Language: 日本語 English

宮島 英昭

宮島 英昭

専門分野

日本経済論, 日本経済歴史

関心テーマ

企業統治と企業金融、日本型企業システムの歴史的進化、経済発展とM&A

最近考えていること、など

日本企業がどこに向かうのか。とくに、外部投資家との関係では資本市場による役割が大きく上昇する一方、企業内部の組織はいぜん日本型モデルの特徴を維持す るという意味で、ハイブリッドな性格を持ち始めた日本企業の進化の方向やそのガバンナンスのメカニズムを考えています。近年、持合の「復活」が指摘されて いますが、日本企業の間にどのような株式所有構造が定着していくのか、メインバンクが後退した後、状態依存型ガバナンスはどのような形をとるのか、事業 ポートフォリオ・分権化・企業統治の相互関係はいかに理解できるか、自律的ガバナンス・内部ガバナンスの条件としての企業間競争の役割、などがいま検討を 要する焦点ではないでしょうか。VCASIの場を借りてこうした点に関して議論できればと期待しています。

主要既刊書籍・論文など

  • Kikkawa, Hikino and Miyajima, ”Policies for Competitiveness: Comparing Business-Government Relationships in the Golden Age of Capitalism”, Oxford University, 1999. "Japan's Banking Crisis: An Event Study Perspective"Journal of Banking and Finance, vol.31, pp.2866-2885 (with Yisahy Yafeh).
  • 『産業政策と企業統治の経済史:日本経済発展のミクロ分析』有斐閣、2004年
  • 宮島英昭編『日本のM&A 企業統治・組織効率・企業価値へのインパクト』東洋経済新報社、2007年
  • Aoki, Jackson and Miyajima ”Corporate Governance in Japan: Institutional Change and Organizational Diversity”, Oxford University Press, 2007. The Evolution of Ownership Structure: the curious case in Japan (with Julian Franks and Colin Mayer)、2007

新刊または進行中の著作

  • 『企業統治分析のフロンティア』早稲田大学21世紀COE叢書「企業社会の変容と法創造」第8巻、日本評論社、2008年
  • 『日本の企業統治:その進化と世界経済危機のインパクト』、東洋経済新報社

ホームページ

http://www.waseda.jp/sem-miyajima/

所属

早稲田大学商学学術院、早稲田大学高等研究所