Language: 日本語 English

戦後世界経済史―自由と平等の視点から

Author(s)

猪木武徳

Published Date

Fri, 2009-05-01

Publisher

中央公論新社

Abstract

第二次大戦後の世界は、かつてない急激な変化を経験した。この六〇年を考える際、民主制と市場経済が重要なキーワードとなることは誰もが認めるところであ ろう。本書では、「市場化」を軸にこの半世紀を概観する。経済の政治化、グローバリゼーションの進行、所得分配の変容、世界的な統治機構の関与、そして 「自由」と「平等」の相剋―市場システムがもたらした歴史的変化の本質とは何かを明らかにする。


→ 「フェローの著作」一覧へ