Language: 日本語 English

Menu

VCASI was implemented as a Tokyo Foundation project from April 2007 through March 2011.

第2回VCASI公開フォーラム 『移り行く資本主義 I:コーポレート・ガバナンスと人的資産』イベント報告

冷戦時には「資本主義vs社会主義」という対比が盛んに行われたが、最近では「資本主義vs資本主義」という形で、各国において歴史的に生成発展してきた資本主義の様々な態様の比較分析を行うアプローチが盛んである。このアプローチは、バブル崩壊後に様々な制度が変化し、新たな資本主義の態様を求めて試行錯誤を続ける日本にとって特に示唆的である。
そこでVCASIでは、アングロサクソン型vs大陸型といったステレオタイプな構図に囚われることなく、厳密な理論・実証分析に基づきつつ、日々生成発展していく多様な態様の資本主義を、「移りゆく資本主義」というシリーズで多角的に見ていくこととした。
1月18日に開催されたフォーラムでは、最近、日本やヨーロッパなどでコーポレート・ガバナンスと人的資源経営のリンケージに関して新しいパターンの形成をうかがわせるような動きが見られていることに着目し、ケンブリッジ大学のサイモン・ディーキン教授などこの分野における第一人者を集め、最新の研究成果の発表とその議論を行った。

 

 

<プレゼンテーション>
青木昌彦 VCASI主宰、スタンフォード大学名誉教授

 動画を見る

・各種のデータを分析した結果、メインバンク制と終身雇用制とがリンクしたかつての典型的な日本企業(J-firm)は、従来の日本企業モデルに加え、市場型ファイナンスと伝統的な人的資源経営を組み合わせた2つのハイブリッド型モデルの総計3つのパターンに分化していることが判った。
・株式市場からの経営に対する圧力は全世界的に見られるが、同じような圧力の中でもアングロ・サクソン型に限らない多様なモデルが生まれる可能性がある。たとえば、経営型人的資源が重視されるアングロ・アメリカン型の他に、経営型人的資源と労働型人的資源が相互に依存し、誰が企業を所有するのかが大きな意味を持たない新たな形(ハイブリッド型)が日本に現れつつあるのかもしれない。《資料》 《参考論文》

 

サイモン・ディーキン ケンブリッジ大学教授、同大学経営研究所副所長

 動画を見る

・株主保護と労働者保護の組み合わせについて、イギリスとフランスとは両極の存在として語られることが多いが、詳細に法制度などを見てみると、その違いは一義的なものではない。特に株主保護については、イギリスとフランスとドイツとの間で大きな差は見いだせない。イギリスとフランスとの間に大きな差があるとすれば労働者保護についての法制であり、フランスの方がサッチャー政権後のイギリスに比べると労働者保護に手厚い。
・こうした労働法制の違いが、世界的に共通な株式市場からの圧力を異なる形で労使関係に媒介している可能性がある。株式市場からの圧力は労働賃金カットを通じた株主価値向上につながるという研究があるが、実態はより複雑である。イギリスでは、株式市場からの圧力は、企業経営者に労働賃金カットや短期雇用を嗜好させる事例が見られる。これに対しフランスでは、株式市場からの圧力が高まっても、労働法制が経営者に対する制度的制約として働き、株主・労働者間の交渉による株主価値の向上が図られる傾向がある。そのためフランスでは上場企業の方が労働者に対してより多くの資源を投じる傾向にある。《資料》

 

<ディスカッション>

 動画を見る(コメント)

 動画を見る(ディスカッション)

 青木氏、ディーキン氏に対するコメントが、宮島英昭VCASIフェロー(早稲田大学商学学術院長)《資料》、池尾和人VCASIフェロー(慶應義塾大学経済学部教授)《資料》、守島基博氏(一橋大学大学院商学研究科教授)から提示された後、鶴光太郎VCASIフェロー(経済産業研究所上席研究員)の司会の下、以下のよう論点に沿って、他のVCASIフェローやフォーラム傍聴者を含めて活発な議論が行われた。
・コーポレート・ガバナンスと人的資源経営との制度的補完性(institutional complementarities)について。
・企業内での人的資源経営の方向性が変わってきている点、たとえばコアの労働者とテンポラルな労働者との関係について。
・資本主義はどのような方向に進んでいくのか? 収束か拡散か。今は過渡期なのかそれとも一つの均衡点なのか。

 

 

 


注意:コメントは管理者の承認後表示されます。

Post new comment

The content of this field is kept private and will not be shown publicly.