Language: 日本語 English

私の履歴書 人生越境ゲーム

Author(s)

青木昌彦

Published Date

Tue, 2008-04-01

Publisher

日本経済新聞出版社

Abstract

安保全学連=ブント、スタンフォード、霞ケ関、中国、仮想空間、国際経済学会で、7つの知的ベンチャーを試み、社会というゲームのルールに挑戦し続けてきた経済学者が、幼年時代から現在にいたるまでの道筋を綴る。

書評

越境ゲームの多元的ダイナミズム ―自分史と時代史の融和世界へのいざない
(評者:塚本恭章(Friend of VCASI))

    「自伝的なものを残すタイプとそうでないタイプがいるそうだ。自分史を時代史とその変遷のなかに主体的に位置づけ「著作(自伝)」として残すことは,たしか に勇気がいる営為とはいえ,読者に何らかの強いインパクトを与えるのではないか。理論経済学(制度理論研究)の分野で,世界の学界をリードし続ける青木昌彦氏による文字通りの履歴書が本書であり,「知的」魅力に満ちた作品(=ストーリー)である」
(→全文を読む)


→ 「フェローの著作」一覧へ


注意:コメントは管理者の承認後表示されます。