Language: 日本語 English

第14回VCASIセミナー「医療経済学研究の政策への貢献---米国での概要と感染症対策の例」

日時: 
2009年7月23日(木)17:30-
場所: 
日本財団ビル3階A会議室
発表者: 
兪炳匡先生(VCASIフェロー、米国Rochester大学医学部助教授)
橋本英樹先生(東京大学医学部、同大学院医学研究科教授)
概要: 
今回は、医療経済学、医療政策についてアメリカで先端的な教育、研究に従事している兪教授に、前半で、医療経済学研究のトレンドについてお話しいただき、後半に兪教授のご専門で、時宜的にも重要なインフルエンザ研究について(特に大規模感染対応策の経済評価、医療制度の国際比較、経済学に限らず疫病、数学モデルを含む)お話しいただきます。そのうえで、橋本先生から、日本の現状を踏まえてコメントをいただきます。ご専門を問わず医療経済学と医療政策にご関心ある方のご参加をお待ちしております。

なお、兪先生のご研究については、

http://www.vcasi.org/fellow/%E5%85%AA-%E7%82%B3%E5%8C%A1

などをご覧ください。

お忙しい中恐縮ですが、ご都合のつく方はぜひご参加いただければと思います。参加申込の方は、

 
上記申込フォームよりお申し込みください。
皆様のご参加をお待ちしております。
なお、会場の都合により定員は20名となっております。
お早目のお申込みをお願い申し上げます。