Language: 日本語 English

第9回VCASIセミナー『よりプリミティブなコミュニケーション理論のためのターンテイキング』

さる2009年1月26日(月),大阪大学の飯塚博幸氏(人工生命)をお招きし,VCASIセミナー「よりプリミティブなコミュニケーション理論のためのターンテイキング」が開催された.

セミナーでは、Perceptual Crossingのシミュレーションにおいて、ターンテークの構造が創発することが示され、また後半ではPerceptual Crossingを使ったTuring Testの実験結果が報告された。

当日は20名弱の参加者が集まり、Turing Testにおける2次学習的なルールの生成の可能性など、今後の展開について活発な議論が展開された。


注意:コメントは管理者の承認後表示されます。

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。