Language: 日本語 English

制度設計/ゲーム工学

第3.5回(臨時)学校選択制デザイン研究会『Tokyo学校選択制メカニズム』

日時: 
2008年12月9日(火)13:00から
場所: 
日本財団ビル2階 第1会議室
発表者: 
友枝健太郎氏(東京大学大学院)
佐藤孝弘氏(東京財団)
概要: 
メカニズムデザイン理論やマッチング理論の学校選択制への応用に関する最新の学術論文の輪読を通じ、実際に全国各地で導入が進められている学校選択制について現状分析や政策提言を行なっていく上でのひとつの理論的基礎を身につけると同時に、必要に応じてそれらの理論に基づくアプローチの限界や補完的アプローチの可能性について検討することを目指します。
臨時開催となりました第3.5回の今回は、以下の文献に関する報告です。
  1. 「日本の学校選択制における制度設計---マッチング理論を用いた分析---」(友枝氏)
  2. 「地方自治体の現状について」(佐藤氏)

内外の実務家、研究者、学生の皆様のご参加を広く歓迎いたします。参加を希望する方は下記のアドレスへメールをお送りください。

event_at_vcasi.org

なお、学校選択制デザインプロジェクトの詳細については学校選択制デザインプロジェクトウェブサイトでご確認ください。

第3回学校選択制デザイン研究会『New York学校選択制メカニズム』

日時: 
2008年12月2日(火)13:00から
場所: 
日本財団ビル3階 A会議室
発表者: 
友枝健太郎氏(東京大学大学院)
概要: 
メカニズムデザイン理論やマッチング理論の学校選択制への応用に関する最新の学術論文の輪読を通じ、実際に全国各地で導入が進められている学校選択制について現状分析や政策提言を行なっていく上でのひとつの理論的基礎を身につけると同時に、必要に応じてそれらの理論に基づくアプローチの限界や補完的アプローチの可能性について検討することを目指します。
第3回の今回は、以下の文献に関する報告です。
  1. A Abdulkadiroglu, PA Pathak, AE Roth. (2005). "The New York City High School Match." American Economic Review.
  2. A Abdulkadiroglu, PA Pathak, AE Roth. (2008). "Strategy-proofness vs. Efficiency in Matching with Indifferences: Redisigning the NYC High School Match." Mimeo.

内外の実務家、研究者、学生の皆様のご参加を広く歓迎いたします。参加を希望する方は下記のアドレスへメールをお送りください。

event_at_vcasi.org

なお、学校選択制デザインプロジェクトの詳細については学校選択制デザインプロジェクトウェブサイトでご確認ください。

Author(s): 
横尾真
ISBN: 
4501541407
Published Date: 
Thu, 2006-06-01
Publisher: 
東京電機大学出版局
Abstract: 
オークション理論およびその基礎となるゲーム理論についてわかりやすく解説。通常のゲーム理論の本では扱われない内容や、組合せオークションなどの情報科学とゲーム理論の境界領域の最先端の研究内容についても紹介する。
Field Body: 

Author(s): 
渡辺隆裕
ISBN: 
4532133467
Published Date: 
Tue, 2008-04-08
Publisher: 
日本経済新聞出版社
Abstract: 
【経済学から政治学、経営学まで、いまやゲーム理論抜きでは理解は不可能だ。基礎知識から実際の意思決定にどう生かすかまで、事例を駆使して親切丁寧に解説する、待望の包括的テキスト】
●意思決定を科学する
ゲーム理論とは複数の意思決定主体が、その意思決定に関して相互作用する状況を研究する学問。意思決定主体とは、個人であったり、企業であったり、時には国家であったりし、現在考えている問題で、1つのまとまった意思決定ができると認識できる単位である。このような、意思決定をする主体が2 つ以上あり、それらが相互に影響を及ぼしあいながら意思決定を行う時に、どのように行われるか、又はどのように行われるべきか、に対する理論がゲーム理論である。例えば、新製品の開発を行う企業の意思決定は、同業他社の決定に大きく左右されるであろうし、国家間の交渉で、強硬に出るか妥協するかなどは相手国の出方に影響を受けるだろう。自分が意思決定を行うときには、「相手がどうするか」を必ず考えなければならない。そこでは「自分たちがこうすれば、相手はこうする。だから自分たちのとる戦略はこうだ」と相手の出方を考えて、意思決定を行わなければならない。ゲーム理論は経営や政策を初めとする複数の主体の利害が絡むような意思決定の場面を「ゲーム」と捉えて分析しようとする意思決定の科学である。
ゲーム理論は1970 年代,80 年代の研究の成果を経て、90 年代からは経済学の中心的な分析手法として盛んに用いられるようになった。現在は経済学以外にも応用範囲を広げ、経営学・社会学・政治学・法学・生物学などの多くの分野に用いられている。
Field Body: 

