Language: 日本語 English

山口 一男

山口 一男

専門分野

社会学
 

関心テーマ

社会統計学、家族と就業、格差・不平等

最近考えていること、など

最近我が国でワーク・ライフ・バランス概念を中心に、少子化対策や男女共同参画に関する分析や政策提言をしているが、それをEvidence-Basedで かつ、人々の心と行動 の原理に即したものにできるだけ近づけたいと考えている。またパネル調査分析方法で、潜在クラス変数の利用について既存のものよりさらに発展させ、直接観 察できない人々の多様な人生選択や人生行路のありさまと社会状況のかかわりを、より生き生きと描きたいと考えている。

主要既刊書籍・論文など

  • Yamaguchi, Kazuo. 1991. Event History Analysis. Sage Publications.
  • Yamaguchi, Kazuo. 1992. "Accelerated Failure Time Regression Models with a Regression Model of Surviving Fraction: An Application to the Analysis of 'Permanent Employment' in Japan." Journal of the American Statistical Association 87: 284-292.
  • Yamaguchi, Kazuo and Linda Ferguson. 1995. "The Stopping and Spacing of Childbirths and Their Birth-History Predictors: Rational-Choice Theory and Event-History Analysis." American Sociological Review 60: 272-98.

新刊または進行中の著作

ホームページ

http://sociology.uchicago.edu/faculty/yamaguchi.html

所属

シカゴ大学、経済産業研究所