Language: 日本語 English

意図

Author(s): 
高岸治人 ・ 山岸俊男
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本研究の目的は、second-party punishment(spp)とthird-party punishment(tpp)における意図の役割を比較することにあった。そこで本研究では、独裁者ゲームで不公正な分配をした分配者を受け手、もしく はオブザーバーが罰することのできるpunishment gameを用い、分配の際に分配者の意図を操作することでsppとtppにおける意図の役割を調べた。実験の結果、second-party、 third-partyともに意図の効果が見られた。しかし、分配者が公正分配をした際にも多くの罰が見られた。この結果は、不公正分配時での罰行動が、 実験の設定上生み出された要因によって抑制され、代わりに公正分配時に表出してしまった可能性を示唆している。本研究ではstrategy methodを用いたが、このような実験を行う際には使用は不適切なのかもしれない。

Author(s): 
堀田結孝 ・ 山岸俊男
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

最後通告ゲームにおいて,相手の責任や意図とは無関係に生じた不公正分配の拒否が観測されるかどうかを検証する と共に,その拒否が不公正結果に対する嫌悪によって生じた行動であるかを検討するために,137名を対象とした最後通告ゲームと独裁者ゲームを実施した。 参加者は,最後通告ゲームで受け手の役割に割り当てられ,不公正分配の提案を受け入れるか拒否するかを決定した。最後通告ゲームでは,提案者が意図的に不 公正分配を行う“意図あり条件”と,提案者の意図とは無関係に不公正分配が生じる“意図なし条件”の2つの条件が個人間要因として操作された。更に、参加 者は最後通告ゲーム終了後,独裁者ゲームに分配者として参加し、相手へ分配する金額を決定した。実験の結果,意図なし条件でもわずかながら拒否者が観測さ れ,また意図なし条件での拒否者は受け入れ者よりも、独裁者ゲームで公正分配を行う傾向にあった。実験結果は,相手の意図とは無関係に生じた不公正分配の 拒否は,純粋に公正結果を追求する動機に基づく行動である可能性を示唆している。

Author(s): 
高岸治人 ・高橋伸幸 ・ 山岸俊男
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

人々は、資源の不公平な分配などの不公正な状況に直面した際に、多くの場合、その不公正を是正しようとする傾向 を持つ。これまでの最後通告ゲームでの実験によって、行為者の不公正な意図が、不公正の直接の被害者による不公正是正行動に重要な役割を果たしていること が示されてきた。本研究では、同じ研究方法を用いて、第三者が行う不公正是正行動においても、行為者の不公正な意図が重要な役割を果たしているかどうかを 実験によって検証した。実験の結果、意図の効果は見られたものの、意図がない状況でも、多くの参加者が不公正是正行動をとることが示された。これらの結果 は、第三者による不公正是正行動では、“不公正な意図”はもとより“不公正な結果”が重要な役割を果たしていることを示唆している。