Language: 日本語 English

宮崎 広和

宮崎 広和

専門分野

文化人類学、経済人類学、知識人類学

関心テーマ

社会科学的課題としての未来と希望、贈与交換論、金融の文化人類学的研究

最近考えていること、など

金融市場とその規制をめぐる現在進行中の議論に文化人類学的視点を導入したい

主要既刊書籍・論文など

  • The Method of Hope: Anthropology, Philosophy, and Fijian Knowledge (Stanford University Press, 2004)
  • “Between Arbitrage and Speculation: An Economy of Belief and Doubt.” Economy and Society 36(3): 397-416, 2007.
  • 『希望という方法』(以文社、2009年)

新刊または進行中の著作

  • “The Temporality of No Hope.” In Ethnographies of Neoliberalism. Carol Greenhouse, ed. Pp. 238-250. Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 2009.
  • “Gifts and Exchange.” In The Oxford Handbook of Material Culture Studies. Dan Hicks and Mary Beaudry, eds. Oxford: Oxford University Press (Fall 2010).
  • Arbitraging Japan: Traders as Critics of Capitalism (under contract with the University of California Press).

ホームページ

http://falcon.arts.cornell.edu/Anthro/faculty/miyazaki.html

所属

コーネル大学人類学科准教授