Language: 日本語 English

学校選択制のデザイン―ゲーム理論アプローチ (叢書《制度を考える》)

Author(s)

安田洋祐、青木昌彦、川越敏司、小島武仁、佐藤孝弘、瀧澤弘和、友枝健太郎、成田悠輔

Published Date

Mon, 2010-03-29

Publisher

NTT出版

Abstract

子どもたちが従来の通学区域に縛られずに、通う学校を選ぶことができる学校選択制。わが国でも公立小中学校の約15%が実施しており、その是非をめぐって 議論が活発に行われている。本書は、この問題に若手経済学者が挑む野心的な研究である。より良い学校選択制を「デザインする」という視点から、ゲーム理論 研究で得られた最先端の知見に基づき日本とアメリカの現状を分析し、具体的な政策提言を試みる。

解説
執筆チームより
叢書《制度を考える》のページへ




→ 「フェローの著作」一覧へ