Language: 日本語 English

組織間信頼

Author(s): 
季 衛東
日付: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

このペーパーは、中国の伝統的秩序原理における信頼と不信のパラドックスを手がかりとして、制度設計の普遍主義 と特殊主義を考察し、次のような初歩的な結論に辿りついた。法家思想はあくまで主権者の威信樹立をめざし、社会の横型関係における人間の相互信頼を軽視し ていたのに対して、儒教思想は人間の相互信頼を強調するものの、統治者の臨機応変を可能にするような「不必信」の例外は認めたのである。両者がそれぞれ一 端を取って固守した結果、中国は普遍的な信頼共同体を構築することできず、社会の秩序づけにおいて特殊な人間関係の保証がきわめて重要な役割を果たしてき た。だからこそ、政府と民間の間および個人間において絶えず交渉や議論のゲームが繰り返されており、法の動態性が極めて顕著に現れている。社会に普遍的な 信頼を確立するために、特殊な人間関係も、政府の権力も制限を受けて確実性を持つような現代法治体系を構築しなければならない。こうしたなか、まず法治秩 序の担い手の意図と能力への信頼はそれこそ決定的な意義を持つが、その延長線上で民主主義的参加、法専門職自治、裁判独立、客観化解釈、判決理由の開示、 規範実効性の強化も基本的な課題になる。