Language: 日本語 English

Experimental Studies

Author(s): 
Toshiji Kawagoe and Takashi Ui
Date: 
Sat, 2010-05-01
Abstract: 
This paper considers a global game with ambiguity-averse players, where the variance of noise terms in private signals may be unknown, and it presents a laboratory experiment to test comparative statics results with respect to information quality. Suppose that one of the actions is a safe action yielding a constant payoff and it is a risk dominant action. Then, low quality of information makes less players choose the safe action, whereas ambiguous quality of information makes more players choose the safe action. The experimental results show that subjects' behavior is consistent with this comparative statics results.

 

Author(s): 
Ai Takeuch, Yukihiko Funaki, Mamoru Kaneko, and J. Jude Kline
Date: 
Sat, 2010-03-20
Abstract: 
We conduct an experimental study on behavior and underlying cognition in prisoner’s
dilemmas with/without role-switching from the viewpoint of inductive game
theory. Subjects start with no knowledge about his and the other’s payoffs, and
learn them through repeated play. In cases with no role-switching, a large proportion
of subjects adopt a dominant strategy. In the cases with role-switching, where
the subjects alternate positions (row and column players), the prediction by inductive
game theory that they will choose the pair of actions maximizing the simple
sum of payoffs is observed for various pairs. We study their behaviors and cognitions
from various different viewpoints. The study suggests a strong implication
about certain foundational assumptions of inductive game theory: In particular,
statistical hypothesis tests are not only used to analyze the experimental data but
also play more positive roles for inductive game theory.
Author(s): 
石黒 広昭 (著, 編集), 亀田 達也 (著, 編集), 山岸 俊男 (著), 石井 敬子 (著), 佐伯 胖 (著), 北山 忍 (著)
ISBN: 
478851186X

 

Published Date: 
Fri, 2010-01-15
Publisher: 
新曜社
Abstract: 
伝統的に心理学は、個人の心ばかりを研究し、文化や民族性など、文化的な所産としての心の研究はないがしろにされてきました。しかし今、大きく変わろうとしています。この本は、日本を代表する六人の心理学者の競演です。心を社会的に生み出されるものとして捉えながらも立場を異にする三人の心理学者が自らの考えを開陳し、さらに別の三人がそれを批判的に検討するという構成です。硬派な本ですが、スリリングな議論が楽しめること請け合いです。
Field Body: 
 
Author(s): 
藤井直敬
ISBN: 
4062880393

 

Published Date: 
Fri, 2010-02-19
Publisher: 
NTT出版
Abstract: 
「ソーシャルブレインズ」は、「社会脳」と訳される、いまもっとも注目のキーワードです。
世の中には、人の数だけ脳があります。複数の脳がやりとりをすることで、人間関係や社会はなりたっています。見方を変えれば、脳は、そのような、他者との関係や社会の中で、初めてその機能を理解できるものです。
「ソーシャルブレインズ」とは、そんな「人間関係や社会に組み込まれた状態の脳の機能」のことです。「空気を読んだり、がまんしたり、人とつきあう」脳の機能です。
これは、専門家でなくても自然に理解できる考え方です。しかし、これまでの脳科学では、ソーシャルブレインズに着目した研究を行おうとしても、技術的な「研究の壁」に阻まれていました。
この壁を破りつつあるのが、著者の藤井直敬氏です。斬新な実験方法の開発を行うと同時に、「脳も社会も、ハブを持つネットワーク構造であり、共通したアプローチで理解できるもの」という考え方から、この新しい分野を切りひらきつつあります。
本書は、そんな著者の描いた「ソーシャルブレインズ研究の俯瞰図」であり「脳科学者が何を考えながら研究しているかを率直に綴ったノート」でもあります。やわらかな感性と冴えた知性、そして、毎日出版文化賞(前著『つながる脳』NTT出版)を受賞した魅力的な文章で語る、「新しい脳科学の時代」を告げる入門書です。
Field Body: 
 
Author(s): 
Toshio Yamagishi
Date: 
Mon, 2010-02-01
Abstract: 
<!--[if gte mso 9]> <![endif]--> <!--[if gte mso 9]> <![endif]--><!--[if gte mso 10]> <![endif]-->

Humans think, communicate, and behave to adapt to a particular social ecology, and by doing so they collectively create, maintain, and change the very ecology (i.e., social niche) they adapt to. The niche construction approach to culture analyzes how people induce each other to think and behave in particular ways by behaving in particular ways themselves. The best support to this approach is found when cultural differences in cognition and behavior that are regularly observed in everyday life disappears in a social vacuum – in a situation in which people are rid of any social concern about implications of their behavior and can express their thoughts and behave free of any social concern. Examples of such experimental manipulations are presented and discussed.