First Name(English): 
Takahiro
Last Name(English): 
Watanabe

 

Speciality: 

ゲーム理論

Interests: 

オークション(特に複数財のオークション)、競争状況下でのリアルオプション

Recent Thoughts: 

【実務へのアプローチとして】VCASIの活動を通し、ビジネスマンや政策に携わる方でオークションや入札の問題に直面している様々な分野の実務家の方々を集め、チュートリアルやコンファレンスを開き、実務家の方の抱えている問題を共有すると共に、数学を用いないでメカニズムデザインやオークション理論のエッセンスを伝えることができるといいなと思っています。
【理論的な課題として】1財を扱うオークションは、弱い意味での戦略的代替性(准優モジュラ性)が成立し、これにより均衡分析の理論が整備されています。このアイディアを複数の財のオークションに応用できないだろうかと考えています。また競争下での投資評価モデルについて、戦略的代替性を持つマルコフゲームの応用を発展させたいと考えています。

Publications: 
  • ゼミナールゲーム理論入門,日本経済新聞社,2008. 
  • "A Choice of Auction Format in Seller Cheating: A Signaling Game Analysis," (with Takehiko Yamato), Economic Theory, vol. 36, No.1, 57--80, 2008.
  • "The Investment Game under Uncertainty: An Analysis of Equilibrium Values in the Presence of First and Second Mover Advantage," (with Juinichi Imai), in Stochastic Processes and Applications to Mathematical Finance, (eds. J. Akahori, S. Ogawa and, S. Watanabe), 151-172, Scientific Pub 2006.
Recent Works: 
  • Existence of a Pure Strategy Equilibrium in Markov Games with Strategic Complementarities for Finite Actions and States (with Hideaki Yamashita), 現在執筆中
  • 「ゲーム理論のキーワード」,現代思想, 44-57, vol.36, 2008.
  • 「なぜリアルオプションとゲームか」, オペレーションズリサーチ, vol.53, No.11, 614-619, 2008.
Affiliation: 
首都大学東京

第2回学校選択制デザイン研究会『Boston学校選択制メカニズム』

日時: 
2008年11月18日(火)13:00から
場所: 
日本財団ビル3階 A会議室
発表者: 
成田悠輔氏(VCASI研究助手)
概要: 
メカニズムデザイン理論やマッチング理論の学校選択制への応用に関する最新の学術論文の輪読を通じ、実際に全国各地で導入が進められている学校選択制について現状分析や政策提言を行なっていく上でのひとつの理論的基礎を身につけると同時に、必要に応じてそれらの理論に基づくアプローチの限界や補完的アプローチの可能性について検討することを目指します。
第2回の今回は、以下の文献に関する報告です。
  1. A Abdulkadiroglu, PA Pathak, AE Roth, T Sonmez. (2005). "The Boston Public School Match." American Economic Review.
  2. A Abdulkadiroglu, PA Pathak, AE Roth, T Sonmez. (2006). "Changing the Boston School Choice Mechanism: Strategy-proofness as Equal Access." Mimeo.

