Language: 日本語 English

加藤 淳子

加藤 淳子

専門分野

政治学

関心テーマ

比較政治学 政治的競争の空間モデル及び社会的認知の幾何学モデル 社会行動理解のための脳科学的アプローチ

最近考えていること、など

日本政治から出発して、民主主義国の比較政治研究で、現実の政治行動や制度の分析を行ってきました。現在は、システム脳科学の発展を受けて、現在までの行動分析の知見に基づいて、神経科学者との共同研究でさらなる人間理解へ挑戦しています。こうした時代と場に居合わせることができた幸運に感謝しています。

主要既刊書籍・論文など

  • 加藤淳子「税制改革と官僚制」東京大学出版会、1997年。
  • Junko Kato. 1998. “When the Party Breaks Up: Exit and Voice among Japanese Legislators,” American Political Science Review, vol. 92, no.4 (December 1998): 857-870.
  • Junko Kato. 2003. Regressive Taxation and the Welfare State: Path Dependency and Policy Diffusion. New York: Cambridge University Press. 2003.

新刊または進行中の著作

  •  Kato et al. 2009. “Neural correlates of attitude change following positive and negative advertisements.” Frontiers in Behavioral Neuroscience. Vol. 3. < http://www.frontiersin.org/behavioralneuroscience/paper/10.3389/neuro.08/006.2009/>
  •  Junko Kato and Kentaro Yamamoto. “Competition for Power: Party Switching as a Means for Changing Party Systems in Japan,” Carol Mershon and William Heller eds., Legislative Party Switching and the Foundations of Party Politics, Palgrave Macmillan, 2009.
  •  Junko Kato and Kensuke Okada.“Euclid was sometimes an unnecessarily sophisticated social scientist: Geometric modeling of political difference” (under review)

ホームページ

所属

東京大学大学院