Author(s): 
Toshiji Kawagoe and Hirokazu Takizawa
Date: 
Fri, 2008-10-24
Abstract: 
The centipede game is one of the most celebrated examples of the paradox of backward induction. Experiments of the centipede game have been conducted in various settings: two-person games with linearly increasing payoffs (McKelvey and Palfrey, 1992), two-person games with constant-sum payoffs (Fey, McKelvey and Palfrey, 1996) and three-person games (Rapoport et al. 2003). The deviations from the subgame-perfect equilibrium prediction observed in laboratories have so far been attributed to some kind of fairness concern or altruism of the subjects. This paper attempts to offer another explanation for the observed deviations by using level-k analysis, a non-equilibrium model of strategic thinking. We show that level-k analysis gives consistently good predictions for the results of experimental centipede games. The results suggest that experimental results of centipede games be explained without invoking fairness or altruism.
Author(s): 
ロス・M・ミラー (訳)川越敏司監訳, 望月衛訳
ISBN: 
4822245047
Published Date: 
Sun, 2008-03-02
Publisher: 
日経BP社
Abstract: 

経済学は物理や化学のように実験することができない――この常識を覆し、実験経済学という分野を確立したヴァーノン・スミスは、この業績により2002年にノーベル経済学賞を受賞した。本書は、ヴァーノン・スミスが市場実験の手法を確立していく過程をたどりながら、実験室でバブルや暴落を再現できる仕組みをわかりやすく解説する。日本では2006年1月に東京証券取引所が株式取引の全面停止に追い込まれ、機能不全に陥った。同様の事態はNY証券取引所で1997年の「ブルーマンデー」と1987年の「ブラックマンデー」でも起きている。本書ではこの二つの暴落について分析し、実験経済学の成果を応用することでこのような惨事を回避する“賢い”市場の可能性を探っている。実験経済学の背景には、ミクロ経済やマクロ経済のみならず、ここ数年で応用が進んでいるゲーム理論や経済心理学などがある。本書は、これらについても丁寧に解説しており、金融のプロのほか、一般投資家や学生も対象読者となる。

Author(s): 
川越敏司
ISBN: 
413040234X
Published Date: 
Thu, 2007-11-01
Publisher: 
東京大学出版会
Abstract: 

本書の構成は以下の通りである. 第2章では, 実験経済学の原理と方法について述べ, 実験経済学の方法論上の特徴が被験者の選好統制という側面にあることを明らかにし, 実験経済学の研究において標準的に用いられている様々な選好統制手段とその理論的根拠を詳細に記述した. 中でも, 実験経済学の基本原理とも言うべき価値誘発理論, くじによる危険回避度の実験統制, BDMメカニズムによる危険に対する態度の測定, プロパー・スコアリング・ルールによる主観確率の測定などについては詳しく説明を行っている. 第3章では, ゲーム理論実験を紹介している. ゲーム理論の体系的順序に従って, 支配戦略からはじめて, 支配される戦略の逐次消去, ナッシュ均衡, サブゲーム完全均衡, ベイジアン・ナッシュ均衡, 完全ベイジアン均衡に至るまで, ゲーム理論の主要な解概念にかかわりの深い実験を紹介した. その際, 公共財や逐次交渉など,比較的現実的で身近な意思決定状況を取り上げたので, 本章は学部レベルのゲーム理論の授業における実験演習教材としても用いることができるだろう.これまでの実験研究において観察されたナッシュ均衡やサブゲーム完全均衡からの逸脱を説明するために, 公平性と互恵性といった利他的選好にもとづくゲーム理論や, 学習・進化といった側面を取り入れた限定合理性にもとづくゲーム理論が近年発達している. これらは一括して行動ゲーム理論(Behavioral Game Theory)と呼ばれるが, 第4章では, 特に囚人のジレンマ・ゲームや交渉ゲームなどの具体例を取り上げて, これらの理論の紹介を行う.最後に, 第5章では, 最近実験経済学に対して寄せられている様々な批判を取り上げ, それに対する実験経済学側の回答を検討する. また, Camerer (2003)が提示した「実験経済学における10大未解決問題」を題材にして, 本書で追求した論点を織り込みながら, 実験経済学の将来について論じる. その中で, 均衡理論や学習理論において, プレーヤーの均衡行動がその確信と整合的になっていないという問題や, 実験経済学の基本原理である選好統制の徹底が社会的状況に埋め込まれた人間行動の本質を見失わせる危険性もあることを指摘する. これを受けて, 過去の類似した事例の経験を生かす事例ベース意思決定理論 や, 行動と確信との不整合性を明示的にモデル化する帰納的ゲーム理論や自己確証均衡 を取り上げ, さらに実験経済学の今後の展開にとって, 進化的に形成されてきた制度や社会規範が人間行動に影響を与えていること直視し,実験室環境に制度や社会規範の形成過程を取り込む新しい方法論が必要であることを述べる.