内外の実務家、研究者、学生の皆様のご参加を広く歓迎いたします。参加をご希望の方は下記のアドレスへメールをお送りください。

event_at_vcasi.org

なお、学校選択制デザインプロジェクトの詳細については、学校選択制デザインプロジェクトページにてご確認ください。

First Name(English): 
Makoto
Last Name(English): 
Yokoo

 

Speciality: 

計算機科学

Interests: 

ゲーム理論,メカニズムデザイン,人工知能

Recent Thoughts: 
ゲーム理論における様々な仮定(合理的なエージェント等)は,人間に対してよりも,計算機上の人間の代行をするソフトウェア(計算機エージェント)に対して適用することがふさわしいように感じています.人間および計算機エージェントの混在した環境下でのメカニズムデザイン,計算機を用いたメカニズムデザイン等に興味を持って研究を進めています.
Publications: 
  • Makoto Yokoo, Yuko Sakurai, and Shigeo Matsubara, ``Robust Double Auction Protocol against False-name Bids'', Decision Support Systems, Vol.39, pp.241-252, May, 2005.
  • Makoto Yokoo, Yuko Sakurai, and Shigeo Matsubara, ``The Effect of False-name Bids in Combinatorial Auctions: New Fraud in Internet Auctions'', Games and Economic Behavior, Volume 46, Issue 1, pp. 174-188, 2004. 
  • ``Distributed Constraint Satisfaction: Foundation of Cooperation in Multi-agent Systems'', Springer, 2000.
Recent Works: 
  • Naoki Ohta, Vincent Conitzer, Yasufumi Satoh, Atsushi Iwasaki, and Makoto Yokoo, ``Anonymity-Proof Shapley Value: Extending Shapley Value for Coalitional Games in Open Environments'', Seventh International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi-Agent System (AAMAS-2008), 2008.
  • Makoto Yokoo, and Atsushi Iwasaki, ``Making VCG More Robust in Combinatorial Auctions via Submodular Approximation'' Twenty-second National Conference on Artificial Intelligence (AAAI-2007), 2007.
  • 横尾 真, ``オークション理論の基礎'', 東京電機大学出版局, 2006.
Affiliation: 
九州大学大学院

第1回学校選択制デザイン研究会『学校選択制へのメカニズムデザインアプローチと実験』

日時: 
2008年11月4日(火)13:00から
場所: 
日本財団ビル3階 A会議室
発表者: 
瀧澤弘和氏(多摩大学:VCASIフェロー)
渡邊泰典氏(東京大学大学院ものづくり経営研究センター:VCASI助手)
概要: 
このたびVCASIでは、新たにフェローに加わっていただいた安田洋祐氏(政策研究大学院大学)らを中心に「学校選択制デザインプロジェクト」(SchoolChoiceDesignProject)を立ち上げ、地方自治体と連携しつつメカニズムデザイン理論などの理論的裏付けに基づく学校選択制についての現状分析および政策提言を行なっていくことになりました。
この研究会では、メカニズムデザイン理論やマッチング理論の学校選択制への応用に関する最新の学術論文の輪読を通じ実際に全国各地で導入が進められている学校選択制について現状分析や政策提言を行なっていく上でのひとつの理論的基礎を身につけると同時に、必要に応じてそれらの理論に基づくアプローチの限界や補完的アプローチの可能性について検討することを目指しています。
第1回目研究会の今回は以下の文献に関する報告を行います。
  1. A Abdulkadiroglu and T Sonmez. (2003). "School Choice: A Mechanism Design Approach." American Economic Review.
  2. Y Chen and T Sönmez. (2006). "School Choice: An Experimental Study."Journal of Economic Theory.
  3. J Pais and Á Pintér. (2008). "School Choice and Information: An Experimental Study on Matching Mechanisms." Games and Economic Behavior.

