Language: 日本語 English

第1回VCASIセミナー 『了解的コミュニケーション」と「共同的コミュニケーション」の社会理論 ―― ハーバーマス「コミュニケーション的行為」論の進化心理学的再構成』

日時: 
2008年4月21日 16時半から18時
場所: 
日本財団ビル3階 東京財団A会議室
発表者: 
上柿崇英氏(東京農工大学大学院;friend of VCASI)
概要: 
ハーバーマスの「コミュニケーション的行為論」の中では、コミュニケーション類型として、「成果志向のコミュニケーション」、「了解志向のコミュニケーション」が区別される。今回の報告では、なぜこの二つの様式が区別されうるのか、また、この区別を行うことによって、ハーバーマスの社会理論をどのように組み替えることができるのか、という論点について、進化心理学的な視点を導入しながら考えてみてみたい。