Language: 日本語 English

物理学

First Name(English): 
Naoki
Last Name(English): 
Masuda

 

Speciality: 

複雑ネットワーク,数理生物学,脳の理論

Interests: 

感染ダイナミクス,協力行動の進化,集団意見形成,神経経済学

Recent Thoughts: 

複雑ネットワークと脳は,一見関係ない研究テーマであり,関連をさほど意識しないで研究している.ただ,人の社会は複雑なネットワークを成し,脳が社会的な行動を生み出す,ということで,大きな目標としては,人の社会行動の理解や何らかの意味での応用を目指したい.直接関係しない論文を書いているときも,私なりに人の社会行動の理解へと向かっているつもりである.

Publications: 
  • 増田 直紀, 今野 紀雄. 複雑ネットワークの科学. 産業図書 (2005).
  • N. Masuda. Participation costs dismiss the advantage of heterogeneous networks in evolution of cooperation. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 274, 1815-1821 (2007).
  • N. Masuda, B. Doiron. Gamma oscillations of spiking neural populations enhance signal discrimination. PLoS Computational Biology, 3, e236, 2348-2355 (2007).
  • 増田 直紀, 今野 紀雄. 複雑ネットワーク―基礎から応用まで. 近代科学社(2010)
Recent Works: 
  • N. Masuda, H. Ohtsuki. A theoretical analysis of temporal difference learning in the iterated Prisoner's Dilemma game. Bulletin of Mathematical Biology, 71, 1818-1850 (2009).
  • N. Masuda. Immunization of networks with community structure. New Journal of Physics, 11, 123018 (2009).
  • N. Masuda, Y. Kawamura, H. Kori. Collective fluctuations in networks of noisy components. Preprint: arXiv:0911.5013
Affiliation: 
東京大学 大学院情報理工学系研究科
First Name(English): 
Takashi
Last Name(English): 
Hashimoto
Speciality: 

複雑系,進化言語学,知識科学,人工生命,進化経済学

Interests: 

ルールダイナミクス、制度の生成・維持・変化のダイナミクス、言語の起源と進化,生物進化・個体学習・社会学習の相互作用

Recent Thoughts: 

複雑な制度を作り、それに従い、そして、変えていくというのは、社会的な生物であり高い適応能力を持つヒト特有の性質であろう。このような性質自体の進化と、その性質の上に作られる制度の進化を統一的に考えられないだろうか。ここで鍵になる概念は、「ルールに則った行動がルール自体を変えていく」という「ルールダイナミクス」です。これは、制度の形成・維持・変化などの文化進化や、進化・発達といった生物学的行動の変化まで、いろいろなダイナミクスへの視点になるのではないだろうか。最近、「公共心」と「好奇心」がヒトが進化の結果たどり着いた擬合理装置的特徴かも知れないと思っている。この二つをベースにしたルールダイナミクスにより、制度や言語の起源・進化のダイナミクスを描き出す、というのを当面の夢としておこう。

Publications: 
  • 瀬名秀明,橋本敬,梅田聡,『境界知のダイナミズム』岩波書店(2006)
  • Takashi Hashimoto, Evolutionary linguistics and evolutionary economics, Evolutionary and Institutional Economics Review , 3(1), 27-46, (2006)
  • Takashi Hashimoto, The constructive approach to the dynamic view of language, In: Simulating the Evolution of Language, Angelo Cangelosi and Domenico Parisi (Eds.), Springer Verlag, pp.307-324 (2001)
Recent Works: 
  • Takashi Hashimoto, et al., Evolutionary constructive approach for studying dynamic complex systems, To appear in: Recent Advances in Modelling and Simulation, Aleksandar Lazinica (Ed.), pp. 111-136, I-Tech Books, 2008
  • Takashi Hashimoto and Masaya Nakatsuka, Cognitive modeling of grammaticalization – what cognitive tendencies do bring unidirectional meaning change? (仮題),in preparation
  • 橋本敬,冨士本大哲,語ることについて,「こころのたねとして」~記憶と社会をつなぐアートプロジェクト~,岩淵拓郎,原口剛,上田假奈代(編),pp. 148-159,特定非営利活動法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
Affiliation: 
北陸先端科学技術大学院大学