内外の実務家、研究者、学生の皆様のご参加を広く歓迎いたしますので、参加を希望する方は下記のアドレスへメールをお送りください。

event_at_vcasi.org

なお、学校選択制デザインプロジェクトの詳細や連続研究会の他の日程については学校選択制デザインプロジェクトウェブサイトでご確認ください。

第6回VCASIセミナー『社会科学における実験という方法』

日時: 
2008年11月4日(火)18時から
場所: 
日本財団ビル3階A会議室
発表者: 
塩沢由典氏(複雑系経済学、進化経済学/中央大学)
コーディネーター: 
川越敏司氏(はこだて未来大学;VCASIフェロー)
概要: 
塩沢先生は研究活動を数学から経済学へ転向されて以来、線形経済学(特にスラッファ)や複雑系科学、進化経済学の研究に従事され、限定合理性概念について早くから提唱してこられた。また大阪市立大学大学院創造都市研究科研究科長に着任される前後に、ベンチャー企業や都市開発などの実践にも関わってこられた一方で、情報工学の研究者と共に、先物市場のシミュレーションであるU-martシステムの開発を行い、市場シミュレーションの研究にも関わってこられた。今回のセミナーではこうした先生のご経歴を背景にして、社会科学における実験手法についての概観を与えるような報告をお願いしました。

参加を希望する方は下記のアドレスへメールをお送りください。
                 event_at_vcasi.org

 

Author(s): 
Fuhito Kojima and Mihai Manea
Date: 
Tue, 2008-09-02
Abstract: 
In the random assignment problem, the probabilistic serial mechanism (Bogomolnaia and Moulin 2001) is ordinally e±cient and envy-free, but not strategy-proof. However, we show that agents have incentives to state their ordinal preferences truth-fully when the market is su±ciently large. Given a fixed set of object types and an agent with a fixed expected utility function over these objects, if the number of copies of each object type is su±ciently large, then truthful reporting of ordinal preferences is a weakly dominant strategy for the agent (for any set of other participating agents and their possible preferences). The better e±ciency and fairness properties of the prob-abilistic serial mechanism, together with the non-manipulability property we discover, support its implementation in many circumstances instead of the popular random serial dictatorship.
Author(s): 
John William Hatfield and Fuhito Kojima
Date: 
Wed, 2008-09-17
Abstract: 
We consider the matching with contracts framework of Hatfield and Milgrom (2005), and we introduce new concepts of bilateral and unilateral substitutes. We show that bilateral substitutes is a sufficient condition for the existence of a stable allocation in this framework. However, the set of stable allocations does not form a lattice under this condition, and there does not necessarily exist a doctor-optimal stable allocation. Under a slightly stronger condition, unilateral substitutes, the set of stable allocations still does not necessarily form a lattice with respect to doctors' preferences, but there does exist a doctor-optimal stable allocation, and other key results such as incentive compatibility and the rural hospitals theorem are recovered.
First Name(English): 
Fuhito
Last Name(English): 
Kojima
Speciality: 

ゲーム理論、マーケットデザイン

Interests: 

マッチング、学校選択制度、投票行動

Recent Thoughts: 

専門はゲーム理論、特にマッチング・マーケットデザインです。マーケットデザインは近年急速に発展した経済学やコンピュータサイエンスなどの学際分野で、研修医マッチング、臓器交換プログラム、学校選択制度の設計などへ応用されています。これまでの研究で、これらのマーケットに実際に使われている制度や新しく提案された制度のかどのように働くかを解明することに一定の成果を挙げてきました。最近では学校選択制度などに応用可能な新しい制度を設計することを目指して研究を進めています。

Publications: 
  • Asymptotic Equivalence of Probabilistic Serial and Random Priority Mechanisms (2008), with Yeon-Koo Che, forthcoming, Econometrica.
  • Incentives and Stability in Large Two-Sided Matching Markets (2009), with Parag A. Pathak, American Economic Review 99, pp 608–27.
  • Axioms for Deferred Acceptance (2007), with Mihai Manea, forthcoming, Econometrica
Recent Works: 
  • Incentives in the Probabilistic Serial Mechanism (2007), with Mihai Manea, forthcoming, Journal of Economic Theory Substitutes and Stability for Matching with Contracts (2007), with John William Hatfield, forthcoming, Journal of Economic Theory
  •  Implementing Random Assignments: A Generalization of the Birkhoff-von Neumann Theorem (2009), with Eric Budish, Yeon-Koo Che, and Paul Milgrom
  • The `Boston' School Choice Mechanism (2010), with M. Utku Ünver
Affiliation: 
スタンフォード大学経済学部
First Name(English): 
Yosuke
Last Name(English): 
Yasuda

