Language: 日本語 English

西條 辰義

西條 辰義

専門分野

制度設計工学,実験社会科学

関心テーマ

日本人はいじわるがお好き?,温暖化対策の制度設計,公共財供給の理論と実験,オークションにおけるスパイト行動,fMRIによる人間行動分析

最近考えていること、など

20世紀は、人間行動という多次元(無限次元?)物体とそれらの連関を、たとえば経済学はインセンティブ、心理学はイモーション、社会学はノルム、政治学はパワーなどという分野固有の概念を軸に眺めてきた時代だったのではないのでしょうか。ところが、20世紀の後半から今世紀のはじめにかけて、私たちは分野固有の「刀」では、人間行動をうまく記述・分析できないことに気づき始めています。温暖化を含めて激変する自然・社会環境の中で機能する制度設計の基礎となる人間行動分析の新たなアプローチを模索しはじめているところです。

主要既刊書籍・論文など

  • Saijo, T., T. Sjostrom, and T. Yamato, "Secure Implementation," Theoretical Economics, Vol. 2(3), pp. 203-229, 2007.
  • Aoki, K., Y. Ohtsubo, A. Rapoport, and T. Saijo, "Effects of Prior Investment and Personal Responsibility in a Simple Network Game," Current Research in Social Psychology (Vol. 13, No. 2), p10-21, 2007.
  • 「脳を活かす」研究会編『ブレイン・デコーディング:脳情報を読む』(西條辰義・伊佐正・川人光男監修)オーム社,2007年

新刊または進行中の著作

  • Shen, J., and T. Saijo, "Reexamining the Relations between Socio-demographic Characteristics and Individual Environmental Concern: Evidence from Shanghai Data," forthcoming in Journal of Environmental Psychology.
  • Saijo, T., "Spiteful Behavior in Voluntary Contribution Mechanism Experiments," forthcoming in Handbook of Experimental Results, Eds., Charles Plott and Vernon Smith.
  • Konow, J., T. Saijo, and K. Akai, “Morals and Mores?: Experimental Evidence on Equity and Equality from the US and Japan,” mimeo., December 2007.

ホームページ

http://w3iser.iser.osaka-u.ac.jp/~saijo/

所属

大阪大学社会経済研究所、大阪大学サステイナビリティサイエンス研究機構