Language: 日本語 English

第3者罰

Author(s): 
高岸治人 ・ 山岸俊男
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本研究の目的は、second-party punishment(spp)とthird-party punishment(tpp)における意図の役割を比較することにあった。そこで本研究では、独裁者ゲームで不公正な分配をした分配者を受け手、もしく はオブザーバーが罰することのできるpunishment gameを用い、分配の際に分配者の意図を操作することでsppとtppにおける意図の役割を調べた。実験の結果、second-party、 third-partyともに意図の効果が見られた。しかし、分配者が公正分配をした際にも多くの罰が見られた。この結果は、不公正分配時での罰行動が、 実験の設定上生み出された要因によって抑制され、代わりに公正分配時に表出してしまった可能性を示唆している。本研究ではstrategy methodを用いたが、このような実験を行う際には使用は不適切なのかもしれない。