 

Speciality: 

ゲーム理論、ミクロ経済学

Interests: 

マーケット・デザイン、繰り返しゲーム、電子マネーのミクロ経済分析

Recent Thoughts: 

<!--[if gte mso 9]> Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4 <![endif]--><!--[if gte mso 9]> <![endif]--><!--[if gte mso 10]> <![endif]--> <!--[if gte mso 9]> Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4 <![endif]--><!--[if gte mso 9]> <![endif]--><!--[if gte mso 10]> <![endif]-->マーケット・デザインは経済学において近年注目を集めている新しい分野である。理想的な市場制度の持つ望ましい性質の解明に明け暮れた従来の経済学とは対照的に、マーケット・デザインでは「市場の失敗を克服してどのように市場を改善・設計すればよいか?」という具体的な処方箋を探求する。理論的に望ましいとされるライセンス・オークションや学校選択制度の研究等を通じてこの分野への学術的な貢献を行うとともに、将来的にはそこで得られた知見を現実の制度設計へ還元したいと考えている。

Publications: 
  • 『オークションによる最適参入規制―最適参入オークションの理論』社会科学研究,第55巻,第3・4合併号, pp121-138, 2004.
  • 『学校選択制のデザイン ゲーム理論アプローチ』(編著、NTT出版), 2010.
  • 電子マネーとポイントカードのスイッチングコスト分析, オペレーションズ・リサーチ, vol.55(1): 19-24, 2010.
Recent Works: 
  • Resolving Conflicting Preferences in School Choice: "Boston"Mechanism Reconsidered (with Atila Abdulkadiroglu and Yeon-Koo Che)forthcoming, American Economic Review.
  • Expanding "Choice" in School Choice (with Atila Abdulkadiroglu and Yeon-Koo Che) mimeo.
  • Understanding Stable Matchings: A Non-Cooperative Approach (with Michihiro Kandori and Fuhito Kojima) mimeo.
Affiliation: 
政策研究大学院大学
First Name(English): 
Tatsuyoshi
Last Name(English): 
Saijo
Speciality: 

制度設計工学,実験社会科学

Interests: 

日本人はいじわるがお好き?,温暖化対策の制度設計,公共財供給の理論と実験,オークションにおけるスパイト行動,fMRIによる人間行動分析

Recent Thoughts: 

20世紀は、人間行動という多次元(無限次元?)物体とそれらの連関を、たとえば経済学はインセンティブ、心理学はイモーション、社会学はノルム、政治学はパワーなどという分野固有の概念を軸に眺めてきた時代だったのではないのでしょうか。ところが、20世紀の後半から今世紀のはじめにかけて、私たちは分野固有の「刀」では、人間行動をうまく記述・分析できないことに気づき始めています。温暖化を含めて激変する自然・社会環境の中で機能する制度設計の基礎となる人間行動分析の新たなアプローチを模索しはじめているところです。

