Language: 日本語 English

谷口 功一

谷口 功一

専門分野

法哲学

関心テーマ

公共性、立法学、(郊外)コミュニティと市場、金融とデモクラシー

最近考えていること、など

ここ数年間は、「立法学」研究の展開に多くの時間を割いて来ており、それは今後も継続する予定ではありますが、ごく最近の関心は、大きな括りで言うと「グ ローバライゼーション」と、それに伴う様々な現象ということになります。ただ、現在見られるグローバライゼーション論の多くとは異なり、その趨勢が押しとどめる事は出来ないもの(しかも肯定し得るもの)であること、しかし、「国家」は依然として重要であり続けること---それらの視点の下で、具体的には 「共同体と市場の関係」や「金融とデモクラシー」といった形での研究も行ってゆきたいと考えています。「市場と共同体の関係」に関しては、下記の『RATIO』、『理想』、『岩波講座哲学』所載の3つの論攷の中で有機的連関を持った議論を試みていますので、そちらを参照して頂ければ幸いです。

主要既刊書籍・論文など

  • 谷口功一「公共性概念の哲学的基礎・序説」(『国家学会雑誌』第114巻5・6号、有斐閣、2000年)
  • 谷口功一「ジェンダー/セクシュアリティの領域における公共性へ向けて」(『思想』第965号、岩波書店、2003年)
  • 谷口功一「立法過程における党派性と公共性」(井上達夫編『公共性の法哲学』ナカニシヤ出版、2006年)
  • 谷口功一「議会における立法者、その人間学的基礎」(『ジュリスト』No. 1369、有斐閣、2008年)
  • 谷口功一「ショッピングモールの法哲学:「市場」と「共同体」再考」(『RATIO』 06号、講談社、2009年)
  • 谷口功一「国家と故郷のあわい/断片」(『理想』682号、理想社、2009年)
  • 谷口功一「市民的公共性の神話/現実、そして」(『岩波講座 哲学』第10巻、岩波書店、2009年)

新刊または進行中の著作

ホームページ

http://www.law.tmu.ac.jp/

所属

首都大学東京