Field Body: 

Author(s): 
「脳を活かす」研究会編(西條辰義・伊佐正・川人光男監修)
ISBN: 
4274501418
Published Date: 
Thu, 2007-11-01
Publisher: 
オーム社
Abstract: 

2006年,大阪大学にて開催された「脳を活かす」研究会主催の「脳を読む」分科 会の講演記録.ニューロサイエンスという狭い枠組みではなく,音楽,マーケ ティング,経済,経済学史,芸術など様々な分野と脳活動の関連を解説.

Author(s): 
西條辰義(編著)
ISBN: 
4757122055
Published Date: 
Thu, 2007-11-01
Publisher: 
NTT出版
Abstract: 

2006年,東京大学にて開催された第10回実験経済学コンファレンスの記念ボ リューム.実験経済学の分野で活躍する研究者の成果を大学初年級の読者向けに 解説.

Author(s): 
河野 勝 (著, 編集), 西條 辰義 (編集)
ISBN: 
4326502924
Published Date: 
Tue, 2007-10-16
Publisher: 
勁草書房
Abstract: 

「経済学や政治学では物理や化学のように実験をするのは無理」。こんなイメージを根底からくつがえす、最新の知的フロンティアを紹介する珠玉の論文集

かつてのマルクス主義も近代化論も、そして構造機能主義もシステム理論も、大仰なグランドセオリーはすべて失敗した。社会科学に残った共通基盤は、方法論ではないのか?本書は、この方法論の最先端の知見である実験アプローチに基づく研究成果をまとめ、日本の読者に紹介しようという目的で編まれたものである。

Field Body: 

Author(s): 
橋本博文 ・ 山岸俊男
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本研究では、独裁者ゲームと最後通告ゲームにおける分配者の動機に着目したvan Dijk & Vermunt (2000)の実験(第一実験)を取り上げ、彼らの実験の追試を行うことによって、2つのゲームにおける実験状況の認知と、実際の行動との関連を調べた。 彼らの実験手続きを踏襲し、101名の参加者を対象に追試を行ったところ、独裁者ゲームの分配者はゲーム状況を“モラルが試される状況”として認知しやす い一方、最後通告ゲームの参加者は、独裁者ゲームの参加者よりも“競争力が試される状況”として認知しやすいことが事後質問紙において示された。このこと は、独裁者ゲームの参加者は平等規範に従って行動する一方、最後通告ゲームの参加者は戦略的な動機に従って行動するというvan Dijk & Vermunt (2000)の予測ないし実験結果と概ね合致する結果といえる。ただし本研究においては、実際の行動指標において、最後通告ゲームの分配者が戦略的な動機 に従って公正な分配をしているという彼らの実験結果を十分に再現することはできなかった。そのため、追試上の問題点を検討するとともに、彼らの実験結果を 再考した。

Author(s): 
Toshiji Kawagoe and Hirokazu Takizawa
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

We conduct experiments of a cheap-talk game with incomplete information in which one sender type has an incentive to misrepresent her type. Although that Sender type mostly lies in the experiments, the Receiver tends to believe the Sender's messages. This confirms "truth bias" reported in communication theory in a one-shot, anonymous environment without nonverbal cues. These results cannot be explained by existing refinement theories, while a bounded rationality model explains them under certain conditions. We claim that the theory for the evolution of language should address why truthful communication survives in the environment in which lying succeeds.

Author(s): 
Shunichiro Sasaki and Toshiji Kawagoe
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

We conducted a field experiment on the Internet and investigated the participants' belief updating in an individual learning environment where they observe a sequence of private signals and in a social learning environment where they observe a sequence of other people's actions. We observed that participants do not update their posterior beliefs as efficiently as Bayesian, and that participants rely more on private signals than on other people's actions even when the informativeness of both is identical. Furthermore, we confirmed that participant's trust in other people's actions and their conformity to other people's actions are affected by their demographic characteristics.

