Language: 日本語 English

つながる脳

Author(s)

藤井直敬

Published Date

Tue, 2009-05-05

Publisher

NTT出版

Abstract

脳科学の行く手には、大きな壁がある。技術の壁、スケールの壁、こころの壁、社会の壁である。たちはだかる大きな壁に対して、脳科学者はどのように問題を解決しようとしているのか。自由意志や社会的適応、ココロの理論、あるいは脳科学の実験環境や、話題のブレイン‐マシン・インターフェイスなども押さえながら、「脳と社会」の関係性から脳の解明を目指す。

★第63回 毎日出版文化賞 自然科学部門 受賞★

★池谷裕二氏、茂木健一郎氏も絶賛★

閉塞の危機に瀕する脳科学。そこに立ち向かう熱い良心。未来の脳研究界を着実に見渡したい人には必読の本だろう。(池谷裕二)

ここには脳科学に関する「本当のこと」がある。斯界の若きスターから繰り出される直球勝負。
真理探究への燃え上がる情熱。とてつもない本が誕生した。(茂木健一郎)


→ 「フェローの著作」一覧へ