Language: 日本語 English

雁行形態パラダイム Ver. 2.0(青木昌彦)

はじめに

現在日本の政治は、混迷と無気力の極をますます深めつつあるようだ。世論調査演出の政権たらい回し,政策論争を忘れた政治家同士の揚げ足取り、他人ごとのような民間の床屋談義,革新の営みを萎縮させる仕分け効率主義、場当たり的外交、社会保証再設計の先送り、若年世代や女性の機会への無配慮など、その徴候を数え上げるときりがない。だが、興隆するアジア経済という文脈で,未曾有の人口成熟化(老齢化と少子化)社会にむけ先頭を切っている日本が,この状態でよいのだろうか。日本の置かれている歴史的、国際的立ち位置をもう一度確認し、われわれのの進むべき方向性にかんして、ビジョンを共に紡いでいくという積極的姿勢と意欲が必要ではないだろうか。