Language: 日本語 English

第1回学校選択制デザイン研究会『学校選択制へのメカニズムデザインアプローチと実験』

日時: 
2008年11月4日(火)13:00から
場所: 
日本財団ビル3階 A会議室
発表者: 
瀧澤弘和氏(多摩大学:VCASIフェロー)
渡邊泰典氏(東京大学大学院ものづくり経営研究センター:VCASI助手)
概要: 
このたびVCASIでは、新たにフェローに加わっていただいた安田洋祐氏(政策研究大学院大学)らを中心に「学校選択制デザインプロジェクト」(SchoolChoiceDesignProject)を立ち上げ、地方自治体と連携しつつメカニズムデザイン理論などの理論的裏付けに基づく学校選択制についての現状分析および政策提言を行なっていくことになりました。
この研究会では、メカニズムデザイン理論やマッチング理論の学校選択制への応用に関する最新の学術論文の輪読を通じ実際に全国各地で導入が進められている学校選択制について現状分析や政策提言を行なっていく上でのひとつの理論的基礎を身につけると同時に、必要に応じてそれらの理論に基づくアプローチの限界や補完的アプローチの可能性について検討することを目指しています。
第1回目研究会の今回は以下の文献に関する報告を行います。
  1. A Abdulkadiroglu and T Sonmez. (2003). "School Choice: A Mechanism Design Approach." American Economic Review.
  2. Y Chen and T Sönmez. (2006). "School Choice: An Experimental Study."Journal of Economic Theory.
  3. J Pais and Á Pintér. (2008). "School Choice and Information: An Experimental Study on Matching Mechanisms." Games and Economic Behavior.

内外の実務家、研究者、学生の皆様のご参加を広く歓迎いたしますので、参加を希望する方は下記のアドレスへメールをお送りください。

event_at_vcasi.org

なお、学校選択制デザインプロジェクトの詳細や連続研究会の他の日程については学校選択制デザインプロジェクトウェブサイトでご確認ください。