Language: 日本語 English

日本の「安心」はなぜ、消えたのか - 社会心理学から見た現代日本の問題点

Author(s)

山岸 俊男

Published Date

Fri, 2008-02-01

Publisher

集英社インターナショナル

Abstract

偽装国家ニッポン!?
いつからこの国は「嘘つき」だらけになってしまったのか?
その驚くべき真相を最新の心理学が鋭く解き明かす!
●構造改革が「安心社会」を崩壊させた
●日本人とは「人を見たら泥棒と思え」と考える人々だった
●「渡る世間に鬼はない」と楽天的に考えるアメリカ人たち
●実は日本人は集団行動よりも一匹狼のほうがずっと好き
●「心の教育」をやればやるほど、利己主義者の天国ができる
●いじめを深刻化させる本当の原因は「傍観者」にあり
●なぜ日本の若者たちは空気を読みたがるのか
●どうして日本の企業は消費者に嘘をついてしまうのか
●武士道精神こそが信頼関係を破壊する


→ 「フェローの著作」一覧へ


注意:コメントは管理者の承認後表示されます。