and game theory. In this step, we explain some key related concepts in game theory, strategic complementarity and network externality, that make a departure from the standard price theory, which by itself responds to some of the misguided criticisms against economics such as the market fundamentalism and the supremacy of rational agent in economic analysis. Economics affirms a modern view of human, such as an autonomous, rational decision-maker. So we would like to ask whether or not economics can have a fertile dialogue with disability studies that seems to deny this view, and if the answer is in the affirmative, then how. Although the importance of the right of self-determination is followed naturally by this view, we have to admit that any human in reality has no such cognitive/computational capacity to do so. Rather, humans in reality are influenced from surrounding socio-cultural environments and develop some boundedly rational behavior or blindly follow established conventions to resolve many problems they face. We explain a recent game theoretic attempt in which, in the first place, discrimination emerges as an equilibrium even if there is no inherent factor for that, and next, if one tries to understand such an equilibrium based on one’s limited experiences, then prejudices may emerge. The endogenous emergence of stigma is explained. Finally, as we point out that the advocacy of self-determination in disability movement leads to liberalism and it can be oppressive for people with mental and intellectual disabilities, we state that overcoming modern view of human rights in disability studies is necessary for establishing inclusive communities.

第1回 インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築プロジェクト研究会

日時: 
2009年05月30日 13:00から
場所: 
日本財団ビル3階 A会議室
発表者: 
川越敏司氏(公立はこだて未来大学;VCASIフェロー)
川島聡氏(東京大学)
概要: 
この度VCASIでは、公立はこだて未来大学の川越敏司先生を中心に「インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築」と題し、障害学と経済学と法学の学際的共同研究の成果に基づいて、「障害者の権利条約」批准に向けて障害者政策の提言を行うこととなりました。
この条約は、障害者の被っている不利益の原因を個人の医学的症状ではなく社会の在り方に求めその不利益を人権問題として解決しようという考えに基づくもので今後の日本の障害者政策を大きく変えるであろうと考えられています。
本プロジェクトでは、この条約に含まれている人権価値(尊厳、自律、平等、参加)の含意を明らかにしながら、雇用や所得保障をめぐる障害者問題を実証的に検証し、障害の有無を問わず誰もが住みやすいインクルーシブな社会をデザインする構想の中に障害者政策を位置づけるために、具体的な政策提言を試みます。

第一回研究会では、以下に関する報告を行います。

1.川越敏司 "Economics, Game Theory and Disability Studies:Toward a Fertile Dialogue"
2.川島聡 「障害者権利条約の概要」
 

VCASI公開研究会「社会のルールについてIV: 障害と経済について」

日時: 
2009年3月19日(木) 13:00~17:10
場所: 
日本財団ビル2階 第1~4会議室
発表者: 
金子能宏氏(国立社会保障人口問題研究所)
松井彰彦氏(東京大学:VCASIフェロー) ※
両角良子氏(富山大学)
長江亮氏(早稲田大学高等研究所)
関口洋平氏(東京大学 大学院)
コーディネーター: 
川越敏司氏(公立はこだて未来大学:VCASIフェロー)
概要: 

障害者の基本的人権と自由を守り、これらによってもたらされる利益を完全かつ平等に享受できることを謳った「国連障害者権利条約」が国連総会で採択されたのが2006年12月13日。わが国は2007年9月28日に調印し、現在はその批准に向けての働きかけが行われています。

他方、国内法の整備も急務となっており、その流れを受けて障害者法制・政策の転換が始まろうとしています。なぜなら障害者権利条約は、障害を医学的見地に立ってとらえることから、社会における問題としてとらえるという障害者観のパラダイム転換を反映した内容になっているからです。そして障害者問題の根源は社会制度の中にあるという考え方が広まるにつれ、社会科学的分析の必要性が高まっています。近時のゲーム理論や実験経済学、計量経済学の発展もまた、こうしたニーズに応えて分析を行う際のツールを提供しています。

今回の研究会では「障害と経済」と題して、障害学と経済学の学際的共同研究のこれまでの成果を発表します。これは、新しい時代の障害者観や障害者問題に関する政策を考えるにあたって、最先端の研究動向を紹介することで、障害学だけでなく、社会科学全体の進歩に寄与しようというものです。ご期待ください。

(※)松井彰彦氏(東京大学:VCASIフェロー):東京大学で「学術創成研究:総合社会科学としての社会・経済における障害の研究」の研究代表者をつとめている。

プログラム
「ふつう」のしくみと障害者
執筆者:松井彰彦 東京大学経済学研究科教授

当たり前のことだが、世の中の様々なしくみは「ふつう」の人を基準に作られている。手すりの位置や階段の段差のような物理的なものから税制や社会保障制度のような経済制度まで、目に見えるものから目に見えないものまですべての基準は「ふつう」の人である。その結果、「ふつう」の基準から外れている人には様々な呼称がつけられる。ホームレス、母子家庭、障害者などなど。かれらはグループ分けされ、必要最低限のニーズを行政に決められ、個々のニーズは「ぜいたく」と呼ばれ、社会のお荷物として生きていくことになる。「障害者」から「健常者」へ移ることにも障害(バリア)が設けられている。
First Name(English): 
Akihiko
Last Name(English): 
Matsui
Speciality: 

ゲーム理論、経済学

Interests: 

社会的障害、慣習と規範、帰納論的ゲーム理論

Recent Thoughts: 

人々は経験から社会像を創る。この営みは、人間を動物か ら区別するために必要なものであると同時に、さまざまな偏見を生み出す源泉ともなっている。この問題を理論面からは帰納論的ゲーム理論の構築を通じて読み 解き、現実面・応用面からは社会的障害(Disability)の研究を通じて読み解き、さらに両者を統合していくことで、新しい分野を創設したい。

Publications: 
  • 慣習と規範の経済学、東洋経済新報社、2002年
  • "Cheap-Talk and Cooperation in a Society," Journal of Economic Theory, vol.54, pp.245-258, 1991.
  • "Inductive Game Theory: Discrimination and Prejudices," Journal of Public Economic Theory, vol.1, pp.101-137, 1999 (with M. Kaneko).
Recent Works: 
  • 向こう岸の市場(アゴラ)、勁草書房、2007年7月
  • “A Theory of Man that Creates the World,” mimeo.
  • “Abductive Inference in Game Theory,”(with T. Shimizu) mimeo.
Affiliation: 
東京大学