Publications: 
  • Saijo, T., T. Sjostrom, and T. Yamato, "Secure Implementation," Theoretical Economics, Vol. 2(3), pp. 203-229, 2007.
  • Aoki, K., Y. Ohtsubo, A. Rapoport, and T. Saijo, "Effects of Prior Investment and Personal Responsibility in a Simple Network Game," Current Research in Social Psychology (Vol. 13, No. 2), p10-21, 2007.
  • 「脳を活かす」研究会編『ブレイン・デコーディング:脳情報を読む』(西條辰義・伊佐正・川人光男監修)オーム社,2007年
Recent Works: 
  • Shen, J., and T. Saijo, "Reexamining the Relations between Socio-demographic Characteristics and Individual Environmental Concern: Evidence from Shanghai Data," forthcoming in Journal of Environmental Psychology.
  • Saijo, T., "Spiteful Behavior in Voluntary Contribution Mechanism Experiments," forthcoming in Handbook of Experimental Results, Eds., Charles Plott and Vernon Smith.
  • Konow, J., T. Saijo, and K. Akai, “Morals and Mores?: Experimental Evidence on Equity and Equality from the US and Japan,” mimeo., December 2007.
Affiliation: 
大阪大学社会経済研究所、大阪大学サステイナビリティサイエンス研究機構
First Name(English): 
Akihiko
Last Name(English): 
Matsui
Speciality: 

ゲーム理論、経済学

Interests: 

社会的障害、慣習と規範、帰納論的ゲーム理論

Recent Thoughts: 

人々は経験から社会像を創る。この営みは、人間を動物か ら区別するために必要なものであると同時に、さまざまな偏見を生み出す源泉ともなっている。この問題を理論面からは帰納論的ゲーム理論の構築を通じて読み 解き、現実面・応用面からは社会的障害(Disability)の研究を通じて読み解き、さらに両者を統合していくことで、新しい分野を創設したい。

Publications: 
  • 慣習と規範の経済学、東洋経済新報社、2002年
  • "Cheap-Talk and Cooperation in a Society," Journal of Economic Theory, vol.54, pp.245-258, 1991.
  • "Inductive Game Theory: Discrimination and Prejudices," Journal of Public Economic Theory, vol.1, pp.101-137, 1999 (with M. Kaneko).
Recent Works: 
  • 向こう岸の市場(アゴラ)、勁草書房、2007年7月
  • “A Theory of Man that Creates the World,” mimeo.
  • “Abductive Inference in Game Theory,”(with T. Shimizu) mimeo.
Affiliation: 
東京大学

VCASI公開研究会『社会のルールについてII』

日時: 
2008年3月29日(土) 13時から1時
場所: 
日本財団ビル 2階A会議室
発表者: 
瀧澤弘和氏(多摩大学;VCASIフェロー)
橋本敬(北陸先端科学技術大学院大学;VCASIフェロー)
成田悠輔(VCASI助手)
概要: 

去る2008年1月26日に開催された公開研究会『社会のルールについてⅠ』の議論を深めること、そして下記3つのレポート・セッションで提示される具体的な内容を手掛りに一般的なイシューについて討論することを目的に、『社会のルールについてII』を開催する。
ジョーゼフ・ヒース
        規範の合理的説明.
        信念,選好,規範などに関するディスコースの体系を通じた制度変化.
橋本敬
        制度を所与にした行動と制度選択との間のインタラクション.
ハーバート・ギンタス
        相関均衡としての社会規範.
        ゲームの均衡プレーに対する(nearly)必要十分条件としての共通事前分布の仮定の解釈.

タイムテーブル:
13:00-13:15 イントロダクション(瀧澤)
13:15-13:30 レポート・セッションα(瀧澤 on ジョーゼフ・ヒースの社会規範理論)
13:30-14:05 ディスカッション・セッションα(コーディネーター:青木)

さる1月26日土曜日の午後

VCASI公開研究会 『社会のルールについて』

日時: 
2008年1月26日(土) 13時から18時
場所: 
東京大学本郷キャンパス 経済学部3番教室
発表者: 
青木昌彦 (スタンフォード大学;VCASI主宰)
松井彰彦 (東京大学;VCASIフェロー)
川越敏司 (公立はこだて未来大学;VCASIフェロー)
山岸俊男 (北海道大学;VCASIフェロー)
瀧澤弘和 (多摩大学;VCASIフェロー)
橋本敬  (北陸先端科学技術大学院大学;VCASIフェロー)
概要: 

●13:00-13:10
主宰挨拶---VCASIの紹介と研究会の趣旨説明---

●13:10-13:55 青木昌彦(比較制度分析)
「社会的ルールの変化」