Language: 日本語 English

藤井 直敬

藤井 直敬

専門分野

神経科学

関心テーマ

社会脳、ブレインマシンインターフェイス、仮想空間コミュニケーション

最近考えていること、など

ヒトの知性は複雑な社会を生き抜く為に、生後の発達過程で獲得される。このヒトの社会適応的振る舞いの脳内メカニズムを理解することは、コミュニケーションの脳内メカニズムを知る事と同義である。その仕組みの解明には、脳と外部の人工システムが双方向的に繋がり、両者の間に相互作用が発生する事が必要である。BMIはその為の基盤技術であり、社会環境を含めた脳機能解明の為にはこれを応用し、新しい形の脳科学を構築する必要があるだろう。

主要既刊書籍・論文など

  • Fujii N and Graybiel AM (2003) Representation of Action Boundaries by Macaque Prefrontal Cortical Neurons. Science Aug 29;301(5637):1246-9
  • Fujii N, Hihara S and Iriki A (2007) Dynamic Social Adaptation of Motion Related Neurons in Primate Parietal Cortex. PLoS ONE Apr 25;2:e397
  • Fujii N, Hihara S, Nagasaka Y and Iriki A (2008) Social state representation in prefrontal cortex Social Neurosci. May 23:1-12.

新刊または進行中の著作

「つながる脳」 NTT出版 2009/5

ホームページ

http://ai.brain.riken.jp/

所属

理化学研究所 脳科学総合研究センター 適応知性研究チーム