Language: 日本語 English

ダイバーシティ

Author(s)

山口一男

Published Date

Fri, 2008-07-11

Publisher

東洋経済新報社

Abstract

これは文学的表現を通じたダイバーシティの重要性などの理解を深める社会学的試みあり、『六つボタンのミナとカズの魔法使い―社会科学的ファンタジー』『ライオンと鼠―教育劇日米規範文化比較論』という2つの空想物語からなっている。 アーティストの森妙子さんが共著者として素晴らしい挿絵を描いてくださっているのが自慢である。「ダイバーシティ」というのは人々の多様性に価値を置く社会のあり方を意味するが、わが国ではこの言葉の認知度が未だ低いため「豊かな個性は価値創出の泉」という訳をカバーでつけている。二つの物語は、一つめの話がダイバーシティが個人にとって生きる力を学ぶ上で持つ意味を、二つめの話が、ダイバーシティが社会に活力と価値創出を生む上で持つ意味を、明らかにしようとしており、その点で相互補完的である。読者が、経済と社会について、そしてその中における「自分」について、誰もが日常目にしていながら、そうとは気づかない何かに気づくようになれることで、生きる力を学べるようにしたいと考えて創り出した物語である。興味さえ持ってもらえれば、つまづくことなく読み進められるよう、涙も笑いも冒険もあるストーリーを、個性豊かなキャラクターと、平易な文章で描こうとしている。物語に秘めた社会科学的「小道具」である「ダイバーシティ」「囚人のジレンマ」「共有地の悲劇」「予言の自己成就」「アンデンティティ」「カントの道徳哲学」「自由と規範」などの多くの概念やそのメカニズムについては物語とは別の追加の「解説」で、現代日本社会でなぜこれらのことが重要なのかも、実例を述べながら、説明している。

岩井克人氏が、以下の推薦文を本のオビ用にくださった。
「社会を知ることが、自分を知ることになり、
自分を知ることが、社会を良くすることになる。
『カズの魔法使い』が創り出す、
小説としての社会学である。」

またこの本は勝間和代氏の始めたチャリティ・ブック・プログラムChabo!に参加しており、印税の20%が非営利組織JENを通じて世界の難民・被災地域の救済や子どもの教育に支払われる仕組みになっている。勝間さんもこの本を個人的に応援してくださり、新刊時など本が書店で平積みにされる時には彼女の推薦文のポップも上に建てられる予定である。


→ 「フェローの著作」一覧へ


注意:コメントは管理者の承認後表示されます。