Language: 日本語 English

VCASI公開研究会「社会のルールについてIV: 障害と経済について」

日時: 
2009年3月19日(木) 13:00~17:10
場所: 
日本財団ビル2階 第1~4会議室
発表者: 
金子能宏氏(国立社会保障人口問題研究所)
松井彰彦氏(東京大学:VCASIフェロー) ※
両角良子氏(富山大学)
長江亮氏(早稲田大学高等研究所)
関口洋平氏(東京大学 大学院)
コーディネーター: 
川越敏司氏(公立はこだて未来大学:VCASIフェロー)
概要: 

障害者の基本的人権と自由を守り、これらによってもたらされる利益を完全かつ平等に享受できることを謳った「国連障害者権利条約」が国連総会で採択されたのが2006年12月13日。わが国は2007年9月28日に調印し、現在はその批准に向けての働きかけが行われています。

他方、国内法の整備も急務となっており、その流れを受けて障害者法制・政策の転換が始まろうとしています。なぜなら障害者権利条約は、障害を医学的見地に立ってとらえることから、社会における問題としてとらえるという障害者観のパラダイム転換を反映した内容になっているからです。そして障害者問題の根源は社会制度の中にあるという考え方が広まるにつれ、社会科学的分析の必要性が高まっています。近時のゲーム理論や実験経済学、計量経済学の発展もまた、こうしたニーズに応えて分析を行う際のツールを提供しています。

今回の研究会では「障害と経済」と題して、障害学と経済学の学際的共同研究のこれまでの成果を発表します。これは、新しい時代の障害者観や障害者問題に関する政策を考えるにあたって、最先端の研究動向を紹介することで、障害学だけでなく、社会科学全体の進歩に寄与しようというものです。ご期待ください。

(※)松井彰彦氏(東京大学:VCASIフェロー):東京大学で「学術創成研究:総合社会科学としての社会・経済における障害の研究」の研究代表者をつとめている。

プログラム

              13:00-13:10  開会の挨拶 青木昌彦

              13:10-13:40  松井彰彦   「社会保障制度としての障害者手帳制度とスティグマ」
              13:40-14:10  金子能宏   「バリアフリー化の経済効果-需要分析と費用便益分析の応用-」
              14:10-14:40  川越敏司   「ベーシック・インカム:実験経済学からのアプローチ」
              14:40-15:00  全体討論

              15:00-15:20  コーヒーブレーク

              15:20-15:50  関口洋平  「社会選択理論を用いた障害の分析」
              15:50-16:20  両角良子  「特別支援学校高等部の卒業生の就職率」
              16:20-16:50  長江亮      「障害者雇用施策の政策評価:構造推計アプローチと実験アプローチ」
              16:50-17:10  全体討論

申込先:
 定員に達したため締切りました