Language: 日本語 English

VCASI公開研究会『障害の社会モデルのリハビリテーション』

日時: 
2009年8月29日(土)13時から18時半
場所: 
日本財団ビル2F会議室
発表者: 
川越敏司(公立はこだて未来大学、VCASIフェロー)
川島聡(東京大学大学院経済学研究科)
倉本智明(東京大学大学院経済学研究科)
星加良司(東京大学先端科学技術研究センター)
コーディネーター: 
川越敏司(公立はこだて未来大学、VCASIフェロー)
概要: 

今年から開始された「インクルーシブな社会を目指した障害者政策の構築」プロジェクトでは、国連「障害者の権利条約」をわが国の障害者政策に生かしていくための政策提言を目指して研究会での検討を重ねてきました。
今回第3回目となる研究会では、一度原点に帰って、このプロジェクト・メンバーの障害認識の共通基盤である「障害の社会モデル」のもつ社会理論としての側面を、経済学・社会学・法学の見地から学際的に再検討する機会をもちます。

具体的には、プロジェクト・メンバーの川越(経済学)、星加(社会学)、川島(法学)に、外部から倉本智明(障害学)を加えた4人で、「障害の社会モデルのリハビリテーション」と題した、公開のシンポジウムを開催したいと思います。

政策提言の基礎理論として、総合社会科学的見地からの障害観の見直しを進めるこの機会を、ぜひ公開のシンポジウムとして実現し、VCASIメンバーも交えて有意義なものとしていきたいと願っていますので、みなさま奮ってご参加ください。

* 手話通訳・テキストデータの提供などの情報保障が必要な方は、事前にご相談ください。できる限り対処させていただきますが、要望によっては対応できない場合もあることをあらかじめご了承ください。

 


-----------------------
司会:川越

13:00-13:05 開会のあいさつ(川越)

第1部 総論
13:05-13:30 「障害の社会モデルとは何か」(星加)

第2部「障害学のリハビリテーションに向けて」
13:35-14:15 川島
14:20-15:00 倉本

15:00-15:15 休憩(コーヒーブレーク)

15:15-15:55 川越
16:00-16:40 星加

16:40-16:55 休憩(コーヒーブレーク)

第3部 パネル討論会
16:55-18:30
-----------------------

※受付数に達しましたので、参加応募をしめきらせていただきました。ご了承ください。

後日web siteにて詳細をご報告する予定です。過去のVCASI公開研究会については、以下のURLをご覧ください。
http://www.vcasi.org/event_list/workshop