Author(s): 
Hakan Holm and Toshiji Kawagoe
Date: 
Fri, 2008-02-01
Abstract: 

This paper investigates face-to-face lying and beliefs associated with it. In experiments in Sweden and Japan, subjects answer questions about personal characteristics, play a face-to-face sender-receiver game and participate in an elicitation of lie-detection beliefs. The previous finding of too much truth-telling (compared to the equilibrium prediction) also holds in the face-to-face setting. A new result is that although many people claim that they are good at lie-detection, few reveal belief in this ability when money is at stake. Correlations between the subjects' characteristics and their behavior and performances in the game are also explored.

Author(s): 
Toshiji Kawagoe
Date: 
Fri, 2008-03-07
Abstract: 

In this paper, a variant of Kiyotaki and Wright model of emergence of money is investigated. In the model, each good has different durability rather than storage cost assumed in Kiyotaki and Wright model. Two goods are infinitely durable but one is not durable. With certain condition, non durable good can be money as a medium of exchange. But equilibrium condition may be sensitive to the time evolution of the distribution of goods that each agent holds in its inventory. We test, with several learning models using different level of information, whether or not the steady state in this economy can be attainable if the distribution of goods is far from the steady state distribution. Belief learning with full information outperforms other models. The steady state never be attained by belief learning with partial information. Agents learn not to use non durable good as money by reinforcement learning which does use no information of the distribution of goods. It is surprising that providing partial information of the distribution of goods is rather detrimental for attaining emergence of a non-durable good money.

Author(s): 
Toshiji Kawagoe and Hirokazu Takizawa
Date: 
Mon, 2008-03-10
Abstract: 

We present the experimental results of cheap-talk games with private information. We systematically compare various equilibrium refinement theories and bounded rationality models such as level-k analysis in explaining our experimental data. As in the previous literature, we find that when interests between sender and receiver are aligned, informative communication arises frequently. While babbling equilibrium play is observed more frequently in conflictive interest cases, a substantial number of players show a tendency to choose truth-telling and credulous play. We also find that level-k analysis outperforms equilibrium refinement theories in explaining this phenomenon. Our results also confirm the existence of the “truth bias” and “truth-detection bias” reported in communication theory.

Author(s): 
高岸治人 ・ 山岸俊男
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本研究の目的は、second-party punishment(spp)とthird-party punishment(tpp)における意図の役割を比較することにあった。そこで本研究では、独裁者ゲームで不公正な分配をした分配者を受け手、もしく はオブザーバーが罰することのできるpunishment gameを用い、分配の際に分配者の意図を操作することでsppとtppにおける意図の役割を調べた。実験の結果、second-party、 third-partyともに意図の効果が見られた。しかし、分配者が公正分配をした際にも多くの罰が見られた。この結果は、不公正分配時での罰行動が、 実験の設定上生み出された要因によって抑制され、代わりに公正分配時に表出してしまった可能性を示唆している。本研究ではstrategy methodを用いたが、このような実験を行う際には使用は不適切なのかもしれない。

Author(s): 
鈴木 直人 ・ 高橋 知里 ・ 山岸 俊男
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本研究の目的は日本人の集団主義的行動の背後にあるメカニズムを明らかにすることにある。本研究では日本社会の 構造的特徴を集団の閉鎖性にあると仮定した上で、日本型社会構造を抽象化した村八分ゲームを日本人の参加者にプレイさせ、彼らの相互協調的自己呈示の変化 を調べた。実験では、39名の参加者を、相互協調性尺度への回答が他者に知らされる自己呈示条件と、そのような教示をしない自己知覚条件の2条件に割り振 り、村八分ゲームの前後での相互協調性を測定した。実験の結果、自己呈示条件では村八分ゲーム後に相互協調性の尺度得点が上昇し、自己知覚条件では相互協 調性が低下した。この結果は、日本人の自己認識は必ずしも集団主義的ではないが、集団からの排除を回避する為の社会的適法方略として謙虚な自己呈示をする ということを示唆している。

Author(s): 
堀田結孝 ・ 山岸俊男
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

社会的アイデンティティが内集団ひいきを生起させるとする社会的アイデンティティ理論およびSimpson (2006)に対して、内集団ひいきは集団内での適応戦略であると説明する集団協力ヒューリスティクス仮説の妥当性を検討するために、最小条件集団を用い た順序PDが実施された。実験では、相手が自分の所属集団を知っている“相互知識条件”と、相手は自分がどちらの集団に所属しているかを知らない“一方向 知識条件”が加えられた。参加者は全員第2プレイヤーに割り当てられ、相手から全面的協力を受けた後、相手にどの程度協力するかを決定した。実験の結果、 相互知識条件では内集団ひいきが観測されたが、一方向知識条件では観測されておらず、内集団ひいきは集団内の一般互酬システムへの適応戦略であるとする集 団協力ヒューリスティクス仮説の妥当性を示す結果であった。