Language: 日本語 English

第7回学校選択制研究会「学校選択制の理論分析と政策提言」

日時: 
4月21日(水)17:00-19:00
場所: 
日本財団ビル3F A会議室
発表者: 
安田洋祐
友枝健太郎
成田悠輔
概要: 
VCASIの研究プロジェクト「学校選択制デザインプロジェクト」の研究成果が、先月『学校選択制のデザインゲーム理論アプローチ』としてNTT出版より出版されました。今回のセミナーでは、本書の理論的な側面に焦点を当てて、その核となる考え方と政策提言をできるだけ分かり易くご紹介させて頂きます。具体的には、学校選択制を分析するための理論的な枠組みであるマッチング理論の基礎(3章)、その理論を実践する形で行われた米国における制度設計の事例(2・4章)、さらにコンピュータ・シミュレーションを用いながら独自の視点で分析した日本の学校選択制の性質と改善案(6章)について、それぞれ30分ずつ講演させて頂きます。

講演は書籍内容とある程度オーバーラップしますが、書籍内容を前提知識とはしておりません。また、今後のプロジェクトの方向性や直近の研究成果など、本書に盛り込まれていない内容についても講演の中で若干取り上げる予定です。今回のセミナーでは、学校選択制をめぐる理論的な考え方や枠組みの理解に焦点を当てます。時間の都合上、細かな制度的な背景や現状(1・2章)についてはほとんど触れることができないと予想されますので、この点は十分ご注意下さい。

発表終了後に30分程度、質問やディスカッションの時間を設けております。ぜひ、参加者の方々も積極的に議論に加わって頂ければ幸いです。
 
タイムテーブル
17:00~17:10 安田洋祐 「趣旨説明+書籍の紹介」


 
17:10~17:40 成田悠輔 「理論編:マッチング理論の基礎と学校選択制」


 
17:40~18:10 友枝健太郎 「実践編:米国における学校選択制の制度設計」


 
18:10~18:40 安田洋祐 「政策提言:日本の学校選択制度改革」
18:40~       発表者+参加者 「ディスカッション」


 
---------

お忙しい中恐縮ですが、ご都合のつく方はぜひご参加いただければと思います。
ご参加いただける方は、件名を『「「学校選択制の理論分析と政策提言」」参加希望』とし、

event@vcasi.org

宛てにお名前とご所属(ご専門)をお知らせ下さい。多くの方々のご参加をお待ちしております。

※応募者多数の場合、先着順等になる場合がございます。ご了承ください。

※皆様方の周囲で興味をお持ちになりそうな方がいらっしゃいましたらこのお知らせをご転送いただければ幸いです。お誘い合わせの上ぜひご参加ください。

※後日web siteにて詳細をご報告する予定です。過去のVCASIセミナーについては以下のURLをご覧ください。

http://www.vcasi.org/event_list/seminar


セミナーの生中継
動画中継サイトustreamにおける VCASI Seminarページ
 
http://www.ustream.tv/channel/vcasi-seminar
 
にて、4/21(水)17:00より中継を開始する予定です。
 
発表資料につきましては,このページの末尾にアップロードする予定です。
お時間ございましたら、ぜひ聴講いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
中継ページへのアクセスは以下の手順でも可能です。
ustreamのホームページ(http://www.ustream.tv/)にて「VCASI Seminar」で検索してください。
 
また、研究会に関する質問・コメントを Twitter 経由で受けつけております。投稿の際にハッシュタグ#vcasiを付加してお送りください。Twitter以外にもevent@vcasi.orgへのメールでのコメントも受け付けております。
ビデオあり: 
no
AttachmentSize
SCDP100421Intro.pdf228.58 KB
SCDP100421Yasuda.pdf294.45 KB
scdp_slide_narita.pdf2.99 MB
SCDP100421Tomoeda.pdf378.6 KB