Language: 日本語 English

社会科学の役割は「見晴らしのいい丘」:鶴光太郎氏インタビュー

社会科学の役割は「見晴らしのいい丘」

語り手:鶴光太郎 経済産業研究所上席研究員
聞き手:大西健、成田悠輔(VCASI研究助手)

 鶴光太郎氏(東京財団仮想制度研究所(VCASI)フェロー、経済産業研究所上席研究員)は、経済企画庁(当時)を皮切りに、OECD、日本銀行でのエコノミスト経験を経て現在は経済産業研究所で比較制度分析や経済システム分析、コーポレートガバナンスなどの分野で研究を行っている。本インタビューでは、鶴氏がこれまで政策現場そしてアカデミアにおける研究から見てきた「制度」への認識や課題、社会システムのあり方、さらにはVCASIと今後の政策研究の可能性についてお話をうかがった。

概要

 大学の数学科を卒業して経済企画庁に入庁したが(1984年)、当時急務だったのは貿易摩擦問題をどう考えるかということ。3年目に海外調査の部署でアメリカの経済分析を担当したが、為替レートや貿易収支についての理解が深まるにつれて、漠然と国の制度やシステムの問題なのではないかと考え始めた。

 それを体系的に研究する機会を留学先のオックスフォード大学で得て、「為替レートが変化したときに企業は輸出商品の価格付けをどのように変化させるか」という問題についての実証論文を執筆、修士号を取得した。

 帰国後、「経済白書」を書く部署に配属されたのが青木さんとの出会いのきっかけ。「日本の経済システムの分析をやりたい」と手紙を出したところ、スタンフォード大学で会うことが出来ただけでなく、青木さんが開催したコーポレートガバナンスのカンファレンスで話をして、「コーポレートガバナンスこそ重要」という意見で青木さんと一致した。その後、OECD、日銀の金融研究所を経て(その間、経企庁を退職)青木さんが所長をつとめていた経済産業研究所(RIETI)に移り(2001年)、現在に至っている。

 最新の研究トピックは主に二つ。ひとつは敵対的買収についてで、買収防衛策導入の背後にある経営者の動機についての実証研究を行ったうえで、M&A法制への政策提言につなげようというプロジェクトで、既に論文などにまとめている。

 そして現在進行形は「労働市場制度改革」に関する研究。小泉政権以降、導入が進められてきた各領域への市場メカニズムの導入について、「制度」の側面からその重要性を訴えたい。つまり、市場メカニズムの是非という二元論で問題をとらえるのではなく、それを支えている制度とその結果としての市場パフォーマンスについて考えるべきであるという立場で研究プロジェクトを進めている。

 これまで官庁やOECDでの政策立案、日銀やRIETIでの政策研究、大学での学術研究を経験して問題だと感じるのは、日本の学者が専門的な学術研究に特化する傾向が強くなっていること。政策的インプリケーションの強い研究は学術研究としては包括的過ぎて学術雑誌に掲載されにくい、業績として評価されにくいからだと思うが非常に残念。その流れで、比較制度分析をはじめとする統合し、全体を見渡す視点を与えてくれる研究も難しい状況にある。

 ただ、希望を捨てる必要は無い。経済学、社会学、政治学とそれぞれ壁で隔てられてはいても、各領域で問題意識の強い人たちは壁に近づき、好奇心に促されて壁に穴を開けるだろう。そこで必要なのが壁越しに出会った人々をつなぐ思想的コアであり、「制度」はそのひとつの候補だと思う。

 それを前提に、VCASIに求められるのは問題の具体化。たとえば「制度」に関する議論を、壁で隔てられた各分野のメインストリームにいる人々にも届くように打ち立てるには、具体的な問題を明確に提示し、一方の壁の人が相手に対して「この問題はあなたたちの議論では解けない、しかしこんなオルタナティブがある」と鮮やかに示す以外に無いのではないか。

 私にとって社会科学の役割は「見晴らしのいい丘」。目の前の景色が見方を変えることで全く違ったものに見えてくる、そのようなアプローチや方法を与えてくれるものなのではないか。現実に起きているありとあらゆる問題に対して、違ったアプローチが提示され、それによって問題がより鮮明になり解決へと近づく。その意味で、政策研究を進めていく際の学術的抽象化、一般化をすることは常に具体的現象、事例があるからこそ意味を持つものだとあらためて思う。

目次

  • 「労働ビッグバン」の挫折と復興
  • 政策論争における「グレー」の真実:ホワイトカラーエグゼンプションの場合
  • 先進国が途上国から学ぶ?
  • 私的秩序と公的秩序
  • 遅すぎる制度変化、早すぎる制度変化
  • 均衡のデザイン:オランダ労働法制の場合
  • 数学からその外部へ
  • 「経済政策の1丁目1番地」経済企画庁の頃
  • 貿易摩擦問題→制度/システム→Oxford
  • 『経済白書』×青木昌彦×「コーポレートガバナンス」
  • 官庁という「竹馬」から降りて---OECD/BOJ/RIETI
  • 政策研究と学術研究の狭間で
  • 「壁に穴を開けて会話する」社会科学の現在
  • 「手垢のついた」問題への新しいアプローチ---VCASIの可能性
  • 「見晴らしのいい丘」としての政策研究

インタビューの全文はPDFに収録しています。
20081120_interview.pdf(138KB)

(2008年11月20日公開)