Language: 日本語 English

ambiguity

第15回VCASIセミナー「Ambiguity and Risk in Global Games---Theory, Applications, and Experiments」(宇井貴志先生)

日時: 
2009年9月2日(水)13:00-15:00
場所: 
日本財団ビル3階A会議室
発表者: 
宇井貴志(VCASIフェロー、横浜国立大学経済学部教授)
概要: 
プレイヤーがmaxmin期待効用をもつグローバルゲームの理論と応用について説明する。maxmin期待効用は、Ellsbergのパラドクスを説明するために導入された非期待効用の一つで、曖昧回避的な意思決定の代表的モデルである。maxmin期待効用を応用した理論研究は、ファイナンスを中心に数多くあるが、そのほとんどは代表的な個人を前提としている。そこで本報告では、グローバルゲームを用いることで、戦略的状況下の曖昧回避的行動の含意について理論的に検討し、また銀行取付と通貨危機への応用について議論する。加えて、上記の理論に関する実験の設計についても検討したい。

 
宇井先生のご研究については、

http://takashi.ui.googlepages.com/
Author(s): 
Takashi Ui
Date: 
Sun, 2009-02-01
Abstract: 

This paper considers a stock market with ambiguity-averse informed investors 

under the CARA-normal setting, and studies the relationship between limited mar- 

ket participation and the equity premium which is decomposed into the risk premium 

and the ambiguity premium. In a rational expectations equilibrium, limited market 

participation arises if the largest deviation of investors’ ambiguity increases suffi- 

ciently or if the variance of the stock return decreases sufficiently. In each case, a 

change in the risk premium and a change in the ambiguity premium may have oppo- 

site signs. This paper identifies conditions under which a change with the plus sign 

dominates and thus the equity premium increases when fewer investors participate 

in the stock market.