Language: 日本語 English

叢書 ≪制度を考える≫ 創刊の辞

 ●叢書 ≪制度を考える≫ 創刊の辞
 
 20世紀の終わりに中東欧の共産主義政治経済体制が崩壊するにおよんで、久しく続いた資本主義市場経済との優劣論争には幕が下ろされた。とはいえ、このことが直ちに市場制度による摩擦のない世界統合を意味するものではないということが明らかになるのに、時間はかからなかった。市場経済は、政治的、社会的、歴史的、認知的などの諸要因との複雑な相互作用を通じて発展するものであり、またその成果の社会に対する含みの評価も多様でありえよう。また現時点を中半に挿む1世紀間に、世界人口が3倍にも増加するという展望は、エネルギーや地球環境に重い負荷をかけ、世界経済の持続的な成長可能性や国際政治経済体制の安定性にたいする大きなチャレンジとなりつつある。
 こうした状況の下で、人間社会のあり方を規定する制度についての関心がここ十数年程の間に大いに高まってきたのも不思議ではない。その関心は、経済学、政治学、法学、社会学、文化人類学、歴史学、地理学、認知科学、哲学など広い分野に及び、またそれらの学問的知見も徐々に蓄積されつつある。しかし、それぞれの分野での研究成果が互いに影響し合うという状況にはまだほど遠く、また制度とは何か、というような基本的な概念に関してさえ、まだ合意が成り立っていない現状である。しかし、制度とは何か、とは単なるスコラ(衒学)的な論争主題ではなく、現実の世界に大きな影響を持ちうる問題なのである。
 本叢書は、そういう状況に鑑みて、制度に関する進化しつつある学問的な知見を広く社会に伝えるという意図をもって企画された。その収録にあたっては、独創性・創成性、狭い分野境界を越えた潜在的影響力と洞察、鋭敏な分析方法や思考方式、歴史や制度比較にかんする新鮮な記述とその意味の読みとりなど、何らかの点において類書のない特色を持った書物を内外に広く求め、選択していきたい。それらの書物が広く読まれることによって、日本における制度研究の視野と超学際的なコミュニケーションの輪が拡がり、ひいては進化する学問的成果が社会におけるよりよい制度の探索と共鳴することを期待する。
 
2007年12月
監修者  青木昌彦
編集協力者  池上英子
池尾和人
岡崎哲二
河野勝
瀧澤弘和
松井彰彦