Language: 日本語 English

言語の発生

公開研究会「言語の起源と進化について」

日時: 
2010年10月1日(金) 14:00-18:00
場所: 
日本財団ビル2F A会議室
発表者: 
長谷川真理子(人類学/総合研究大学院大学)
入來篤史(脳科学/理化学研究所)
橋本敬(複雑系科学/VCASI,北陸先端科学技術大学院大学)
概要: 
 1866年「パリ言語学会」は,言語の起源についてあまりにも荒唐無稽な説が次々と提出されることから,言語の起源に関する論文を受理しないとする条項を創立規約に盛り込んだという.しかし,その後もこの問題に対する人々の好奇心は尽きることがなく,20世紀に入り,ヒトを研究するアプローチがさまざまな広がりを見せるにつれて,新たな視点からこの問題に挑む可能性が大きく開けてきた.さらに,言語の「起源」ばかりでなく,その「進化」のプロセスに焦点を当てる研究もかつての歴史的な比較言語学を超えて,今日多様な広がりを見せつつある.
 ヒトとヒトが形成する社会を研究する上記のアプローチの中には,進化生物学,認知科学,脳科学,複雑系科学と,それに影響を受けた心理学,人類学,言語学等々の関連諸分野が含まれる.今日では,言語の起源と進化の問題の解明に,こうした諸分野をまたいだ学際的対話が必要であることが明らかになっている.
 今回のVCASI公開研究会では,人類学,脳科学,複雑系科学等の分野において,この問題に挑んでいる方々をお招きして,われわれが言語の起源と進化について,どこまで知りえているのか,その最先端の研究成果と課題を共有したい.また,これと合わせて,上述したようなヒトに対する研究アプローチから同じく強い影響を受けつつある,経済学や社会学等の分野の研究者との交流の中から新たなアイディアを探る場としたい.

 
ビデオあり: 
no

さる1月26日土曜日の午後

VCASI公開研究会 『社会のルールについて』

日時: 
2008年1月26日(土) 13時から18時
場所: 
東京大学本郷キャンパス 経済学部3番教室
発表者: 
青木昌彦 (スタンフォード大学;VCASI主宰)
松井彰彦 (東京大学;VCASIフェロー)
川越敏司 (公立はこだて未来大学;VCASIフェロー)
山岸俊男 (北海道大学;VCASIフェロー)
瀧澤弘和 (多摩大学;VCASIフェロー)
橋本敬  (北陸先端科学技術大学院大学;VCASIフェロー)
概要: 

●13:00-13:10
主宰挨拶---VCASIの紹介と研究会の趣旨説明---

●13:10-13:55 青木昌彦(比較制度分析)
「社会的ルールの変化」