Language: 日本語 English

「コーポレーション」プロジェクト

第5回VCASI公開フォーラム『Between Corporations and Families』

日時: 
2010年4月5日(月) 午後3:30~午後6:30
場所: 
日本財団ビル2階(http://www.vcasi.org/access.html)
発表者: 
青木昌彦(VCASI主宰、スタンフォード大学名誉教授)
鶴光太郎(RIETI上席研究員;VCASIフェロー)
玄田有史(東京大学社会科学研究所教授)
概要: 
かつて『日本的経営』とか,従業員も含めた利益共同体としての『日本企業』の特性などといったことが,おおいに語られたことがあった.コーポレーションという存在を,単に株主の価値最大化の道具と見るのではなく,従業員を含めた連携的な認知のシステム,そこに埋め込まれた集団的な規範などという側面にも注目するならば,確かにそうした議論にも,一定の意味があったといえよう.だが,いわゆる経済のグローバル化や情報化による会社企業への競争的圧力,また人口構成の急激な変化による人々の価値観の多様化や揺らぎ,その他のさまざまな要因が絡まって,従来の企業観,雇用制度,労働観は深刻な挑戦にさらされている.上に述べたような側面をも持つコーポレーションという場と,家族というようなプライベートの場のあいだを,人々がバランスよく,統合的に生きるために,会社のアーキテクチャーやガバナンス,雇用制度はどう進化しうるか,政策がなし得ることはなにか.こうした問題や関連するテーマを,これまでの学術的なディスシプリンの枠にとらわれずに議論していきたい.

タイムテーブル:
3:30~3:50 青木昌彦(VCASI) 趣旨説明
3:50~4:35 鶴光太郎(経済産業研究所):
「「雇用システムと家族:労働市場二極化の視点から」(仮題)
4:35~5:10 玄田有史(東京大学社会科学研究所):
ビデオあり: 
no

VCASIは今般、企業を含む広義の社団組織としてのコーポレーションという概念の捉え直しを、理論・実証・政策の諸領域にわたって検討する研究プロジェクト「コーポレーション」を立ち上げた。本公開フォーラムはそのキックオフといえるもので、プロジェクトメンバーを中心に今後の課題について広く採り上げ、また議論することを目的としている。フォーラムは、

(1)認知科学の成果を取り入れたコーポレーション概念の理論的検討、

(2)日本・西欧・イスラーム・中国における社団組織の比較分析、

(3) (1)(2)を踏まえたコーポレート・ガバナンスや雇用問題の検討

をそれぞれ主題とする3部より構成され、パネルには総勢15名の研究者・実務家が立った。

第4回VCASI公開フォーラム『コーポレーション』

日時: 
2009年3月28日(土) 10時から17時半
場所: 
日本財団ビル2F 大会議室
発表者: 
青木昌彦(VCASI主宰、スタンフォード大学名誉教授)
源河達史(新潟大学超域研究機構准教授;VCASIフェロー))
池上英子(New School for Social Research教授;VCASIフェロー)
池尾和人(慶應義塾大学経済学部教授;VCASIフェロー)
季衛東(上海交通大学法学院院長、神戸大学法学部教授;VCASIフェロー)
久米郁男(早稲田大学政治経済学部教授;VCASIフェロー)
宮島英昭(早稲田大学商学学術院教授;VCASIフェロー)
守島基博(一橋大学大学院商学研究科教授;VCASIフェロー)
中林真幸(東京大学社会科学研究所准教授;VCASIフェロー)
新原浩朗(経済産業省経済産業政策局産業組織課 課長)
酒井啓子(東京外国語大学大学院教授;VCASIフェロー)
瀧澤弘和(多摩大学グローバルスタディーズ学部准教授;VCASIフェロー)
谷口和弘(慶応義塾大学商学部准教授;VCASIフェロー)
鶴光太郎(RIETI上席研究員;VCASIフェロー)
植田一博(東京大学大学院総合文化研究科准教授;VCASIフェロー)
概要: 

グローバル化した世界において、企業の組織構造とコーポレート・ガバナンスはいかなるものになるのだろうか。

世界的な金融危機に直面する今日、株主志向のコーポレート・ガバナンスへの単純な収斂論には疑問が付され、この問いは一層切実なものとなっている。変化の先を見据えるためには、企業と企業を機能させる政治・社会制度との連関を見つつ、それらの果たす役割に着目することが必要である。他方、認知科学や脳科学における社会的認知に関する知見の蓄積や実験経済学の成果などから、経済学がこれまで依拠してきた、合理的個人を基礎として組織を捉えるモデルの限界が明らかになり、個人と組織の関係を分析する新たなアプローチが模索されている。企業を含む広義の社団組織としてのコーポレーションという概念の捉え直しが、理論・実証・政策の諸領域にわたって求められているといえるだろう。

今般、VCASIでは上述した問いにアプローチするべく、「コーポレーション」をテーマに研究プロジェクトを立ち上げた。本公開フォーラムはそのキックオフともいえるもので、プロジェクトメンバーを中心に今後の課題について広く採り上げ、また議論することを目的としている。

まず第1部では、集団的認知とコーポレート・ガバナンスの形態との結びつきを理論的に考察し、コーポレーションの多様化を分析する視座を提示する。続く第2部では、コーポレーションの自己統治を機能させる文化や社会規範が、それぞれの政治・社会において形成されてきた過程を、日本・中国・西欧・イスラームを事例に、比較・歴史的な視点から議論する。そして第3部では、こうした議論をふまえ、今日の経済危機や雇用問題をみるとき、いかなる政策的含意が引き出せるか議論する。

パネルには社会科学諸分野や認知科学などの研究者・実務家が立ち、ディシプリンを越えた討議を行う。
関心をお持ちの多くの方に、参加をお願いしたい。 (プロジェクトリーダー:青木昌彦)

プログラム:

(1) 第1部 コーポレーションの本質を再考する---認知システムとしての側面から
10:00-12:00
報告:青木昌彦(VCASI主宰、スタンフォード大学名誉教授)
ビデオあり: 
報告ページにビデオあり