Language: 日本語 English

直接交換と間接交換が内集団信頼行動へ及ぼす影響

Author(s): 
清成 透子 ・ マーガレット フォディー ・ 山岸 俊男
Date: 
Wed, 2007-08-01
Abstract: 

本研究の目的は,信頼の内集団バイアス行動,すなわち,外集団成員よりも内集団成員に対してより強い信頼行動を 人々が示すのは,分配委任ゲーム状況のみであり,信頼ゲームではそういった内集団信頼は生じないことを明らかにすることにある。この予測を確認するため に,日本人参加者79名,オーストラリア人参加者83名を用いて二つのゲームを比較した実験を実施したところ,本研究の予測通りの結果が得られた。本研究 の予測は,内集団ひいき行動や信頼の内集団バイアスは集団内での一般互酬性への期待に基づいて生じることを示す山岸とその共同研究者達の知見から導かれて いる。さらに本研究では信頼ゲームに内在する直接交換の側面が人々に一般交換の期待を抱くのを阻害し,その結果,集団内部の互酬性に対する期待を抑圧する 可能性についても論じている。実験の結果,信頼ゲーム条件では,82名中28名の参加者が内集団分配者を信頼し,29名が外集団分配者を信頼した。これに 対して,一般交換の期待が内包されている分配委任ゲームでは,80名中47名が内集団分配者を信頼し,外集団分配者を信頼したのは37名であった。また, 本研究では日本人とオーストラリア人参加者の間に文化差は認められず,内集団バイアス行動が,従来の社会心理学で議論されているような内集団ステレオタイ プからではなく,一般交換に対する期待が内集団信頼を生み出す源であるという山岸らのこれまでの知見が日本文化特有であるという可能性を否定し,山岸らの 議論のより一般化可能性を示唆するものでもある。

AttachmentSize
No66.pdf411.53 KB